たるみ毛穴を改善する方法まとめ!正しいたるみ毛穴ケアで若々しい毛穴レスな肌に

年齢を感じる肌、乾燥肌に多いお悩みの「たるみ毛穴」に悩む方は多いようです。
このたるみ毛穴とはどういう状態なのか?というところから、たるみ毛穴の原因、たるみ毛穴を改善するための適切なケア方法まで、たるみ毛穴対策・改善方法をまとめてみました。
たるみ毛穴にお悩みの方はぜひこちらの記事を最後までチェックしてみてくださいね。

たるみ毛穴ってどんな状態?たるみ毛穴チェックしてみよう

たるみ毛穴、といってもそれがどんな状態なのかよくわからない方も多いでしょう。
たるみ毛穴とはどういった状態なのか?まずはチェックしてみましょう。

たるみ毛穴は、主に鼻横~目の下の頬の鼻寄りの部分に目立つ毛穴です。
毛穴が目立つというと、ポツポツ黒ずんむ黒ずみ毛穴やぽっかり開いている開き毛穴であることが多いのですが、
たるみ毛穴の場合は毛穴自体が細長く、線のようになっていることが多いです。
鼻のサイドからほうれい線のほうに斜め下に伸びるようになっている場合もたるみ毛穴になります。

また、たるみ毛穴の見分け方として、指で目立つ毛穴付近の肌を持ち上げてみると毛穴が見えなくなるというものがあります。
毛穴が\のような形になっているのを、毛穴付近から目尻方向に斜め上に引っ張る感じです。
私、たるみ毛穴!?と思ったらこの方法を試してみて下さい。これで毛穴が消えたら、たるみ毛穴である可能性が高いでしょう。

たるみ毛穴はこんな人に多い!たるみ毛穴チェックリスト

そこまで目立たないけど、たるみ毛穴になりかけかも?という方はたるみ毛穴予備軍であるかもしれません。
たるみ毛穴になっている・たるみ毛穴になる方にはこんな人が多い!というものをチェックリストにしてみましたので、あてはまるものがないかチェックしていってみましょう。

□30代以上である
□乾燥肌である
□毛穴が目立つ部分を触ってもベタベタはしない
□顔がピリピリしたりこわばるような感じをおぼえることがある
□エアコンの風があたるところで仕事などをしている
□昔は気にならなかったのに急に毛穴が気になるようになった
□たるみ毛穴だけでなくしみやしわも気になる
□クレンジングはオイルタイプを使っている
□洗顔は洗浄力の強いタイプを使っている
□化粧水や乳液はさっぱりタイプを使っている
□ずっと基礎化粧品を変えていない
□夏より秋冬のほうが毛穴が目立つような気がする

こういった方は、たるみ毛穴になっているかたるみ毛穴予備軍かも!
たるみ毛穴の原因を知り、正しいたるみ毛穴改善方法やケア方法も覚えておきましょう。

たるみ毛穴の原因は加齢と乾燥。加齢と乾燥にも深い関わりがある

たるみ毛穴は、主に「肌の乾燥」と「加齢」が原因になっています。
また、この乾燥と加齢自体にもそれ同士深い関わりがあります。

少し専門的な話になっていきますが、年齢肌・乾燥肌の毛穴トラブルを根本から理解していくために肌の構造からご紹介していきましょう。

皮膚は大きく分けて表皮と真皮の2つに分けることができ、直接触れることができる部分は表皮の一番外側にある角質層という部分です。
角質層には表皮内で作られた細胞が、死んだ薄く平たい(角質細胞)ケラチンという形で何層にも積み重なっています。
この角質層にはアミノ酸や尿素で構成されている天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質という成分が含まれており、この働きで角質細胞の潤いが保たれているのです。

そして、本来は角質層の一番外側にある皮脂膜が角質のうるおいを逃さないように水分を保持しています。
しかし、気候条件や間違ったケアなどによって肌が乾燥すると角質細胞が乾いて剥がれやすくなります。
また、加齢によって自然と肌が水分を保持しにくく、乾燥しやすくなっているということもあるんです。

これが、乾燥肌・年齢肌になっている状態です。

たるみ毛穴は肌のハリが失われることが原因で目立ちやすくなる

肌の表面が乾燥すると、肌のキメが粗くなり毛穴自体が目立ってくるようになります。
毛穴のまわりの肌のキメが細かく、十分なうるおいをもってハリがあれば毛穴は自然とカバーされて目立ちません。
乾燥・加齢によってこれがなくなることで、毛穴が必要以上に目立ってしまうんですね。
また、肌の奥にある真皮は肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチン、そして真皮の水分を保持するヒアルロン酸で構成されています。

ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンの隙間を埋めるように敷き詰められて、肌のハリや潤いを保っています。
しかし加齢や紫外線、乾燥などの影響により、ヒアルロン酸だけでなくコラーゲンやエラスチンなどもともとあった潤い成分が減少したり変性してしまい、肌がたるんでしまうのです。
また、加齢により皮膚のさらに内側の表情筋も衰え、皮膚を支えきれなくなってたるみが急速に進むことも考えられます。

こうして乾燥や加齢により肌のハリ成分・うるおい成分が失われることで皮膚自体がたるみ、その表面にある毛穴も引っ張られて目立つようになるんです。
これが、たるみ毛穴として現れます。

(加齢によって)乾燥するから肌のハリがなくなる、肌のハリがなくなるからたるむ、肌がたるむから毛穴が引っ張られてたるみ毛穴になる、という流れです。

たるみ毛穴を改善するには「保湿」「ハリをプラス」するケアが最適

加齢により肌のうるおい成分が減少することによっての乾燥、または環境やもともとの肌質による乾燥が原因でたるみ毛穴が目立っていることはわかりましたね。

では、たるみ毛穴をどうやって改善していくのか、具体的な改善方法・ケア方法とケアの時気をつけるポイントをまず箇条書きで紹介します。

■たるみ毛穴の改善には第一に「保湿ケア」が重要
■たるみ毛穴の改善には「ハリケア・細胞の修復ケア」を心がける
■たるみ毛穴の人は洗顔やクレンジングで「落としすぎる」ことに注意
■表情筋を鍛えてたるみを根本的に改善するとたるみ毛穴もマシになる

たるみ毛穴を改善するためのこの4つのポイントについて、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

たるみ毛穴の改善ポイント1 とにかく保湿ケアを!オススメ成分はセラミド

たるみ毛穴に悩む方のスキンケアとして重視していただきたいのは、まず「保湿」を重視することです。

洗顔後、乾燥は急速に進みます。
時間をおかず、すぐに化粧水を塗り、その後美容液や乳液、クリームなど重ねて保湿ケアをするようにしましょう。
毛穴トラブルの原因になる乾燥を根本からケアしうるおったハリのある肌表面になることでたるみを解消し、毛穴を目立たなくすることができます。

使う基礎化粧品は、保湿効果の高いものがオススメ。
保湿成分というと、イメージとしてはヒアルロン酸が強いかもしれませんがオススメなのは「セラミド」という成分の入った基礎化粧品です。

セラミドは、数ある保湿成分の中で、湿度によって保湿力が変わらずもっとも高保湿な成分だと言われています。
セラミドはもともと肌にあるバリア成分でもあり、健やかな肌を作るのにはぴったりな成分です。
ただ水分を入れるのではなく、より水分をキープできる・肌を守るような成分「セラミド」を補うことで、肌自体が乾燥しにくく変わってくる効果が期待できます。

乾燥肌やたるみ毛穴を改善したいというとき、セラミド配合の化粧水や美容液を選ぶのがオススメです。



「リマーユプラセラ原液」で毛穴が消える!?リマーユ美容液の毛穴への効果と口コミ

ちなみに、こちらの記事でご紹介しているリマーユプラセラ原液という美容液は、
保湿成分馬セラミドと肌を根本から底上げする馬プラセンタの美容液。
たるみ毛穴が消えると話題になっているので、年齢肌・乾燥肌・たるみ毛穴に悩む方にはぜひ使っていただきたい美容液です。

たるみ毛穴の改善ポイント2 細胞を修復し肌の力を底上げするケア

たるみ毛穴を改善するポイントとして、肌表面の保湿だけでなく、減ってしまった細胞を修復し奥底から肌自体をハリのある元気な状態にするケアも必要になってきます。

最初のほうでも説明しましたが、肌の奥の層、真皮層には水分保持を担うヒアルロン酸、そしてそれを支える役目としてコラーゲンやエラスチンが繊維状に張り巡らされています。これらが減少してしまうことで、たるみが生じてしまいます。
真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸の水分を補うためには、基礎化粧品による保湿ケアでは不十分です。

