鼻の毛穴の白いぶつぶつを取る方法と目立たなくする方法|押し出しは厳禁!

毛穴の悩みでも特に多い、ぶつぶつした鼻の毛穴…ボコボコ穴が開いているのではなく、ぶつぶつと白く盛り上がって見える鼻の毛穴のことです。
この記事では、鼻の白いぶつぶつ毛穴の正体は何なのか?どうしたら取れるのか、鼻の毛穴がぶつぶつにならないためにはどうすればいいのか紹介してみます。

鼻の毛穴の白いぶつぶつの正体=「角栓」かも

気づいたら、鼻の頭や小鼻の毛穴が白くぶつぶつしている。
毛穴が開いている・凹んでいるというより、触るとザラザラしていて小さく盛り上がっている…これ、気になりますよね。

この白いぶつぶつは毛穴に「角栓」が詰まっているという状態です。
角栓自体が病気などではありませんが、見た目や手触りでわかってしまうとやはり気になりますよね。
一度気になりだすと、指でつまんで押し出そうとしたり毛穴パックをしたり…でもこれって正しいのでしょうか?

この記事では、鼻の毛穴の白いぶつぶつの正体「角栓」ができる原因や、
角栓ができたときの正しい取りかた、鼻の毛穴がぶつぶつしなくなるスキンケアのコツなどを紹介してみます。



鼻の毛穴の白いぶつぶつ、「角栓」ができる原因は?

角栓とはそもそも、「肌の余分な角質や皮脂が毛穴に詰まったもの」です。
つまり角栓をつくっているのは、皮脂・角質・汚れ。
鼻の毛穴にぶつぶつした角栓ができやすいのは、鼻という部分が顔の中でも皮脂分泌が多いからです。

本来、肌は新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しながら約28日周期で生まれ変わり、古い角質ははがれ落ちていくもの。
しかし、加齢やストレス、食生活の乱れや乾燥などの影響でそのリズムが崩れて新陳代謝がスムーズにいかなくなると、角質が剥がれずに毛穴にとどまってしまうのです。

これが皮脂と結びついて塊になり、鼻の白いぶつぶつ毛穴として目立っているんですね。
角栓ができる=異常 ということはなく、肌がターンオーバーを繰り返す限り角質は剥がれますし、
それが毛穴の中に入ったり毛穴の中の古い角質が残っている場合、角栓ができてしまうことは充分ありえます。

しかし、鼻の白いぶつぶつ毛穴に詰まった角栓を放置しておくと、それが酸化して黒ずみ毛穴になってしまう可能性があります。
黒ずみ毛穴までいくとより目立ちやすくなりますし、ニキビなどのトラブルもおこりやすくなりますので。



鼻の白いぶつぶつが目立つときと目立たないときの違い

鼻の白いぶつぶつ毛穴、目立つときと目立たないときがあるかもしれません。
どんなときに鼻のぶつぶつ毛穴が目立つかというと…

お風呂上がりや湿度が高い状態のとき

湯船に使ったり、汗をかいたり、洗顔ですすぎを行ったりすると、肌の角質がふやけます。
毛穴に詰まる角栓は、古い角質や皮脂などで形成されますが、できたばかりの角栓は柔らかく、水分を吸収してふやけて大きくなりやすいんです。

そんな角栓がお風呂や洗顔でのすすぎによって水分を含み膨らんだ結果、毛穴に収まりきらずに、顔を出してきます。
ちなみに毛穴も湿度や温度が高いところでは開きやすくなってますのでよけいに目立つんですね。

皮脂が多いときや逆に乾燥しているとき

先程の項目でもふれたように、鼻の白いぶつぶつ毛穴に詰まる角栓は、皮脂が多いときにできやすくなります。
皮脂の過剰分泌は、オイリーな肌質はもちろん、食べ物やストレス、ホルモンバランスなどの影響を受けて起こりやすくなりますし、逆に肌が乾燥しても起こります。

とくに肌の乾燥は、角栓のもうひとつの材料であるターンオーバーの乱れを悪化させる要素でもありますので気をつけなければなりません。



悪化するかも!鼻の毛穴の白いぶつぶつの間違った取り方に注意

鼻の毛穴の白いぶつぶつ、目立つのは嫌かもしれませんが…
まず注意していただきたいのが、無理やり取ってはいけない!というもの。
ついつい指で絞り出すようにしたり、爪でひっかくように取ろうとしてしまったり、
毛抜きなどで引っ張ったりほじくり出してしまいたくなるかもしれませんが…

このような取り方は以下のようなリスクを招きます。

・肌や毛穴にダメージを与えてしまう
・雑菌が入りニキビや腫れなどのトラブルにつながる
・角栓をとったあとの毛穴が開いてしまう
・摩擦や肌ダメージで余計に角栓ができやすくなってしまう

