肌のくすみの原因や対策は?肌のくすみを改善するためのくすみ対策まとめ

肌のくすみとは、一般的に肌のうるおいや透明感がなくなり、肌色が暗く見えたりどんより老けた印象になってしまうような状態のこと。
このくすみを改善できれば、だいぶ肌がきれいに見えるはずなのに…!
こんかいは、肌のくすみの代表的な原因や、くすんでしまった肌への対策、くすみを予防するケアなど、肌のくすみについてまとめてみました!

肌のくすみにもいろいろある。自分はどのくすみタイプが知ろう

肌のくすみとひとことでいっても、その見え方や症状にはいくつかタイプがあると言われています。
くすみのタイプによって、原因や対策方法は異なります。
まずは自分の肌のくすみがどのタイプに当てはまるのかを確認してみましょう!

くすみタイプ1:血行不良よるくすみ

顔の血行が悪くなることで肌が青黒く、暗く見えるタイプのくすみ。
不健康で疲れているような印象を与えてしまいます。

くすみタイプ2.乾燥によるくすみ

乾燥によるくすみは、肌がカサつき、暗くくすんだ状態のことをいいます。
肌表面にツヤや透明感がなく、暗い印象や老けた印象を与えやすいと言われています。

くすみタイプ3.黄ぐすみ(黄色っぽくなるくすみ

肌が黄色っぽくなっている状態とされています。
透明感がなく、老けた印象になりがちです。



あなたのくすみはどのタイプでしたか?
わかったら、それぞれのくすみの原因をチェックしてみましょう。

肌のくすみの原因は?タイプ別にくすみの原因をチェック!

それぞれのタイプのくすみが起きる原因を簡単に紹介してみます。
くすみ対策のヒントが見えてくるかもしれません!

血行不良よるくすみの原因

…日常の疲れやストレス、睡眠不足やからだの冷えなどが原因で、体のめぐりが悪くなりがち。
血行が悪くなり、肌表面の毛細血管まで酸素や栄養素などがいきとどきにくくなり、代謝も落ちてしまいます。
これにより、肌の血色感が失われて顔全体が暗くみえてしまうのが血行不良によるくすみの原因と考えていいでしょう。

乾燥によるくすみの原因

肌の乾燥によるくすみの主な原因は、肌の保湿不足です。
肌のうるおいが不足したり、肌の水分・油分のバランスが崩れると、透明感やツヤが失われ、肌がくすんだように見えてしまいます。

黄ぐすみ(黄色っぽくなるくすみ)の原因

黄ぐすみの主な原因は、『カルボニル化』と『糖化』の2種類があると言われています。

■肌のカルボニル化
…脂質の過剰摂取、紫外線、喫煙、ストレス、加齢などが大きな原因とされています。
脂肪の分解物とたんぱく質が結びついて、肌表面が黄色くくすんで見えてしまうと言われています。

■肌の糖化
…糖質(=ブドウ糖。ご飯・麺類・砂糖など)の過剰摂取、紫外線、ストレス、喫煙、加齢などが大きな原因とされています。
糖とたんぱく質が結びつくことにより、黄色っぽくくすんで見ててしまいます。

それぞれのタイプ別に考えられる原因を述べましたが、
原因から見て自分がどのタイプのくすみ肌なのか判断するのもいいでしょう。
たとえば

冷え性を自覚しているなら血行不良によるくすみかもしれない、
乾燥肌でたるみやシワなども気になるのであれば乾燥によるくすみかもしれない、
食生活が乱れがちで、ストレスをためがちであれば黄ぐすみかもしれない…

などなど!思い当たることはありませんか?



