スキンケアのしすぎが毛穴を悪化させる!?素肌美人を作るシンプルスキンケアのススメ

毛穴の開きや黒ずみ、色ムラに大人ニキビ…悩みのつきない大人の女性のお肌ですが、
その肌悩みの原因はよかれと思ってやりすぎる過剰なスキンケアにあるのかもしれません…
今回は、毛穴悩みの原因になりうるやりすぎスキンケアや、美しい素肌をつくるシンプルスキンケアのやり方などをご紹介していきます。

毛穴、乾燥、ニキビ、赤み、テカリ…その原因、「やりすぎ」かも

突然ですが、あなたは今どんなお肌のお悩みを抱えていますか?
多そうなものをあげてみると…

・毛穴の開きや黒ずみ
・乾燥や小じわ
・シミ
・赤みや色ムラ
・テカリ
・大人ニキビ

……これらの肌悩みに対して「肌質だから」「年齢を重ねてしまったから」と原因をとらえて、
毎日一生懸命スキンケアを頑張っている!という方も多いのではないでしょうか。

しっかり日焼け止めにがっつりメイク、クレンジングにピーリングに洗顔、プレ化粧水やふきとり化粧水のあとに化粧水、パック、美容液とポイント美容液、乳液にクリームに…
「よかれ」と思って一生懸命スキンケアしているんですよね。
しかし、その「よかれ」と思ってやっているスキンケアが、自分の肌悩みを悪化させるそもそもの原因だとしたら…?

今回は、毛穴をはじめとする肌悩みの原因になる過剰なスキンケアと、
本当に美しいすはだを作るためのシンプルスキンケアのススメをご紹介していきます。



やりすぎスキンケア1:毛穴パックで黒ずみも開きも悪化

まず、毛穴の黒ずみや開きが気になる方がやりがちなのが、頻繁な毛穴パック…
特に、貼ってはがすタイプのパックには要注意!
ベリッと剥がして、ごっそり汚れや角栓がついて来た時には、なんだか肌をきれいにした気がしてすっきりするものですが…
毛穴パックを剥がすときには、相当な負荷が肌にかかっていることを知っておきましょう。

毛穴パックのやりすぎでは肌表面の角質層まで一緒にはがしてしまうから、
肌に必要な油分・水分のコントロールができなくなり、肌が乾燥したり過剰に皮脂を分泌してしまったり。
これがまた毛穴の開きや詰まりの原因になり、毛穴パックをやればやるほど毛穴が悪化する、ということもありうるんです。

毛穴パックすべてが駄目!というわけでなく、数週間に一度にしてその後はしっかり保湿や毛穴の引き締めケアをするなど、使いすぎに注意して毛穴パックを取り入れましょう。

やりすぎスキンケア2:「落としすぎ」なケアが肌荒れのもとに

クレンジングや洗顔などの落とすケアは、きれいな肌の土台をつくるには大切です。
しかし、「やりすぎ」になってしまいがちなのも、この落とすケアなんです。

クレンジングに関しては、しっかりメイクなどが落ちるようにと洗浄力の強すぎるものを選んでしまうと、肌にもともとあるうるおい成分まで落とし、肌の乾燥の原因に。
さらに、ついついやってしまいがちなゴシゴシ顔をこするようなクレンジングは、摩擦の負担を肌に与えて肌自体を傷つけてしまいます。
クレンジングは、できればこすらず落とせる、肌に優しい成分のものを選んでみて下さい。

洗顔については、特にニキビや毛穴ケアに悩む人が多いのが「一日に何度も洗顔する」こと。
皮脂が多い・角質が溜まっているからと、一日に何度も洗顔をすることで肌のバリア機能が低下。
乾燥し、これまた皮脂の過剰分泌や肌荒れを招いて毛穴やニキビが逆に悪化する可能性が高いんです。

洗顔は朝夕の1日2回、乾燥肌の方なら朝はお湯だけやTゾーンだけ洗顔にするなど洗顔のやりすぎにも注意しましょう。
これも、刺激の少ない肌にあった洗顔料をしっかり泡だて、優しく洗うのが美肌をつくるには大切です。

また、注意しなければならないのが「ピーリング」のやりすぎ。
余計な角質を落とし、つるんとした肌になれるピーリングも、余計なものだけ落とせればいいのですが
頻繁にやりすぎることで肌のバリア機能が低下し、より薄く荒れやすい肌になってしまいます。
いわゆる「ビニ肌」になりかねないので、ピーリングはごわつきが気になるときだけやさしくするなど、とにかくやりすぎに注意するのがいいでしょう。



やりすぎスキンケア3:化粧水の重ねづけは効果なし?逆に乾燥を招くかも

保湿ケアはスキンケアにとってはとても大切な過程なのですが、これもやりすぎはよくありません。
過剰な保湿は、かえって肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があるからです。

一例として、コットンパックやフェイスパックの過剰な使用があげられます。
指定の時間以上に長くやり過ぎると、コットンが乾燥することで肌内部に浸透している水分を奪ってしまう可能性があります。
また、重ねづけともよばれる化粧水の付け過ぎは、
化粧水が肌から蒸発する際に肌の水分も一緒に蒸発させてしまうことがあるので注意しましょう。

化粧水については、肌質にあったものを選ぶのが大切です。
乾燥肌の方ならセラミド配合のものや、ニキビが気になるなら薬用など、自分の肌にあっていてしっかり保湿できるものを選びましょう。

化粧水は、ハンドプレスで適量をしっかりと入れ込むのが大切です。
乾燥肌の方は、化粧水をつけすぎるよりも乳液やクリームなどの油分を補うことも忘れずに。
しっかりふたをしながら足りない油分を補うことで、肌状態が向上するかもしれません。



やりすぎスキンケア4:美容液の使いすぎで肌力が低下する?

