皮脂を抑える食べ物やサプリ|皮脂の過剰分泌につながる生活習慣や改善方法

ベタつきやテカリ、毛穴の開きや詰まり・ニキビ、メイク崩れなど様々な皮脂トラブルにお悩みなら、
その原因になる過剰な皮脂分泌を抑えることで、お悩みの少ない健康的な肌を手に入れることができるかもしれません。
今回は皮脂の過剰分泌の食事・生活面での原因と対策方法・皮脂を抑える食べ物やサプリなど、身体の中から皮脂を抑える方法をご紹介します。

毛穴、テカリ、ベタつき、ニキビ…皮脂トラブルから卒業したい!

「外出先でふと鏡を見たら顔が皮脂でテカテカ・ベタベタになる」
「毛穴がぱっくり開いたり、黒ずんだり。ニキビもできやすい…」
「どんなにしっかりメイクをしてもすぐドロドロになってしまう↓」

こんな、顔の皮脂に関係するお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?
実はこの皮脂の過剰分泌のお悩み、食事や生活習慣を変えるだけで改善できるかもしれないんです。

今回は、皮脂の過剰分泌を抑える方法を知ってトラブルのないお肌になりたい!
という方のため、

・食べ物や生活習慣の乱れで皮脂が過剰分泌される原因
・身体の中からできる効果的な皮脂を抑える対策方法
・皮脂を抑える効果が期待できる食べ物・サプリ・生活習慣

などをご紹介してみます。
本気で皮脂トラブルを解決したいなら、まずはこういった食事・生活面から見直していきましょう。



皮脂の役割とは?

皮脂を抑える方法を知る前に、皮脂にはそもそもどんな役割があるか?を紹介してみます。
たしかに皮脂の過剰な分泌は、脂性肌や毛穴トラブル、ニキビなどの原因となるもの。
そのため、皮脂=悪いもの というイメージをもっている方が多いかもしれません。

しかし、そもそも皮脂は人間の肌には必要なもの。

皮脂とは、皮膚の内側で脂質を蓄積する皮脂腺から分泌される脂質成分で、主な成分は中性脂肪(トリグリセリド)。
毛穴を通って皮膚の表面に押し出されると、皮膚表面に分泌された皮脂は汗と混ざって、皮膚表面を覆う「皮脂膜」を作ります。

皮膚の表面を覆う皮脂膜は、皮膚から水分が蒸発するのを防ぐ蓋のような役割があり肌の潤いを守り、外部の刺激から肌をガードするバリア機能もあります。

さらに、皮脂が皮膚にいる細菌によって分解されることで、肌を弱酸性に保ち雑菌が繁殖しにくくなるため、肌環境を守ることにもつながっているんです。

肌の保湿・保護や殺菌などの作用のある皮脂。
これがもともとかなり少なかったり、とりすぎると「乾燥肌」に傾き、
水分不足やバリア機能の低下・肌の老化などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

つまり、皮脂は多すぎても少なすぎてもよくないもの。
過剰分泌される皮脂は抑えつつ、油分と水分のバランスがとれた健康的な肌を目指すべきなんです。



肌は生活によって作られる!食事や生活習慣を見直して

皮脂腺の数や皮脂の分泌量、肌の状態には個人差があります。
つまりは、もともとの肌質によるものも大きいです。

しかし、肌質だからと諦めるのはまだ早い!もともとの肌質・体質以外にも、
誤ったスキンケアや乱れた生活習慣によって皮脂の過剰分泌が起こっている可能性も高いんです。

ここからは、皮脂の過剰分泌の原因になる食べ物を含む生活習慣病の例と、
皮脂の過剰分泌を抑える対策方法やポイント、皮脂を抑えるオススメの食べ物やサプリなどをご紹介していきます。

皮脂を抑えるための食生活のポイント・食べ物の注意点

身体や健康もそうですが、食べたものから肌は作られます。
食事を見直すことが、過剰な皮脂を抑えることに繋がるかも…?
まずは食事の面からできる皮脂対策について紹介していきます。

皮脂を過剰分泌させる食べ物に注意

外食に頼った食生活や多すぎる間食は、栄養が偏りがちになってしまいます。
これはダイエットや健康によくないだけでなく、皮脂の過剰分泌や肌荒れにも直結するもの。
皮脂の過剰分泌の原因となる食べ物をあげてみますと…

皮脂を増やす食べ物の例

・酸化した油
└惣菜などの揚げ物・ドーナツやスナックなどのお菓子 など

・油脂の多いもの
└肉類・揚げ物・乳製品・クリーム・チョコレート など

・糖質の多いもの
└甘い物・白砂糖・ジュース など

コンビニやスーパーなどでの買い食や外食、間食でついついとりすぎてしまいがちなこういった食べ物は、皮脂の過剰分泌につながってしまします。
肌にはもちろんダイエットや健康にもよくないので、例で挙げた食べ物をとりすぎている自覚があるなら少し減らすなどしてみましょう。

逆に、大根おろしなどの辛味のある野菜は、体に溜まった脂を流してくれる作用がありますので積極的に取り入れましょう。
大根、生姜、ネギ、にんにくなどの辛味野菜やみかんやレモンなどの柑橘類にも効果が期待できますので、揚げ物のトッピングなどに使用してみるのがオススメ。



嗜好品はほどほどに。皮脂を抑えることに繋がる

コーヒーや、辛いもの、チョコレートなどの嗜好品が好きな方も多いかもしれません。
カフェインや香辛料などの刺激物は摂取しすぎると皮脂も増えるとされているので、
こういったものが好きな人はこれが原因で皮脂が増えているのかも。
少し量を減らしてみるのもオススメです。

