たるみ毛穴はクレンジングと洗顔で悪化する|たるみ毛穴改善におすすめの洗顔

毛穴がたるんで線のように見えてしまう「たるみ毛穴」…実は、たるみ毛穴が悪化する大きな原因がクレンジングや洗顔などの「落とすケア」にあることをご存知でしたか?
今回は、たるみ毛穴と洗顔・クレンジングなどの落とすケアの関係性や、たるみ毛穴を改善するクレンジングや洗顔のやり方、おすすめの化粧品などを紹介してみます。

あなたのクレンジングや洗顔でたるみ毛穴が悪化している!?

たるみ毛穴は、毛穴のお悩みの中でも深刻なもの…
たるみ毛穴は、主に鼻横~目の下の頬の鼻寄りの部分に目立つ毛穴です。
30代以降の、年齢が出だした肌に現れることが多いのですが、最近では20代でもたるみ毛穴になっている方が多いようです。

特徴として、たるみ毛穴の場合は毛穴自体が細長く、線のようになっていることが多いです。
鼻のサイドからほうれい線のほうに斜め下に伸びるようになっている場合もたるみ毛穴になります。
例えるなら、・ではなく/や\という感じの毛穴です。
斜め上に引っ張ると毛穴が見えなくなるというたるみ毛穴の見分け方もあります。

たるみ毛穴はメイクでも隠れにくかったり、小じわのように見えて老けて見られたりしますし、放置することで毛穴と毛穴がつながった帯状毛穴にまで進んでしまう可能性も。
また、開き毛穴や黒ずみ毛穴などの毛穴悩みに比べて改善に時間がかかるという特徴もあります。
たるみ毛穴をなくしたいのであれば、正しいケアをコツコツ続けるのが大切です。



たるみ毛穴は、主に加齢や乾燥などが原因で進行しやすいとされています。
じゃあ保湿やエイジングケア効果のある化粧水や美容液でケアすればいいか?というと、決してそうではありません。
なんと、普段行っているクレンジングや洗顔などの「落とすケア」が、たるみ毛穴を悪化させているかもしれないんです…

そこで今回は、クレンジングや洗顔がたるみ毛穴を悪化させる理由や、正しいクレンジングや洗顔の選び方ややり方、たるみ毛穴改善におすすめの洗顔料やクレンジングなどを紹介してみます。
落とすケアを変えることでたるみ毛穴がどんどん改善していくかもしれませんよ♪

クレンジングや洗顔でたるみ毛穴が悪化する理由

そもそも、クレンジングや洗顔などの落とすケアは、スキンケアにおいてとても大きな存在です
基礎化粧品を販売する美容部員さんでも、「肌悩みがあるお客さんに対して、どれかひとつアイテムの変更をおすすめするなら?」と聞かれるとクレンジングや洗顔を挙げる方が多いんだとか。
では、クレンジングや洗顔がなぜたるみ毛穴に影響するのか、詳しく紹介してみます。

どんなに保湿しても「潤いまで落とす」からムダになる

たるみ毛穴という毛穴の目立ちが気になる方は、クレンジングや洗顔はしっかり行いたいと思っている方が多いかもしれません。
毛穴の開きや黒ずみなどもあれば、特に毛穴の汚れを落とそうと躍起になってクレンジングや洗顔をしたり、洗浄力の強いクレンジングや洗顔を選んでしまいがちですよね。

しかし、この「しっかり落としたい」が、メイクや毛穴の汚れだけでなく、肌に必要な潤いまで落としてしまって乾燥しやすい肌をつくっている可能性が高いんです。
例えば、市販の鉱物油が原料のオイルクレンジングなどはメイク落ちは確かによくても、洗浄力が高すぎて肌に本来必要な皮脂や潤い成分などまで取り去ってしまうことも多いです。

また、クレンジングには「W洗顔不要」のものも多いですが、クレンジングだけでは心配だからと泡洗顔もあわせて行う方も多いのではないでしょうか?
クレンジングで汚れは十分落ちているのにW洗顔でさらに潤いを落とす。これが続くことで肌はより乾燥しやすくなり、ハリを失い、たるみ毛穴が悪化してしまうんです。