ハリ・ツヤのあるプリプリの肌を目指して、たっぷりの美容液に乳液、クリームでお手入れに勤しむ人も多いことと思います。でも、実はそれは逆効果かも!

肌は、美容成分を吸い込むだけのものではなく、代謝を行い老廃物を排出するような役割をもっていてます。
乳液やクリームの使いすぎで肌が息苦しく感じ、眠っている間に老廃物を外に出せなくなると、ターンオーバーが乱れたり角質が溜まりすぎることも…

また、肌に栄養を与える美容液ですが、これも使いすぎは危険。
栄養を与えるほど必要なものは外から与えてくれると肌が思い込んでしまい、本来もっている力を失ってしまうのだとか。
どんどんバリア機能を失い、弱くくすんだ肌になってしまうのです。

植物に肥料を与えすぎたり、動物にごはんをあげすぎたり…
それがどんな結果を招くか、肌でも考えることが必要なのかもしれませんね。

美容液やクリームなどがすべて悪いのでなく、つけすぎ・与えすぎが問題。
肌状態をみながらときどきにしておいたり、薄くつけるなどの工夫が必要です。



あえて何もしない。流行の「肌断食」で本来の肌を取り戻せるかも

最近流行の、「肌断食」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?
「断食」とは、一定期間食事を取らないで過ごすことですが、
「肌断食」とは、一般的に一定期間肌に何も与えないことを指します。

そうです、あえて肌のケアをしないのです。
そんなのありえない!と過剰なスキンケアが日課になっている人には思われそうですが、
実はこれで素肌を美しくしている人が今急増しているんだとか。

肌断食では全てのケアをやめることで、日頃やりすぎてしまっているスキンケアをやめ、メイクもしないことで肌を休めることが目的です。
スキンケアを何もしないことで、肌が持っている自分本来の力、自然治癒力で肌を本来の状態に戻すという目的があります。

たとえば病気になって数日スキンケアどころじゃなく一切なにもしなかったけど、
気づいたらいつもよりキメが整ってきれいな肌になっていた…というようなこともよくあります。
これも一種の肌断食なのかもしれませんね!

具体的な肌断食のやり方を紹介してみます。

徹底的な肌断食だと
メイク、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームなど、肌につけるすべてのものを一時的にやめます。
洗顔は水のみで行い、その後は何もつけません。これを数日継続します。

メイクありの肌断食だと

1朝は洗顔料なしで水のみで洗顔し、化粧水、乳液をつける
2メイクは洗顔料だけで落ちる薄めのメイクにする。
3夜は洗顔料のみでメイクを落とし、その後は何もつけない

このように徹底的にスキンケアを減らすのが、肌断食の基本。
最近肌が疲れている?というとき、肌荒れがいっこうに解決しないとき、肌質を変えたいとき。
やりすぎスキンケアを一度やめて、肌断食にとりくんでみてはいかがでしょうか。
本来の肌のちからをとりもどし、素肌美人になれるかもしれませんよ!

肌断食は怖いなら。あきゅらいずのシンプルスキンケアがオススメ

肌断食はあまりに極端で怖い、でも今のスキンケアでは駄目かも…と思ったら、
一度「シンプルスキンケア」で素肌を美しくすることを考えてみてはいかがでしょうか。



シンプルスキンケアで有名なブランドに、「あきゅらいず」があります。

あきゅらいずの女性社員はなんと全員すっぴんで働けるくらい、お肌がきれいなんです!
「シンプルだけど、満ち足りている」
…余計に落とさず、与えすぎない理想のスキンケアを提案するあきゅらいずの化粧品こそが、自然で美しいすはだを作ってくれるのかもしれません。<

あきゅらいずのスキンケア用品は3つ。

泡石…東洋ハーブエキスをぎゅっと固めた、すこやかな肌をつくるせっけん
優すくらぶ…お肌のキメを整えて柔らかくぼぐす洗い流すパック
秀くりーむ…洗顔後はこれ1本。東洋ハーブとセラミド等の必要なうるおいをプラス

シンプルなのに、ぜいたく。
そんなコンセプトでつくられたあきゅらいずの3ステップシンプルケアで、美しい素肌をとりもどせるかも!



この3つがセットになって、お試しすることができる1380円のセットもあります。
今までのスキンケアをいったんリセットしてシンプルケアにしてみたいなら…
あきゅらいずのお試しセットで、肌のプチ断食をしてみて下さいね!

脱やりすぎスキンケアで、きれいな素肌を取り戻す!

今回は、肌悩みの原因になっているかもしれないやりすぎスキンケアの例と、肌断食・シンプルケアの方法などをご紹介しました。
過ぎたるは及ばざるが如し。やりすぎスキンケアを脱して、本当に欲しかったすはだを取り戻しましょう!