コラーゲンやエラスチンをケアするために効果的と言われているのが、スキンケアと食事です。
スキンケアでは傷んだ皮膚細胞を正常に修復する「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などの抗酸化物質を含んだ基礎化粧品でケアをします。
また、肌自体に栄養を与える「プラセンタ」などもオススメです。

食事では、肉や魚などのタンパク質と緑黄色野菜をとるのがたるみ毛穴改善にはオススメです。
タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、野菜からも抗酸化ビタミンが同時に取り込まれることで、真皮層のコラーゲンを作る原料になります。
といっても、お肉のとりすぎはカロリーオーバーになりがちですので、たるみ毛穴改善のためにタンパク質を撮るのであればプロテインなどを飲むのがオススメ。

女性用プロテインであれば低カロリー・低脂質で吸収されやすいタンパク質を効率的に摂取できますし、プロテイン自体にビタミンが配合されているものも少なくありません。



たるみ毛穴にオススメのプロテインは、ジェシカズ・フォーミュラ。
一杯あたりのカロリーはかなり少なく、良質な国産大豆からできたプロテインで、美肌のためのビタミンも配合されています。

健康的で若々しい肌をつくりたるみ毛穴を改善できるだけでなく、ダイエット効果も期待できそう!
気になったらジェシカズ・フォーミュラの公式サイトを是非チェックしてみてください。

たるみ毛穴の改善ポイント3 落とすケアを見直すだけでたるみ毛穴は改善される

たるみ毛穴を改善したいなら、補うケアだけでなく落とすケアを見直すのも大切です。
クレンジング・洗顔などの「落とす」ケアで使うコスメには要注意。
洗浄力が高すぎると必要な皮脂まで奪い、肌の乾燥や老化は悪化してしまいます。
たるみ毛穴が悪化してしまう原因は、やりすぎの「落とす」ケアにあるのかもしれません。



汚れはしっかり落としながら、潤いを与える肌に優しいクレンジングや洗顔石鹸を選ぶのが、たるみ毛穴を根本的に改善するポイントとなるでしょう。
汚れを落としながら肌を守る理想のクレンジング・洗顔に、ココラルムのVCOシリーズがあります。

ココナッツ由来の母乳と同じ成分が配合されていて、肌の汚れをしっかり落としながら潤うハリ肌を作ってくれるココラルム。
気になったらぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

たるみ毛穴の改善ポイント4 表情筋を鍛えてたるみを根本から解消!

たるみ毛穴の直接的な原因は、肌のたるみです。
肌のたるみは説明してきたように肌の乾燥や、老化によるハリ・うるおい成分の減少などによって起こりますが、実はそれだけではないんです…

顔の肌のもっと奥に、たるみの根本原因が隠れています。それが、「表情筋」なんです。
表情筋とは、顔面の下にある筋肉の総称です。その数は30種類以上!
この表情筋の動きが、まばたきや、口を開けたり閉じたりする動き、笑顔をつくるなど、私たちのさまざまな顔の動きや表情を作り出しています。
この表情筋、普通の筋肉と同じで使わなかったり歳を重ねるとどんどん衰えていってしまうんです。

表情筋がおとろえると、その上にある脂肪や皮膚を支えきれなくなって皮膚がたるんでしまい、それがたるみ毛穴の原因に…
表情筋の衰えは、たるみ毛穴の原因になるだけでなくほうれい線やシワ・老け顔の原因にも。
たるみ毛穴のない若々しい小顔・美肌でいるためには、肌だけでなく表情筋を鍛えることも大切なんです。

表情筋を鍛えるには、表情筋エクササイズや話題の顔ヨガなどがオススメです。
ちなみに、効率的に表情筋を鍛えてたるみ毛穴を改善したいのであれば表情筋エクササイズ用のグッズ、「MTGフェイシャルフィットネスPAO」がオススメ!



MTG フェイシャルフィットネスPAOは一回30秒のエクササイズで、効率的にたるみを解消して表情筋を鍛えることができるグッズです。
口コミでも大人気すので、たるみ毛穴をしっかり根本からケアしたい方、小顔になりたい方にはオススメです。

たるみ毛穴の原因や適切なケアを知って改善しよう

今回は、たるみ毛穴についてその見分け方や原因、オススメのケア方法などをご紹介しました。
正しいケアをしていくことでたるみ毛穴は必ず改善できます。
落とすケアから補うケア、食事から表情筋エクササイズまで。
できることからやって、悩みのたるみ毛穴のない美肌を手に入れましょう!