化粧水や美容液、クリームなどでどんなに保湿しても、肌の潤いをクレンジングや洗顔で取り去ってしまえば元の木阿弥。
たるみ毛穴改善のため、乾燥対策や基礎化粧品でのケアを見直すならまずはクレンジングや洗顔から見直しましょう。



摩擦や洗い流しの温度が肌の老化を促進する

クレンジングや洗顔でたるみ毛穴が悪化する原因は、使うクレンジングや洗顔料の洗浄力・成分だけによるものではないのです。
まず、クレンジング・洗顔それぞれで気をつけなければならないのが摩擦。
顔をこすることで角質が傷ついたり、それだけで乾燥や毛穴の開きにつながってしまいます。汚れを落としたいからとクレンジングや洗顔でゴシゴシ洗いは絶対NG。

また、お風呂でクレンジングや洗顔をする方に多いのが、洗い流しのお湯の温度が高すぎること。
お湯の温度が高すぎると、必要な皮脂まで洗い流され慢性的な乾燥の原因になってしまいます。
乾燥肌の方の洗顔時のお湯の温度の理想は30度~34度とされ、これは想像以上にぬるい温度です。
脂性肌の方ならもう少し高くてもいいかもしれませんが、たるみ毛穴や乾燥肌が気になる場合は洗顔時のお湯の温度まで気をつけてみましょう。

次の項目からは、たるみ毛穴を改善するためのクレンジング・洗顔の選び方や正しいやり方をご紹介してみます。



たるみ毛穴を改善するためのクレンジングのやり方と選び方

クレンジングはまず、メイク汚れを落とすのが第一目的のもの。肌質やメイクの度合いにあわせて選ぶのが第一ですが、まず上で紹介したように、ゴシゴシ洗いをしなくてもいいように、メイクや汚れ落ちがいいものを選ぶのが大切です。

オイルやミルク、ジェルなどさまざまなタイプがあるクレンジングですが、
「洗浄力が高ければ高いほどいい」「肌に優しければ優しいほどいい」というわけではありません。
前者は紹介したとおり、皮脂やうるおいを奪いすぎて乾燥やたるみ毛穴悪化の原因になってしまいますし、後者は肝心のメイク落ちが悪くゴシゴシ洗いせざるを得なかったり、毛穴の汚れと黒ずみの原因になってしまいます。

「肌に優しく、しっかり落とす」クレンジングを選ぶのが、黒ずみを除去する一番の近道かもしれません。
また、W洗顔不要タイプのクレンジングなら思い切ってW洗顔を辞めてみるのもたるみ毛穴改善につながる可能性が高いです。

特にたるみ毛穴を改善したい場合は、植物性のオイルや美容液成分がたっぷりはいったジェルクレンジングなど、落とすだけでなく与える効果も考えられたクレンジングを選ぶのがおすすめです。



おすすめクレンジング:HALENA オーガニックホットクレンジングジェル

HALENA オーガニックホットクレンジングジェルは赤ちゃんにも使える“優しさ”を世界的オーガニック認証基準で実現したクレンジングです。

オーガニックの温感ジェルがごわつく肌をほぐして毛穴を広げ、角質柔軟成分と黒ずみクリア成分のWクレンジング処方で、毛穴に詰まった皮脂汚れを溶かし出します。
鼻の頑固な黒ずみ汚れも、頬の開き毛穴の汚れもしっかりオフ!

さらに美容液成分を99%配合しているので、クレンジング中も肌をトリートメントし、洗い上がりはしっとりしなやかで使うほどにうるおいに満ちた透明肌へ。

W洗顔不要の簡単時短ケア設計でまつげエクステにも使用可。
たるみ毛穴が気になってクレンジングを見直すなら、高い毛穴洗浄力と保湿力を兼ね備えた「HALENA オーガニックホットクレンジングジェル」をぜひ試してみて下さいね。

