毛穴の開きが気になるなら洗顔を見直して!正しい洗顔のやり方とオススメ毛穴洗顔

毛穴トラブルで多いのが、鼻・頬・おでこなどの毛穴の開き…憎き毛穴の開きをケアするために、
まず見直すべきなのは化粧水でも美容液でもなく「洗顔」でした。
毛穴の開きと洗顔の関係から、毛穴の開きをケアするための洗顔のやり方や、毛穴の開きにいい洗顔料の選び方など、毛穴の開きと洗顔についてとことんご紹介していきます。

毛穴の開きが悪化する原因に「間違った洗顔」があった?

悩んでいる方が多い、「毛穴の開き」。鼻・頬・おでこなどにあることが多いです。
毛穴が開いている状態というのは、毛穴の表面部分(入り口)が極端に広くなり、毛穴の中は汚れていなくても目立ってしまう状態です。

こうなると、毛穴を隠そうとしてもメイクをしてもいわゆる「毛穴落ち」の状態になってしまったり、
凹状の毛穴で肌がボコボコして見えたりと、お悩みの種になってしまいますよね。

この悩ましい毛穴の開き問題。実は原因は毎日の洗顔にある可能性があるんです。

毛穴の開きの原因と特徴を知ってケアを見直していこう

毛穴の開きの原因はそもそも何なのか?というところからまずはチェックしていきましょう。

毛穴の開きの原因として多いのは

・皮脂が過剰に分泌されて毛穴が広がる
・乾燥や加齢などによって肌にハリがなくなったことで毛穴が隠れず開いたように見える

といわれています。

前者の皮脂が過剰分泌されている場合だと

・開いた毛穴のまわりがベタベタしている
・ニキビができやすい
・黒ずみも見られる

というような特徴があります。

後者の乾燥・ハリ不足の場合だと、

・肌全体が乾燥している
・顔がヒリヒリする
・たるみやシワなども気になる

というような特徴もあります。

この、毛穴の開きの原因になる「皮脂の過剰分泌」「乾燥・ハリ不足」
実は、間違った洗顔によって引き起こされている可能性が高いんです。
逆に言えば、洗顔を見直すことで毛穴の開きをケアすることもできるかも…?
毛穴の開きと洗顔の関係や、どんな洗顔が毛穴の開きを悪化させるのかについてご紹介していきます。

毛穴の開きは洗顔による「落としすぎ」が原因になっているかも?

毛穴が開いている人の場合、毛穴に汚れがたまりやすいため、しっかりクレンジングや洗顔などの落とすケアをすることが大切になってきます。
しかし、使う洗顔料や洗顔のやり方を間違えると、肌をいためたり毛穴の開きが悪化する可能性が高いんです。

ゴシゴシ洗ったり、洗浄力の強すぎる洗顔料を使うことで、肌に本来必要な皮脂まで奪ってしまうと、乾燥やたるみ・ハリ不足を引き起こしてしまいます。
また、洗顔で皮脂をとりすぎることで逆に「肌を守らなければ!」と皮脂が多く分泌され、これも毛穴の開きの原因になってしまうんです。

「洗顔のやりすぎ」や「洗顔料の落としすぎ」が毛穴開きを悪化させている可能性が高いんですね。

毛穴の開きをケア!正しい洗顔のやり方と注意点

まずは、毛穴の開きが気になる方にオススメの洗顔のやり方から紹介していきます。

毛穴の開きが気になるときのオススメ洗顔方法

1 まずは手をきれいに洗う
→ 手についた雑菌などを落とし、清潔な状態で洗顔するため
2 蒸しタオルやスチームなどで毛穴を開かせる
→できればでOK。毛穴が完全に開くことでより汚れが落ちやすくなる
3 32度~34度くらいのお湯だけで顔を洗う
→これで余分な皮脂がとれ、その後の洗顔料が肌になじみやすくなる
4 洗顔料はネットなどで十分に泡立て、モコモコとした濃密な泡をつくる
→洗顔料は推奨量でOK。しっかり濃密な泡を手のひらいっぱいに作るのがいい
5 泡を顔にのせ、やさしくマッサージするように洗顔する
→肌に指が触れないように、指と肌の間に常に泡があるように意識する
6 小鼻や頬などの毛穴が気になる部分は指先でくるくるマッサージ
→特に毛穴の開きなどが気になる部分は指先でやさしくくるくる洗う
7 ぬるま湯でしっかりすすぐ。20回以上!
→泡が残ってしまってはNG。回数多めですすぎ、指が肌に触れないように注意する

