開き毛穴を改善する人気洗顔は?開き毛穴改善のポイントや洗顔の選び方

ぽっかり開いた毛穴、どうにかしたいですよね。開き毛穴の方は特に、毛穴に汚れを残さないよう洗顔に力を入れなければなりません。
今回は、開き毛穴の方にピッタリの人気の洗顔石鹸や石鹸フォームをいくつか紹介します。
開き毛穴を洗顔で改善するためのポイントや、洗顔の選び方などもぜひチェックしてみて下さいね。

開き毛穴ってどんな状態?毛穴が開く原因から改善方法を考える

ぱっくり開いて目立つ毛穴…どうにかして改善したい!と基礎化粧品でのケアを頑張っているあなた。
まず、なぜ毛穴が開いてしまうのか?開き毛穴ってどんな状態なのか?を知っておきましょう。

毛穴が開いてしまっている大きな原因には以下のものがあります。

・皮脂腺が発達していて毛穴が目立ちやすい(オイリー肌)
・乾燥やたるみによって肌のハリがなくなり毛穴が開いて見える

他にも、梅雨や夏など温度・湿度が高くなると毛穴は開きやすくなりますが…
このように、肌の状態によって、毛穴はぱっくり開いて見た目にもわかりやすくなってしまうんです。

こうなってしまうと、ファンデーションでも隠れにくくなったり化粧崩れが起きやすくなったりと、開き毛穴に悩むことになります。
しかも、ただ開くだけならまだしも、毛穴が角栓で詰まったり、ニキビになったりと悪化することも…
だからこそ、開き毛穴には開き毛穴のケアをして、改善させていきましょう。

開き毛穴になったら洗顔に力を入れるべき!その理由とは

もちろん、開き毛穴の場合は化粧水、美容液などでのケアも大切ですが、クレンジングや洗顔といった「落とすケア」こそ大切にすべきなんです。
スキンケアの中でも特に重要で、毛穴の開きを改善する効果が期待できるのが「正しい洗顔と保湿」です。

24時間365日、私たちの肌は空気中のホコリや化学物質などの汚れにさらされ、肌に残った古い角質や雑菌などの刺激を受けています。
どこにいってもエアコンがつき、もちろん乾燥しやすい状態でもあるんです。
そこで重要なのが、正しく洗顔することで肌の清潔を保ち、正しい保湿によって肌をきちんと保護することです。
顔の中でも、鼻は特に皮脂の過剰分泌などによる毛穴の開きが起こりやすい場所ですので、注意しましょう。

開き毛穴の状態で、ホコリや化学物質など微細なゴミが毛穴に入り込み、メイク汚れや余分な角質・皮脂まで残っていたら…
毛穴が黒ずんでしまったり、吹き出物などの肌トラブルにも直結してしまいます。
クレンジングや洗顔で肌と毛穴から余計なものをしっかり取り除いて、しっかり保湿をしてあげることが、
開き毛穴をこれ以上悪化させないための予防策であり、開き毛穴の改善方法でもあるんです。



開き毛穴を改善する洗顔方法は?泡でこすらず洗ってすすぎはしっかり

開き毛穴を改善するための、正しい洗顔の方法をご紹介します。
どんなにいい洗顔料をつかっても、洗顔のやり方自体が悪ければ開き毛穴はいつまでも改善できないかも!

◆穴の開きが気になるときのオススメ洗顔方法◆

1 まずは手をきれいに洗う
→ 手についた雑菌などを落とし、清潔な状態で洗顔するため

2 蒸しタオルやスチームなどで毛穴を開かせる
→できればでOK。毛穴が完全に開くことでより汚れが落ちやすくなる

3 32度~34度くらいのお湯だけで顔を洗う
→これで余分な皮脂がとれ、その後の洗顔料が肌になじみやすくなる。
冷たいと感じるくらいのぬるま湯で。熱すぎはNG!

4 洗顔料はネットなどで十分に泡立て、モコモコとした濃密な泡をつくる
→洗顔料は推奨量でOK。しっかり濃密な泡を手のひらいっぱいに作るのがいい
泡立てが苦手ならネットを使ったり泡立ちのいい洗顔を選んで。

5 泡を顔にのせ、やさしくマッサージするように洗顔する
→肌に指が触れないように、指と肌の間に常に泡があるように意識する

6 小鼻や頬などの毛穴が気になる部分は指先でくるくるマッサージ
→特に毛穴の開きなどが気になる部分は指先でやさしくくるくる洗う。
このときも肌を直接こすらないことは意識する。