また、刺激物・嗜好品というくくりでいうならタバコやお酒も肌の健康を損なうものとしては大きいです。
こちらも量を考えるのがオススメ。
本気で肌と健康を考えるなら禁煙に取り組むことで劇的に肌が綺麗になる可能性も高いですよ。



皮脂を抑える食べ物とは?ビタミン類を摂取すべし

脂質の代謝を良くする・皮脂の酸化を抑える・余分な脂質を排出する
というような作用が期待できる食べ物や栄養素を積極的に摂取することで、皮脂トラブルを改善できる可能性も高いです。

皮脂を抑える・皮脂トラブルをケアできる栄養素と食べ物を紹介してみます。

皮脂を抑える栄養素:ビタミンB群
…脂質や糖質の代謝を助けるはたらきがあります。
ビタミンB2は脂質の代謝を促進し、過剰な皮脂分泌を抑えることがわかっていて、
他のビタミンB群も皮脂のコントロールや肌の修復などの作用があります。

◆ビタミンB類を多く含む食べ物◆

豚肉、玄米、ナッツ類、レバー、かつお、バナナ、牛乳、たまごなど

皮脂を抑える栄養素:ビタミンC
…皮脂の過剰分泌を抑える効果がありますが、他にも肌の健康を守る・美白・ハリ・ニキビ予防など美肌に総合的に働きかける効果が期待できます。不足すると肌荒れが起こりやすいです。

◆ビタミンCを多く含む食べ物◆
パプリカ、レモン、ブロッコリー、いちご、ピーマン、キウイなど

皮脂を抑える栄養素:ビタミンA
…皮脂の酸化を防ぐとともに、肌の新陳代謝も促進する効果があります。
黒ずみ毛穴のトラブルやニキビのお悩みがある方には特にオススメ。

◆ビタミンA類を多く含む食べ物◆
豚肉、レバー、海苔、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、わかめなど



皮脂を抑えるための食生活改善のポイントまとめ

脂質の代謝に関わるビタミンB群、酸化を防ぐビタミンA群どちらも豊富な豚肉・卵は特にオススメの美肌食材です。
また、ビタミンCを摂取したいなら糖質が多くなるフルーツよりパプリカ・ブロッコリーなどの野菜から摂取するのがいいかもしれません。

ここで述べたビタミン類だけでなく、ビタミン類の働きを助けるミネラルや、
便秘を防ぎ腸内環境を改善する食物繊維、肌のもととなるタンパク質など、
バランスよく栄養を摂取して健康的な食生活を心がけましょう。

1杯で肌と健康に必要な栄養素がとれるサプリドリンク「バランサー」

普段の食事の栄養バランスに自信がないという場合は、サプリや美容ドリンクなどで必要な栄養素を摂取するのもオススメです。



オススメなのは、こちらの「バランサー」というドリンク。
皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンB群やビタミンCなどの1日分の栄養素の推奨量が1杯のバナナ味のおいしいドリンクで簡単に摂取できちゃいます。

タンパク質やミネラルもしっかり摂取でき、低糖質・低脂質で低カロリーとダイエットにもピッタリ。
普段の食生活にバランサーをプラスするだけで、皮脂を抑える効果だけでなく美容・健康への効果をしっかり感じられそうです。

皮脂を抑える食事以外の生活習慣の改善方法

生活の改善で皮脂を抑える方法は食事の改善だけではありません。
皮脂の過剰分泌を抑えるための食事以外での生活習慣の改善ポイントをご紹介します。

皮脂を抑えるならストレス対策も考える

過度なストレスは、皮脂を過剰に出させてしまう可能性があると言われているので皮脂を抑えたいのであれば注意が必要です。

ストレスには心理的なものの他に、生物的・化学的なもの、環境的なもの…と様々な原因が想定れます。

心理的なもの…緊張、不安、怒り、悲しみ、人間関係、健康喪失の悩み等
生物的・化学的なもの…雑菌、アレルギー、食事、嗜好品、空気など
環境的なもの…気温、湿度、騒音、ほこり、紫外線 など

まずは自分と自分の肌にしっかり向き合い、ストレスの原因を突き止めましょう。
心理的なストレスが溜まっているようであれば、ジョギングやヨガなど、負担にならない程度にカラダを動かしたり、
趣味を持つ・入浴するなど意識的にリフレッシュしてみてください。

環境的なものであれば、自分がいる場所や生活リズムを変えてみたり、紫外線対策をしっかりするのがオススメです。



睡眠はサプリ以上の美肌効果が?しっかり眠るのも大切

睡眠不足は美肌の敵!という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、
まさにそのとおりで肌の調子は寝ている間に最も整えられるとも言われています。

逆に睡眠不足が続くと上で紹介したストレスの原因にもなりますし、
肌の修復がうまくいかなかったり皮脂の過剰分泌を起こしてしまったり、ニキビなどの原因にもなってしまうんです。

質のいい睡眠をたっぷりとることで、お肌を整える効果が期待できます。

質の良い睡眠のためには、カラダを温めて血行を良くすることが大切です。
寝る数時間前の運動や、入浴もオススメ。
また、寝付きが悪くなる原因にもなりますので就寝前はスマートフォンやテレビなどの明るい光は浴びないようにしましょう。

夜更かしをやめ、できるだけ眠る。
これで皮脂の過剰分泌を抑え、健康的な肌が取り戻せるかもしれませんよ。

皮脂の過剰分泌を抑える方法を知って悩みから開放されよう

今回は、食事や食べ物・生活習慣の改善によって皮脂の過剰分泌を抑える方法をご紹介しました。
毎日の生活を意識して変えていくことで、皮脂によるお悩みから卒業できるかもしれません
憧れの美肌のため、今日できることからはじめてみませんか?