くすみの原因から見るタイプ別くすみ対策と予防方法

ここまでは肌のくすみの原因を紹介しましたが、
それぞれの原因からみるくすみ対策やケアのポイントを紹介してみます。

血行不良によるくすみの対策や予防方法

このタイプでくすみにお悩みの方は、顔や体全体の血行を良くするよう意識するのがオススメです。

■体操やマッサージなどで肌の血行をよくする

簡単な顔の体操やマッサージによって、くすみが気になりやすい顔の血行を良くするよう心がけましょう。

顔を動かしていないと、顔の血行はわるくなりやすです。
大きく口をあけて「ポ・リ・バ・ケ・ツ」という形に口を動かすポリバケツ体操や、顔ヨガなど顔の運動を空いた時間にするだけでも顔の血行をよくすることができます。
また、口に空気を入れ、頬を左右交互にふくらませる運動を繰り返すだけでもくすみが解消されることも!簡単にできるので、ぜひ試してみて下さい。

■入浴や軽い運動によって全身の血行を促進する

お風呂にゆっくり浸かるのも血行をよくするのにオススメです。
夜の入浴は、38℃~40℃くらいのお湯に15分~20分程度ゆっくり入ると良いでしょう。
半身浴もおすすめです。
また、ウォーキングや階段の昇り降りなどの軽い運動も、血行を促進します。
体の冷えは、顔のくすみにも繋がると言われています。
服装や食べ物にも気を使い、体を冷やさないように注意することで血行不良による顔のくすみを解消できる可能性は高いんです。

肌の乾燥によるくすみの対策や予防方法

乾燥によるくすみが気になる方は、古くなった角質などの汚れを洗顔で洗い流し、肌を充分に保湿することでくすみ対策をしていくのがオススメです。

■くすみ対策のためまずは丁寧に洗顔する

化粧水や美容液などの基礎化粧品を角質層に浸透させ、肌にうるおいを与えるためにも、
まずは丁寧な洗顔で肌に不要な汚れを洗い流すことが大切です。

肌に汚れが残ったままだと、基礎化粧品をつけても角質層まで浸透しにくくなると言われています。
また、乾燥肌の方ですと、不要な角質が溜まりやすくそれだけでくすみやざらつきとしてあらわれることもあるんです。
洗顔料は必要な皮脂や水分は残しならがら余計なものはしっかり落とせるようなものを選ぶのがオススメです。
しっかり泡だて、肌に摩擦による負担をかけないようやさしく洗顔しましょう。



くすみに悩む方にオススメの洗顔料については、この記事の最後の項目
肌のくすみに悩む方にオススメの洗顔「20年ほいっぷ」で女優肌に
で詳しくご紹介しています。

■スキンケアで肌を保湿してくすみ対策

洗顔後の保湿ケアが足りず、肌が乾燥してしまうと、
くすみはもちろんニキビやたるみ・毛穴トラブルなどさまざまな肌悩みを引き起こすことも。

乾燥肌によるくすみが気になるのなら、保湿成分が含まれている化粧や美容液、乳液等を使って、肌に水分と油分を補い保ちましょう。
特に乾燥が気になる部分は、クリームなどを重ねてつけてください。

保湿ケアをしっかり行うことで、乾燥肌が改善できれば自然とくすみも改善されることが多いです。

黄ぐすみ(黄色っぽく見えるくすみ)の対策や予防方法

黄色っぽくなるくすみ対策のためには、食生活を見直すことが大切とされています。
食事の他にも、喫煙を控えることなども重要です。

■脂質・糖質の摂取量やバランスに気をつける

肌のカルボニル化を予防するために油の多い食事を摂り過ぎないように意識しましょう。
自宅で油を使うときは、酸化しにくいと言われているオリーブオイル・なたね油・ごま油などがおすすめです。

また、肌の糖化も黄ぐすみの大きな原因に。
炭水化物や砂糖の摂り過ぎは控えましょう。
パンや白米を玄米に買えたり、麺ならそばを選んだりするだけでも変わってきます。

■ビタミンを積極的に摂取してくすまない肌づくり

ビタミン類を積極的に摂取し、肌の老化やくすみを防ぎます。
野菜や果物に多く含まれるビタミンCはもちろん、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれるアンチエイジング効果の高いビタミンEも積極的に摂取しましょう。
また、抗酸化作用の高いポリフェノールを意識的に摂取するのもオススメです。
食事は、野菜類を多くバランスのとれた献立で食べましょう。