7 ぬるま湯でしっかりすすぐ。20回以上!
→泡が残ってしまってはNG。
回数多めですすぎ、指が肌に触れないように注意する



開き毛穴を洗顔で解消したいのであれば、ぜひこの洗い方を守ってみて下さい。
毛穴を悪化させない・美肌になるポイントが詰まっています。

開き毛穴を改善する洗顔の選び方。洗浄力と保湿力のバランスを大切に

次に、毛穴の開きが気になる時には実際どんな洗顔料を選べばいいのか?というところにふれていきます。
毛穴の汚れをとり除くのには、こんな成分の入った洗顔がオススメ。

天然クレイ…くちゃやベントナイトなど。汚れへの吸着力が高い
…炭も毛穴汚れへの吸着力が高いことで有名。透明感のある肌へ
AHA…肌に残った余計な角質などを取り除くピーリング効果が期待できる
酵素…石鹸やオイルで落としきれないタンパク汚れを落とす効果あり

このような成分の入った洗顔は、毛穴汚れを落とす効果が高いでしょう。

しかし、注意してほしいのが「落としすぎ」です。
毛穴の悩みがある方は、毛穴をきれいにしたいからと洗浄力の高すぎるものを使っている場合が多いのですが…
落としすぎの洗顔は本来必要なうるおいまで奪い、乾燥や皮脂の過剰分泌につながって毛穴の開きを悪化させてしまう可能性があります。

毛穴の開きが気になる場合は、「落とす」だけでなく「落とす・潤す」のバランスがいい洗顔を選ぶのがオススメです。
保湿成分が入っているものや、天然由来で肌に優しい洗浄成分メインの洗顔料を選ぶことで、「落としすぎ」がなくなり、肌が土台から整って毛穴レスな状態に近づくことができそうです。

また、泡の質も大切。
しっかり泡だてられるもの、もしくは泡で出るタイプのものを選ぶことで、洗顔の摩擦で肌を傷つけずに洗い上げることができます。
もちろん、開き毛穴を改善したいなら洗顔後はしっかり保湿することも忘れずに!



開き毛穴にオススメの洗顔3選。毛穴をクリアにしながらもち肌を作る

以上のことを踏まえた上で、開き毛穴にオススメの洗顔を3つご紹介してみます。
どれも毛穴の洗浄力はありながらも潤いは遺す、口コミ人気の高い洗顔なのでぜひ試してみて下さいね。

開き毛穴改善オススメ洗顔:どろ豆乳石鹸どろあわわ

毛穴の開きや黒ずみにお悩みの方にオススメの国産クレイ洗顔どろあわわ



どろあわわには沖縄の海底に眠る貴重な泥であるマリンシルト(くちゃ)と、火山灰由来のベントナイトの二種類のクレイがミックスされていています。
吸着力が高く、マイナスイオンを帯びたマリンシルトと、頑固な角栓や余分な皮脂までしっかり吸い取ってくれるベントナイトが、開いた毛穴の汚れや黒ずみをきれいにしてくれます。

クレイ系洗顔は落とす力が強いので乾燥が気になりますが…どろあわわなら大丈夫。
肌をなめらかに整える保湿・ハリ肌効果の高い発酵豆乳液やヒアルロン酸・コラーゲン・黒砂糖エキスなどの保湿成分を配合し、ふっくら毛穴の目立ちにくい透明肌をつくります。
毛穴の開き、詰まり、黒ずみ、くすみが気になったら…人気No1洗顔、どろあわわをお試しあれ。

開き毛穴改善オススメ洗顔:ココラルムVCOマイルドソープ

毛穴の汚れを落としながら肌を守る理想の洗顔に、ココラルムのVCOマイルドソープがあります。
VCOマイルドソープは、ダイエット効果だけでなく美肌効果でも話題になったヴァージンココナッツオイル(VCO)を高配合した洗顔石鹸。



ココラルムのVCOマイルドソープには、母乳と同成分である天然成分ラウリン酸を豊富に含み、肌を優しく守りながら洗顔することができるんです。
だから、乾燥肌や敏感肌で毛穴の開きが気になる方には特にオススメ。

ココラルムVCOマイルドソープは、濃密な泡立ちでしっかり毛穴の奥まで洗顔することができます。
生クリームみたいにモコモコでほんのり甘い香りの泡での洗顔はとってもきもちいいと口コミでも話題になってるんです。
なのに、必要な皮脂は奪いすぎずにちゃんとうるおいを残してくれるから、自然と乾燥や毛穴の開きもケアできるんですね。

口コミでも高評価で、ファンの多い洗顔石鹸、ココラルムの「VCOマイルドソープ」。
使い続けることで、毛穴レスで透明感のある赤ちゃん肌になれる!という口コミも多いです。
毛穴の開きや乾燥・ニキビなど、肌トラブルが気になるすべての方に試していただきたい洗顔ですよ!

開き毛穴を改善する洗顔を使ってみて!使い方にも気をつけよう

今回は、開き毛穴になる原因から、開き毛穴改善に洗顔を重視する理由や正しい洗顔方法、開き毛穴にオススメの人気洗顔などをご紹介しました。
ぱっくり開いた毛穴に、毎日の洗顔からアプローチして少しずつ改善していきましょう。