角質ケアで毛穴の詰まりや角栓を予防!角質の基礎知識を身に着けよう

角質は誰の肌にもある必要なものですが、場合によっては肌や毛穴トラブルの原因に。
今回は、角質とは?という角質の基礎知識から、肌・毛穴トラブルとの関連性などを紹介してみます。角質とうまく付き合って、美肌をキープしましょう。

角質と角質層についての基礎知識

『角質ケア』『余計な角質を除去』『角質層までの浸透』などの言葉はよく言われていますが、その角質・角質層について、詳しく知っていますか?

私たちが「角質」と呼んでいるのは、表皮の層の中でも最も外の層にあり、皮膚表面を覆っている「角質細胞」のこと。
お肌の一番外側で、外部から身体を守るなどの役割があります。
また。角質の主成分は「ケラチン」と呼ばれ、髪の毛などと同じで細胞としては死んだ状態になります。

そんな角質細胞が10~15層ほど重なった層を「(角層)」と言います。
角質層は「角質細胞」と、細胞と細胞の間にある「角質細胞間脂質」と、「水分」で構成されています。

角質層は厚さが約0.02mmでラップ1枚程度の厚さしかありませんが、有害物質や刺激・水分蒸発などから人体を強力に保護しています。
人間は、角質層を失う24時間生存できないと言われるほど重要な役割を担っているんです。同じ角質層でも、顔は比較的薄く、足裏などは約50層にもなるといわれ、部位によりその厚さは変わります。



肌と角質の構造とターンオーバーとは?

角質は肌の一番外側。では、肌とはそもそもどんな構造で、どのように角質が産まれてその役割を終えていくのか、簡単に紹介してみます。

角質層の構造肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で成り立っています。

そのうち空気に触れる表皮の構造はさらに「角質層(かくしつそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」の4つに分けることができます。

表皮の95%を構成し、のちに角質となる「角化細胞」は、表皮の最下層にある基底層の基底細胞が細胞分裂することで生まれます。
生まれた角化細胞は「角化」により少しずつ形や性質を変えながら、毎日生まれてくる新しい角化細胞に有棘層、顆粒層へと押し上げられて、約2週間かけて角質層に到達します。

角質層に到達した角化細胞は、細胞核や栄養分を吐き出すと、代わりにケラチンというタンパク質で満たされます。
こうして角質細胞は成熟し、死んだ角質細胞に変性します。
そして角質層に蓄積され、さらにだいたい2週間かけて、垢などの老廃物と一緒に皮膚の表面から自然にはがれ落ちていきます。

つまり、肌の一番外側の角質は、ずっと同じものがあるわけではなく、常に産まれては表面に押し上げられ、細胞として死んでからも肌を守り、剥がれ落ちるのを繰り返しているんですね。

このように。角化によって表皮の細胞を入れ替えることで、表皮は新陳代謝を行っています。
この肌の生まれ変わりのサイクル・新陳代謝のことを、「ターンオーバー」と呼び、上で述べたとおりだいたい28日かかるとされています。



角質層の主な役割。保湿&バリア機能がメイン

そんな角質や角質層にはどんな役割があるのかといいますと…

・皮膚最外層で外部刺激から肌や体を守る「バリア機能」
・内部の水分を保つ「保湿機能」

の2つの役割があります。



1-1 角質層のバリア機能とは

体の最表面にある皮膚は衣服や外気による刺激・雑菌や細菌・熱や紫外線など、常に刺激にさらされています。
そんな多くの刺激から肌や体を守っているのが角質層の「バリア機能」です。

健康な肌の角質層は10~30%の水分を含んでいて、それらの水分が外部からの刺激や衝撃をやわらげたり、雑菌などの侵入を防いで身体とお肌を守っています。

1-2 角質層の保湿機能とは

角質層のバリア機能には、10~30%の水分が必要と述べましたが、その角質層内の水分を保っているのが「保湿機能」です。
角質層は外気に触れるため、環境の湿度に影響を受けやすいもの。この保湿機能がないと、空気が乾燥しているだけで皮膚から水分が奪われてしまい、角質細胞がカサカサとはがれ落ち、バリア機能まで失われてしまいます。

そうならないよう水分を守り、保湿するために、角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)は大量の水分を抱え込みます。
さらに、角質細胞の外側にある角質細胞間脂質や表皮の皮脂膜が膜を張り、角質細胞からの水分の流出・蒸発を防いでいるのです。

角質内で、NMF・角質細胞間脂質・皮脂膜の3つの保湿成分が適切なバランスで保たれていると、肌のバリア機能が正常に働き、肌内部への紫外線や異物、雑菌・細菌などの侵入を防いで肌トラブルを防ぐことができます。