洗顔の下準備として、「手を洗う」「ぬるま湯だけでまず洗顔する」は必ずやってみていただきたいです。
毛穴の開きだけでなく、ニキビに悩む方にもオススメのやり方です。

洗顔料や洗顔石鹸は、十分に泡立て手の力で洗うのではなく泡の力で洗うイメージで優しく丁寧に行うことで、角質層のキメを守りながら汚れを落とすことができます。
肌に指が触れない!を意識して、決して肌をこすらないように優しく行いましょう。

さらに、気をつけていただきたいのがすすぎです。ここで汚れや泡が顔に残ってしまったら努力も無駄になってしまいます。
プロの美容家の中では、「歳の数だけすすぐ!」というような常識もあるのだとか。
多い人でもすすぎは10回~15回といわれていますが、泡洗顔後に優しくたくさんすすぐことで毛穴悩みも劇的に改善できるかもしれません。

毛穴の開きが気になる時の洗顔料の選び方は?「スッキリタイプ」にご用心

次に、毛穴の開きが気になる時には実際どんな洗顔料を選べばいいのか?というところにふれていきます。

まず、注意してほしいのが「落としすぎ」です。
毛穴の悩みがある方は、毛穴をきれいにしたいからと洗浄力の高すぎるものを使っている場合が多いんです。
これは先述したように、必要な皮脂を奪い、乾燥や皮脂の過剰分泌につながって毛穴の開きを悪化させてしまう可能性があります。

「毛穴汚れごっそり」「汚れを吸着してスポッととる」「皮脂を根こそぎとる」などのキャッチコピーは、一見魅力的にうつってしまいますが、そのぶん洗浄力が強い・肌への刺激が大きい可能性も。
また、皮脂が多い・毛穴が開いているからと女性でもがっつり汚れがとれるイメージの男性用洗顔を使っている方もいるようです。
これは、女性の肌にはうるおいが足りないという可能性が高いのでやめたほうがいいでしょう。

毛穴の開きが気になる場合は、「落とす」だけでなく「落とす・潤す」のバランスがいい洗顔を選ぶのがオススメです。
保湿成分が入っているものや、天然由来で肌に優しい洗浄成分メインの洗顔料を選ぶことで、「落としすぎ」がなくなり、肌が土台から整って毛穴レスな状態に近づくことができそうです。

毛穴の開きにオススメの洗顔は「ココラルムVCOマイルドソープ」

毛穴の汚れを落としながら肌を守る理想の洗顔に、ココラルムのVCOマイルドソープがあります。



ココラルムのVCOマイルドソープは、ダイエット効果だけでなく美肌効果でも話題になったヴァージンココナッツオイル(VCO)を高配合した洗顔石鹸です。

赤ちゃんの肌といえば、デリケートなはずなのにすべすべで透明感のある美肌ですが…
その理由のひとつにお母さんからもらう「母乳」のバリア効果があるといわれています。
ココラルムのVCOマイルドソープには、その母乳と同成分である天然成分ラウリン酸を豊富に含み、肌を優しく守りながら洗顔することができるんです。

ココラルムVCOマイルドソープは、濃密な泡立ちでしっかり毛穴の奥まで洗顔することができます。
生クリームみたいにモコモコでほんのり甘い香りの泡での洗顔はとってもきもちいいと口コミでも話題になってるんです。
なのに、皮脂は奪いすぎずにちゃんとうるおいを残してくれるから、自然と乾燥や毛穴の開きもケアできるんですね。



しっかり汚れを落としながらも、肌に必要な皮脂やうるおいを残し、母乳と同じ天然成分で肌のバリア機能を高める。
そんなVCOマイルドソープは、使い続けることで毛穴の開きや乾燥もケアできて赤ちゃんのようなもちもちつるすべ肌になれるのだとか!

口コミでも高評価で、ファンの多い洗顔石鹸、ココラルムの「VCOマイルドソープ」。
毛穴の開きや乾燥・ニキビなど、肌トラブルが気になるすべての方に試していただきたい洗顔です。

洗顔を見直して毛穴の開きをケアしよう!

今回は、毛穴の開きの原因や洗顔との関係、正しい洗顔のやり方や毛穴の開き用の洗顔料の選び方などをご紹介しました。
毎日の洗顔を見直すだけで、毛穴の開きが改善され美肌を手に入れられるかも…?
早速今日から試してみてくださいね!