口周りの角栓の取り方|鼻下や口元の角栓を除去する正しい方法やケアのポイント

意外と気になる、唇のキワや顎など、口周りの角栓。
鼻の角栓と違い取りにくいため悩んでいる方も多いのでは…?
そこで今回は、口周りの角栓の正しい取り方や口周りの角栓のケア方法、口周りの角栓ケアにおすすめのコスメなどをご紹介してみます。

口周りの角栓を取りたい!正しい取り方やできる理由

角栓除去というと、やはり思い浮かぶのは鼻ですよね。
しかし、お風呂上がりやメイク後によくよくチェックしてみると、鼻だけでなく鼻の下や上唇のキワ、口角や顎などにも細い角栓がびっしり…なんてこと、ありませんか?
そんな口周りの角栓、なんとかして取ろうと頑張っても、鼻と比べるとなかなか取れないことが多いようです。

今回は、そんな悩みのタネ「口周りの角栓」について、できる原因や正しい取り方、口周りに角栓ができづらくなる理由や、おすすめのスキンケアなどを紹介してみます。



口周りの角栓はなぜできる?原因から知ろう

角栓とはそもそも、「肌の余分な角質や皮脂が毛穴に詰まったもの」です。
その状態や見え方にも大きな差があることが多いですが、いわゆるTゾーンは皮脂の分泌量が多く、毛穴も大きいため角栓もできやすいことで知られています。
特に、鼻の角栓や毛穴の詰まりは目立ちやすいですよね。

本来、肌は新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しながら約28日周期で生まれ変わり、古い角質ははがれ落ちていくものなのですが、加齢やストレス、食生活の乱れや乾燥などの影響でそのリズムが崩れて新陳代謝がスムーズにいかなくなると、角質が剥がれずに毛穴にとどまってしまうのです。
この毛穴に残った角質が毛穴から出る皮脂と混じって角栓という白い塊になっているんです。

皮脂分泌が多いということで知られているTゾーン。
おでこ・眉間・鼻筋から鼻先まででイメージされることが多いですが、実は鼻の下や口周りもそこそこ皮脂分泌の多い場所で、角栓もできやすいのです。

口周りは鼻の頭などに比べると毛穴が小さいため、詰まる角栓も細く、取りづらいもの。
とくに女性は男性のような太いヒゲも生えないため、より毛穴が小さくなります。
ですので、口周りの角栓は鼻にできやすいブツブツタイプというよりヒョロヒョロとして、太めの産毛のように見えることが多いんです。



口周りの角栓が目立つときとそうでない時の違いって?

どんな時に口周りの角栓が目立つのかというと、まずお風呂上がりや洗顔後・スキンケア後などにより目立ちやすくなるとされています。

角栓は、古い角質や皮脂などで形成されますが、できたばかりの角栓は柔らかく、水分を吸収してふやけて大きくなりやすいんです。そんな角栓がお風呂や洗顔でのすすぎによって水分を含み膨らんだ結果、毛穴に収まりきらずに、顔を出してきます。
お風呂上がりに鏡に向き合って「ギョッ!」としてしまったら、それは水を吸ってしまった角栓です。
これは、角栓が乾燥するとまた見えなくなりますが、やはり取りたいとは思うかもしれませんね。

また、逆に肌や外気が極端に乾燥しているときも要注意。
角栓は、皮脂が多いときにできやすくなりますが、皮脂の過剰分泌は、オイリーな肌質はもちろん、食べ物やストレス、ホルモンバランスなどの影響を受けて起こりやすくなりますし、逆に肌が乾燥しても起こります。

さらに、肌の乾燥は、角栓のもうひとつの材料であるターンオーバーの乱れを悪化させる要素でもありますので気をつけなければなりません。



口周りの角栓をピンセットで取るのはNG

口周りの角栓、目立つのは嫌かもしれません。正しい取り方を知る前に、
まず注意していただきたいのが、無理やり取ってはいけない!というもの。

ついつい指で押し出そうとか、爪でひっかくように取ろうだとか、ピンセットで引き抜こうとしてしまいたくなるかもしれません。
しかし、このような角栓の取り方は肌や毛穴に以下のようなダメージがあるかも…


・肌や毛穴にダメージを与えてしまう
・雑菌が入りニキビや腫れなどのトラブルにつながる
・角栓をとったあとの毛穴が開きっぱなしになってしまう
・摩擦や肌ダメージで余計に角栓ができやすくなってしまう
・いじりすぎて肌が色素沈着してしまう