紫外線対策と規則正しい生活が黄ぐすみ解消の近道でもあります。
ストレスをできるだけためす、早寝早起き・バランスのとれた食事によって改善することも多いですので、肌のための健やかな生活を心がけましょう

肌のくすみに悩む方にオススメの洗顔「20年ほいっぷ」で女優肌に

肌のくすみでお悩みの方にオススメしたい洗顔料が、くすみ対策専用洗顔「20年ほいっぷ」です。
20年ほいっぷは、美容のプロに選ばれるくすみ用アイテムでもNo1を獲得しており、3分に1本売れている話題のくすみ用洗顔料なんです。



なぜ20年ほいっぷがくすみに効果があるのか、簡単に紹介してみましょう。

洗顔によってくすみ対策をするには、くすみの大きな原因となる「皮脂膜の汚れ」をとりながら、肌に必要なうるおいを残し「角質層のくすみ」を産まないような洗顔を探すべきなんです。
しかし、じつはこのふたつは矛盾しているようなもので、皮脂膜の汚れをしっかり落とす洗顔はうるおいまで奪って角質層をくすませ、角質層のうるおいを守る洗顔だと皮脂膜の汚れはとれずに結局くすみは改善しないままであることが多かったんです。

しかし、20年ほいっぷは両立の難しかった「皮脂膜のくすみ」を取りながら「角質層のくすみ」を産まないような石鹸を掛け合わせることに成功したんです!

まず、皮脂膜の汚れをしっかり取り除くのが、20年ほいっぷ独自の超極小の弾力泡!
ふわふわやもこもこ、という表現は似合わない、もはやもちもちした弾力のある濃密な泡が、肌表面にしっかり密着。
肌のキメにまで入り込んで、普通の洗顔石鹸ではとりきれなかった皮脂膜の汚れを絡めとって落としてくれます。

その汚れ落ちの効果はこの通り!
一回洗うだけでくすみの抜けた美しい肌になると口コミでも話題になっています。



ここまで汚れ落ちがいいと、角質層の必要なうるおいまで奪って肌にはよくないのでは?と思ってしまいますが、20年ほいっぷはその点もしっかりクリア。
汚れを落とすと同時に肌に潤いと栄養を洗えるため、北海道の「ホエイ」が配合されています。

ホエイは、牛乳からチーズを作る工程で生まれる潤い成分のことで、
肌の角質層に水分をしっかり送り込み、保持する力に優れたナチュラルな美容液成分なんです。
だから乾燥肌の人でも、水分量が多く透明感のある健やかな美肌になれるんです。
洗い上がりはさっぱりとしているのに、肌自体はしっとり…
20年ほいっぷはくすみを改善するための理想的な洗顔になっているんです。

さらに、20年ほいっぷは、北海道の石鹸職人さんが20年かけて開発した「釜練り製法」という独自の製法を用いて作られた洗顔です。
とても時間と手間がかかり、商品化は難しいとされていた釜練り製法でできた洗顔が、20年ほいっぷなんです。

「手を片方だけ20年ほいっぷで洗うと2トーンほど白く美しくなる」
「くすんでブツブツが目立った肌がつるっと白く透明感のある肌に生まれ変わった」

そんな口コミが多く寄せられ、くすみに悩む女性の肌を救ってきた「20年ほいっぷ」。

ライトを当てられた女優のような、アラのない美肌になりたいなら…
くすみ対策洗顔、20年ほいっぷを是非使ってみて下さいね♪

肌のくすみを改善して透明感のある美肌へ

老けて見られたり、不健康に見えてしまう肌のくすみ。くすみにもいろいろなタイプや、原因がありました。
それぞれの原因・タイプにあったくすみ対策をして、透明感のある憧れの美肌を手にいれませんか?
くすみ専用洗顔、20年ほいっぷもぜひ役立ててみて下さいね!