毛穴・くすみ・ニキビ…角質による肌トラブルの正体

角質の正体や、角質層には本来どのような役割があるのか紹介してきました。
角質は本来、私たちの肌や身体を外部からの刺激・病原菌から守る重要な存在。
しかし、その角質が「肌トラブル」の原因になってしまうこともあるのです。

本来なら、産まれては表面まで押し上げられ、スムーズにはがれ落ちるはずの古い角質。
しかし、肌のターンオーバーの乱れなどによって肌表面に古い角質を溜め込む「角質肥厚」という状態になってしまうと、お肌のゴワつきやザラつき・くすみ・毛穴トラブル・ニキビなどに発展してしまうんです。

たとえば、お肌のごわつきやざらつきは、はがれるべき角質が肌に熱く重なることで起こり、見た目にも透明感のないくすんだ肌に見えてしまいます。
また、剥がれ落ちていくはずの余分な角質が肌に残り、毛穴に引っかかったり入り込むことで毛穴が詰まり、角栓・毛穴の黒ずみ・ニキビにつながってしまうのです。

ホルモンバランスや生活習慣、紫外線ダメージなどによってターンオーバーの乱れなどにより、角質肥厚は簡単に起こってしまいます。
上記のような肌トラブルに悩まされていたなら、それは角質肥厚によるものかもしれません。

角質肥厚の予防方法とケア方法

ここからは、角質肥厚による肌トラブルをケアする効果的な方法や、角質肥厚による肌トラブルが起こらないようにするための予防ケア方法を紹介してみます。

1 おすすめの角質ケア方法やコスメ

角質肥厚が起き、肌トラブルが気になる場合に一番最初にやらなければならないのは、
肌表面に溜まった古い角質がはがれ落ちるように助けてあげるようなケアです。

肌にくっついている角質をはがれやすくする成分や、ゴワゴワの角質を柔らかくする成分・肌のターンオーバーを整える成分などを配合した化粧品や、スクラブやクレイなどの物理的なアプローチ古い角質を取り去るものなど、角質ケア方法は色々とあります。

代表的な角質ケア成分やそれを含んだ化粧品などを紹介する前に、いくつかお手入れのポイントや注意点を紹介してみます。



○ 角質ケアは頻度や用法用量を守る

角質をはがれやすくする・分解する・こすっておとすというような角質ケアは、余計に肥厚した角質にはよくてもやりすぎると古い角質の下の新しい角質まで剥がしてしまい、刺激や赤み・肌荒れの原因になってしまうことがあります。
一度のお手入れの中にいくつも角質ケアコスメを取り入れたり、週一度でいいケアを毎日やったり、炎症のある肌に使ったりはしないよう、しっかり用法用量を守りましょう。

○ 角質ケア後は保湿を念入りに行う

角質ケアをしたら必ず保湿を徹底することは大切しましょう。肌表面に積み重なった古い角質がはがれ落ちた肌は、一時的に乾燥しやすく、またダメージも受けやすくなっているかもしれません。
低刺激かつ高保湿な保湿アイテムを使用し、肌の保湿と鎮静を行いましょう。余計な角質がとれた肌は、いつもより保湿化粧品のうるおいが浸透しややすい状態になっていますので、マスクなどで集中的に保湿するのもおすすめです。



代表的な角質ケアアイテム:AHAやBHAなどのピーリングコスメ

まず代表的な角質ケアアイテムに、AHAやBHAなどのピーリング成分を含んだピーリング洗顔・ジェルなどがあります。

ピーリングコスメによく使用されている『AHA』は「アルファヒドロキシ酸」のことで、水溶性のリンゴ酸・クエン酸・乳酸・グリコール酸などを主成分とした酸をさします。
これで余分な角質を溶かすようにして剥がしていきます。天然由来の成分なので、比較的刺激も少なくフルーツ酸とも呼ばれています。クレンジング、ゴマージュ、洗顔などに配合されることが多く、身近な存在です。

また、「BHA」という「サリチル酸」を用いたピーリング成分もあり、こちらは脂溶性であるため角質ケアだけでなくニキビや角栓・毛穴のお悩みがある方にもおすすめです。
このAHAやBHAなどの角質を剥がす成分が含まれた石鹸で洗顔したり、ジェルを塗ってマッサージすることで余計な角質を落とし、肌をリセットするような効果が期待できます。