たるみ毛穴を改善するための洗顔のやり方と選び方

まずは、肌を傷つけずに毛穴をきれいにする正しい洗顔方法から紹介します。

1 まずは手をきれいに洗う
→ 手についた雑菌などを落とし、清潔な状態で洗顔するため
2 蒸しタオルやスチームなどで毛穴を開かせる
→できればでOK。毛穴が完全に開くことでより汚れが落ちやすくなる
3 32度~34度くらいのお湯だけで顔を洗う
→これで余分な皮脂がとれ、その後の洗顔料が肌になじみやすくなる
4 洗顔料はネットなどで十分に泡立て、モコモコとした濃密な泡をつくる
→洗顔料は推奨量でOK。しっかり濃密な泡を手のひらいっぱいに作るのがいい
5 泡を顔にのせ、やさしくマッサージするように洗顔する
→肌に指が触れないように、指と肌の間に常に泡があるように意識する
6 小鼻や頬などの毛穴が気になる部分は指先でくるくるマッサージ
→特に毛穴の開きなどが気になる部分は指先でやさしくくるくる洗う
7 ぬるま湯でしっかりすすぐ。20回以上!
→泡が残ってしまってはNG。回数多めですすぎ、指が肌に触れないように注意する

肌を必要以上に刺激せず、優しく落とすのがポイントです。
また、しっかりすすぎを行うことで、肌に汚れや洗顔料が残るのを防ぎます。
毛穴悩みから卒業するには、洗顔方法を見直すのも大切です。

洗顔料にも、固形タイプ・フォームタイプなどタイプの違いや、成分の違いがあるかと思いますが、こちらも摩擦が少なく、美容成分が入っているものがおすすめ。
最近は、こすらずに落とせるスプレータイプの洗顔料などもありますので、こういったものであれば肌へのダメージを最小限に汚れを落とすことができるかもしれませんね。



たるみ毛穴改善におすすめの洗顔ミスト「ととのうみすと」

品名 ととのうみすと
販売元 ファンファレ
価格 1980円~
特徴 優しいミスト洗顔で毛穴の黒ずみごっそりオフ!

たるみ毛穴におすすめの洗顔「ととのうみすと」はクレンジングでも落ちない頑固な毛穴の黒ずみや肌の汚れをスプレーすることで落とす新感覚ミストです。

ととのうみすとで毛穴の汚れが落ちる最大の理由が、有機物や微粒子などを極限まで取り除いた超高純度の水「超純水」と、マイナスイオンたっぷりの「高アルカリイオン水」
マイナスイオンが毛穴の汚れや余計な油分を引き寄せて、毛穴の奥まで入り込みクレンジングや洗顔で落としきれない汚れまでしっかり落とします。

ととのうミストを顔にふきかけてしばらくすると白く濁るのですが、水成分に汚れが浮いてきている証拠なんだとか…特別な処理はしてあってあくまでも「水」なのでもちろん肌には優しく、摩擦もほぼないため毛穴の黒ずみをごっそり落としながらも刺激や潤いまで落とす心配もいりません♪

さらに、ととのうみすとは、毛穴の汚れや引き締めをしっかり考えた商品。
黒ずみや詰まり、毛穴目立ちの原因となる「毛穴の開き」にアプローチしたアーチチョーク葉エキスを配合していて、使ったあとはキュッと毛穴の閉じたキメの整った肌になれます。
たるみ毛穴に進化しそうな開き毛穴からケアできるんです。

さらに、ととのうミストは落とすだけでなく美肌効果も考えられた商品。
ととのうみすとに配合された酵素のちからで、肌にある美肌菌(善玉菌)を活性化させ、肌がもともともっている保湿力を高め、健康的でうるうるツヤツヤのお肌に導きます。

何度も洗顔しなくても、肌と美肌菌に優しい成分で毛穴の汚れを落とす・引き締めることができ、美肌菌の活躍をサポートする、土台美容液のような効果もととのうみすとには期待できるんです。
毛穴の汚れを落としながらたるみ毛穴をケアしたいなら、ととのうみすとは一押しの商品ですよ。

たるみ毛穴をクレンジングと洗顔から改善させよう

今回は、たるみ毛穴悪化の原因としてクレンジングや洗顔に着目し、たるみ毛穴とクレンジング洗顔の関係性やたるみ毛穴を改善するための落とすケアのポイントなどを紹介しました。
クレンジングや洗顔を見直すことでたるみ毛穴の悪化を食い止め、改善に繋げられるかも…?ぜひ試してみてくださいね。