など、肌や毛穴にとっての逆効果になってしまう可能性が高いんです。
鼻の毛穴の白いぶつぶつをキレイにしたいのに、さらに悪化してしまうなんてイヤすぎますよね。



鼻の毛穴の白いぶつぶつを除去する正しい方法

鼻の毛穴の白いぶつぶつが、お風呂上がりにちょっとだけ見える…くらいであれば、
角栓はまだ出来たてで本来毛穴の中に入り込んでいるような状態。

はっきり言って、この状態なら特別に引き抜くケアや除去するケアはしない方がいいです。

基本的に、鼻の毛穴に詰まった白いぶつぶつを除去するなら、クレンジングや洗顔などの落とすケアと、
化粧水、美容液などの与えるスキンケアを上手に両立させていくことが大切。

鼻のぶつぶつ毛穴を取るクレンジングや洗顔

毛穴の中の角栓やその材料となる余計な角質や皮脂をしっかりとる。
肌質にあわせてクレンジングや洗顔は選ぶ。
クレンジングはメイク落ちがよく毛穴を開く・毛穴汚れを吸着するなどの機能があるものがおすすめ。

ゴシゴシ洗いや洗浄力の強すぎるコスメを使うことで逆に乾燥→ターンオーバーの乱れにつながるので、
美容成分や保湿成分の入ったもので肌に負担をかけないことは前提に。

鼻の毛穴の白いぶつぶつができなくなる化粧水や美容液などのケア

毛穴が開きにくくターンオーバーが正常な潤った肌を普段のスキンケアでつくりましょう。
オイリー肌だと思っている場合も、慢性的な乾燥がオイリー肌につながっているだけの可能性もあるため、しっかり保湿するのはマスト。
乳液やクリームはオイルが入っているので鼻の毛穴の白いぶつぶつが悪化するのでは?と心配になるかもしれませんが、
肌の水分が逃げるとそれを補うために余計に皮脂が出てしまいますので、スキンケアの最後はちゃんと油分で蓋をしましょう。

以上を踏まえて、鼻の毛穴の白いぶつぶつをとるのにおすすめの化粧品をいくつかご紹介してみます。

鼻の毛穴の白いぶつぶつにおすすめの化粧品「ととのうみすと」

品名 ととのうみすと
販売元 ファンファレ
価格 1980円~
特徴 優しいミスト洗顔で毛穴の白いぶつぶつをごっそりオフ!

たるみ毛穴におすすめの洗顔「ととのうみすと」は普段のクレンジングでも落ちない頑固な毛穴の白いぶつぶつや肌の汚れをスプレーすることで落とす新感覚ミストです。
ととのうみすとで毛穴の汚れが落ちる最大の理由が、有機物や微粒子などを極限まで取り除いた超高純度の水「超純水」と、マイナスイオンたっぷりの「高アルカリイオン水」。
マイナスイオンが毛穴の汚れや余計な油分を引き寄せて、毛穴の奥まで入り込みクレンジングや洗顔で落としきれない皮脂や角質、メイク汚れまでしっかり落とします。

ととのうミストを顔にふきかけてしばらくすると白く濁るのですが、水成分に汚れが浮いてきている証拠なんだとか…
特別な処理はしてあってあくまでも「水」なのでもちろん肌には優しく、摩擦もほぼないため毛穴の白いぶつぶつをごっそり落としながらも刺激や潤いまで落とす心配もいりません♪

さらに、ととのうみすとは、毛穴の汚れや引き締めをしっかり考えた商品。
黒ずみや詰まり、毛穴目立ちの原因となる「毛穴の開き」にアプローチしたアーチチョーク葉エキスを配合していて、使ったあとはキュッと毛穴の閉じたキメの整った肌になれます。

ととのうミストは落とすだけでなく美肌効果も考えられた商品。
ととのうみすとに配合された酵素のちからで、肌にある美肌菌(善玉菌)を活性化させ、肌がもともともっている保湿力を高め、健康的でうるうるツヤツヤのお肌に導きます。

何度も洗顔しなくても、肌と美肌菌に優しい成分で毛穴の汚れを落とす・引き締めることができ、美肌菌の活躍をサポートする、土台美容液のような効果もととのうみすとには期待できるんです。
鼻の毛穴の白いぶつぶつをとり、繰り返したくないならととのうみすとは一押しの商品ですよ。

コツコツケアで鼻の毛穴の白いぶつぶつをなくす

鼻の毛穴の白いぶつぶつ、気づくとどうしても取りたくなりますよね。
しかし、指での押し出しやピンセットで引き抜くなどのケアは、逆に毛穴の状態が悪くなる原因になってしまいます。
毎日のスキンケアを見直して、焦らずゆっくり改善しましょう。