AHA配合角質ケア洗顔石鹸「サンソリットスキンピールバー」

皮膚科でニキビ・毛穴ケア用にもオススメされるピーリング洗顔石鹸。不要な角質をAHAで除去しながら、くすみまで取り去ります。



週に1度などの定期的な使用で毛穴が詰まりづらくなり、毛穴に詰まった角質までしっかり除去。
黒ずみの前に、詰まらない毛穴を実現します。使用後は余計な角質が除去されているため、化粧水の浸透のよさに感動するはず!肌質やお悩みにあわせた4タイプがあり、4種類が試せるミニサイズのセットは公式サイトで1200円のプチプラで販売されています。

代表的な角質ケアアイテム:角栓を分解する「酵素」配合のコスメ

角質や角栓の7割は、実は皮脂ではなくタンパク質。界面活性剤やオイルなどの洗浄成分では、古い角質などのタンパク汚れにアプローチできず、角質肥厚が起こりやすかったのです。
そこで、タンパク質を分解する「酵素」を洗顔やパックなどで取り入れることで、オイルや界面活性剤などの洗浄成分では落とせない角質のタンパク汚れまで落とすことができるため、ここ数年の角質や毛穴のケアでは酵素タイプが人気になっています。

酵素は水に弱いため、酵素コスメはパウダータイプの化粧品が多いもの特長です。

おすすめの角質ケア酵素パック:オーキッド ピックアップマスク

オーキッド ピックアップマスクは、毛穴の黒ずみのもとである「角栓」や「古い角質」をスペシャルケアできる酵素パックです。



新鮮な酵素を使用するため、使う直前に混ぜ合わせるようになっていて、肌質にあわせて2剤を混ぜ合わせ、置く時間も調整できるので自分のお悩みや肌質にピッタリのケアをすることができます。

オイルや石鹸成分でアプローチできないタンパク質の汚れに分解酵素でアプローチするため、毛穴に詰まる古い角質や頑固な角栓も分解するようなスペシャルケアし、毛穴とくすみのないお肌を作り出します。

さらに、2種類の吸着クレイを配合しているので酸化した皮脂や黒ずみ汚れもしっかり吸着してオフ。オーキッドエキス・トレハロース・コラーゲンなどの保湿成分も配合されているので、使ったあとはしっとりもちもちのお肌に。
酵素パック習慣で、ターンオーバーを整えつるつるのお肌を取り戻しましょう。

2 角質肥厚と肌トラブルを予防するポイント

ここからは、そもそも角質トラブルが起こらない肌をつくる予防角質ケア方法を紹介してみます。
ふだんのケアから変えることで、角質肥厚の起こりづらい健康的な素肌をキープしましょう。

1 角質肥厚が起こりやすければ普段から角質ケアをする

角質肥厚によるトラブルが多いお肌であれば、毎日のケアに優しい角質ケアアイテムを取り入れるのがおすすめ。
角質ケアコスメといえばスペシャルケア的なものが多かった印象ですが、ここ最近は洗い流すだけ、コットンに含ませてふき取るだけ、気になる部分になじませるだけと手軽に使えるものが充実し、デイリーケアとして気負わずに組み込めるものが増えています。
クレンジングにAHA成分が入っているものや、優しい作用で毎日使用できる酵素洗顔などもおすすめです。
特に、保湿化粧水の前に使う拭き取り化粧水は手軽ですし、ニキビや毛穴の黒ずみを予防することができます。

人気のデイリー拭き取り化粧水:薬用アシィドローション

薬用アシィドローションは2つの酸で毛穴の表面に蓄積しやすい角質をオフ、角質の根本から除去します。
角栓やニキビも出来づらく毎日使える優しさで、メイク後の毛穴目立ちだけでなく、くすみやごわつき・毛穴の黒ずみのお悩みにもおすすめのふきとり化粧水です。

2 毎日の保湿&紫外線ケアをしっかり行う

角質肥厚の原因になる、ターンオーバーの乱れは乾燥によって起こりやすくなります。
クレンジングや洗顔などの落とすケアのあとは、普段から保湿化粧品でしっかり潤いを与えるケアをして、健康的でターンオーバーがうまくいきやすい角質層の状態をキープしましょう。

また、紫外線ダメージもターンオーバーの乱れの原因に。紫外線量の多い真夏はもちろんですが、一年を通して日焼け止めなどでの紫外線ケアを行い、肌を守ることを心がけて。



角質の基礎知識と基本のケア方法を知ってうまく付き合おう

私たちにとってはなくてはならないものでありながら、肥厚の状態になるとさまざまなトラブルを引き起こす角質。角質とはどのようなものなのか、どのようなケアをすればいいのか、基本を知っておくことでうまく付き合っていけるようになるはず。
今日からの角質とお肌のケアに、ここで紹介した知識をぜひ役立てて下さいね。