など、肌や毛穴にとっての逆効果になってしまう可能性が高いんです。
特に唇のキワなどは敏感なところですのでピンセットで抜くなどのやり方だと普通に痛いですし、
口周りの角栓をキレイにしたいのに、さらに悪化してしまうなんてイヤすぎますよね。
こういった方法で口周りの角栓をとっている人や、とろうとしている人は今すぐやめてください。

口周りの角栓を除去するなら、基本的にはクレンジングや洗顔などの落とすケアと化粧水、美容液などの与えるスキンケアを上手に両立させていくことが大切です。
そこに加えて、あまりに口周りの角栓が気になるときはピーリングなどの角質ケアをしてみましょう。

それぞれ紹介していきます。



口周りの角栓をクレンジングや洗顔で取るポイント

クレンジングや洗顔では、口周りの角栓やその材料となる余計な角質や皮脂をしっかりとることを念頭ににおいて行いましょう。
クレンジングはメイク落ちがよく毛穴を開く・毛穴汚れを吸着するなどの機能があるものがおすすめですが、肌質にあわせて選んでください。
また、ゴシゴシ洗いや洗浄力の強すぎるコスメを使うことで逆に乾燥→ターンオーバーの乱れにつながるので、美容成分や保湿成分の入ったもので肌に負担をかけないように気をつけ、くるくると優しく口周りもメイクオフしましょう。

口周りの角栓除去におすすめのクレンジング

HALENA オーガニックホットクレンジングジェル

赤ちゃんの肌にも使える優しさと高い毛穴洗浄力を兼ね備えたホットクレンジングジェル。
温感作用で口周りの小さな毛穴も開き、絡め取るように角栓をオフ。
肌荒れのリスクも少なく口周りの角栓ケアにはピッタリ

角質のスペシャルケアで口周りの角栓を除去する

口周りの角栓ができる原因は皮脂の分泌が多いというだけでなく、ターンオーバーの乱れなどから角質を落としきれていないからかも。
その場合、角栓だけでなくざらつきやくすみなども気になるかもしれません。

そんなときには、酵素洗顔やピーリングなど皮脂ではなく角質に効果のあるスキンケアをするのがおすすめです。
余計な角質をとりさり、そもそも毛穴に詰まりにくくすることで角栓の除去・予防に繋がります。

☆角質ケアにおすすめのピーリング石鹸☆

皮膚科で取扱のある安心のピーリング洗顔。泡立てて洗うことで余計な角質を除去し、角栓や毛穴の黒ずみ・くすみを徹底的に予防・改善する。
4種類のミニサイズがたっぷり試せるトライアルセットが公式サイトで1200円。



口周りの角栓ができづらくなるスキンケア

落とすケアで余計なものを取ったら、基礎化粧品の与えるケアで口周りの角栓の目立たない肌作りをしていきましょう。
毛穴が引き締まり、開いていない肌だとそもそも角栓はできづらいですし、目立ちにくいもの…
毛穴の周りの肌をふっくらさせる「保湿・ハリUP」のケアを基本に、皮脂分泌をコントロールする成分や毛穴を引き締める成分の入った基礎化粧品で丁寧に肌を育てていきましょう。
塗り忘れのないよう、口周りにもちゃんとなじませて。

☆角栓のできない潤い毛穴レス肌を作る基礎化粧品☆

KOSE米肌シリーズ

日本で唯一「肌の水分保持機能を改善する」効果の認められた基礎化粧品シリーズ。
使い続けることでターンオーバーが整い、鼻や頬・口周りの毛穴も目立ちにくく。
幅広い年齢層に支持されている米肌、公式サイトにはお得なトライアルも。



また、口周り毛穴の開きや何度も同じところに角栓ができるなどのお悩みがある場合、毛穴を引き締める収れん作用のある美容液を使うのもいいかもしれません。
使用する場合は、特に口周りの角栓が気になる場所に重点的に置いていくようにしてみてくださいね。

☆総合的に毛穴に働きかけ角栓を予防する美容液☆

パンベシュ アンベリール コントロールセラム

本気で毛穴を考えた美容液。毛穴を引き締めるエプリコエキスをはじめ、毛穴の開き・角栓詰まり・黒ずみなどに効果のある美容成分がぎっしり。毛穴悩みにおすすめの1品。



口周りの角栓を取る方法を試してみて

今回は、意外にお悩みの方が多い「口周りの角栓」について、取る方法や取るときの注意点などを紹介しました。
普通の角栓とは違う口周りの角栓を除去するため、今日から正しいケアを試してみてくださいね。