洗顔後に鼻や小鼻の下に出るニョロニョロ角栓を取る正しい方法

洗顔のあと、ふと鏡を見ると、鼻や小鼻の下からニョロニョロと白くて細い物が飛び出していたり、鼻の頭に白い物が詰まっていたり…!?こんな現象にお悩みの方、その正体は「角栓」かもしれません。
今回は角栓が洗顔後ニョロニョロ飛び出す理由や、正しい取り方、ニョロニョロができにくいスキンケア方法などをご紹介してみます。

洗顔後に目立つニョロニョロにおすすめのアイテム一覧

[こんにゃくスクラブでメイクも毛穴もクリアに]
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

[シリカが吸着!毛穴悩み対応洗顔のロングセラー]
然 よかせっけん

[ニョロニョロを追い出す肌を作る]
KOSE 米肌

[毛穴や角栓のための専用美容液]
パンベシュ アンベリール コントロールセラム

洗顔後の鼻・鼻下・あごのニョロニョロの正体は「角栓」

洗顔後やお風呂上がりにふと鏡を見ると、上の画像のように毛穴から飛び出すニョロニョロとしたモノを見つけてしまったこと、ありますよね?
具体的に目立ちやすいのは、鼻の頭・小鼻・鼻の下・あごなど洗顔前やお風呂に入る前はほとんど見えないのに、このタイミングでなぜか出てくるニョロニョロ。
洗顔してきれいな状態だと思っていたのにニョロニョロが見えると、がっかりしたり驚いたりしてしまいますよね…

先にこのニョロニョロの正体を明かしてしまうと、これの正体は「角栓」です。
オイリー肌や毛穴悩みがある方はもちろん、普段はあまり毛穴が目立たない方でも洗顔後のこのタイミングに目立つことは多いです。

今回は、なぜ洗顔後やお風呂上がりにこのニョロニョロ角栓が目立つのか?
というところから、角栓ができる仕組みやニョロニョロ角栓の正しい取り方、角栓ができづらくニョロニョロが出にくくなるようなスキンケアについてご紹介していきます。

1 洗顔後にニョロニョロ角栓が目立つ理由・消える理由

まず、上の項目でも述べましたが、この洗顔後に目立つニョロニョロの正体は「角栓」です。
なぜ洗顔後やお風呂上がりのタイミングで目立つことが多いのか、その理由を先に説明してみましょう。

湯船に使ったり、汗をかいたり、洗顔ですすぎを行ったりすると、肌の角質がふやけます。
お風呂上がりに肌が柔らかくなったような気がするのは、このせい。
毛穴に詰まる角栓は、古い角質や皮脂などで形成されますが、できたばかりの角栓は柔らかく、水分を吸収してふやけやすいんです。

そんな角栓がお風呂や洗顔でのすすぎによって水分を含み膨らんだ結果、毛穴に収まりきらずに、顔を出してきます。これがニョロニョロと目立っている理由!
ちなみに毛穴も湿度や温度が高いところでは開きやすくなってますのでよけいに目立つんですね。
お風呂上がりすぐにニョロニョロ目立つのに、しばらくすると消えたり目立たなくなることがあるのは、水分を含んでいた角栓がもとのサイズに戻り、毛穴が閉じるからなんです。

2 ニョロニョロ角栓は出来たら異常?角栓ができる理由

角栓とはそもそも、「肌の余分な角質や皮脂が毛穴に詰まったもの」です。
その状態や見え方にも、大きな差があることが多いです。

実は、お風呂上がりや洗顔後にニョロニョロ目立つ角栓は「できたての角栓」であることが多いんです。
上の項目でも触れましたが、できたばかりの角栓は水分を吸収しやすく、膨らみやすい性質をもっています。イメージ的には角栓の赤ちゃんといったところでしょう。

角栓ができる=異常 ということはなく、肌がターンオーバーを繰り返す限り角質は剥がれますし、それが毛穴の中に入ったり毛穴の中の古い角質が残っている場合、角栓ができてしまうことは充分ありえます。
特に病気などではないので、安心して!

3 ニョロニョロ角栓を放置するとどうなる?

ニョロニョロ角栓ができること自体は異常なことではない、ニョロニョロは水分を吸ってふくらんでいるだけ…となると、「じゃあ何もしなくていいの?」と思われるかもしれませんね。

でも、このできたてのニョロニョロ角栓も、放置してしまうとそのうち毛穴が詰まって目立ったり、黒ずみ毛穴やニキビなどの原因になってしまうかもしれません。
角栓はできても仕方ないものではありますが、肌に残しておいたほうがいいものではないんです。

ニョロニョロ角栓の正しいケアの方法や取り方、ニョロニョロ角栓を取るスキンケアのやり方をご紹介していきます。

ニョロニョロ角栓の間違った取り方に注意

ニョロニョロ目立ってイヤな角栓ですが、まず注意していただきたいのが、無理やり取ってはいけない!というもの。
ついつい指で絞り出すようにしたり、爪でひっかくように取ろうとしてしまったり、毛抜きなどで引っ張ったりほじくり出してしまいたくなるかもしれませんが…
このような取り方は以下のようなリスクを招きます。

・肌や毛穴にダメージを与えてしまう
・雑菌が入りニキビや腫れなどのトラブルにつながる
・角栓をとったあとの毛穴が開いてしまう
・摩擦や肌ダメージで余計に角栓ができやすくなってしまう

など、肌や毛穴にとっての逆効果になってしまう可能性が高いんです。
ニョロニョロ角栓をキレイにしたいのに、さらに悪化してしまうなんてイヤすぎますよね。

ニョロニョロ角栓の正しい取り方はスキンケアの両立にある

お風呂上がりにちょっとだけニョロニョロ見える…くらいであれば、角栓はまだ出来たてで本来毛穴の中に入り込んでいるような状態。
はっきり言って、この状態なら特別に引き抜くケアや除去するケアしない方がいいです。
じゃあどうやってケアしていくのか?というと、クレンジングや洗顔などの落とすケアと、化粧水、美容液などの与えるスキンケアを上手に両立させていくことが大切。

・角栓まで取り、余計な角質や皮脂もとって角栓ができづらくする落とすケア
・毛穴が開きにくくターンオーバーが正常な潤った肌をつくる与えるケア

この基本を守ったケアをしていくことで、お風呂上がりや洗顔後に目立つニョロニョロ角栓がなくなり、できづらくなるんです。
具体的なニョロニョロ白角栓を取るスキンケアの方法と、角栓を取るのに効果のあるおすすめの基礎化粧品をご紹介してみます。

落とすケアでのニョロニョロ角栓の正しい取り方

ニョロニョロ角栓をケアするには、まずは正しい「落とすケア」から。
そもそも角栓ができているということは、余分な角質や皮脂が顔に残っているということでもあるので、
ニョロニョロ角栓はもちろん毛穴の中の余分な角質や皮脂まで毎日の洗顔で落とすのが大切です。

1-1ニョロニョロ角栓を取る正しいクレンジング方法やポイント

毎日のメイク落としで使うクレンジング。これでも鼻やあごのニョロニョロ角栓をケアできます!
まずは角栓があるときのクレンジングのポイントから!

・クレンジングはメイク落ちがよく肌に優しいものを選ぶ
・ゴシゴシこすらない!鼻周りもくるくる優しく落とす
・できれば角栓や角質を溶かす・からめとるようなクレンジングを使う

といってもゴシゴシこするようなクレンジングはNG。
毛穴や角栓が気になる部位も、メイクを落としながらくるくる優しくケアしてあげましょう。
もちろん、すすぎはしっかりと行って!

1-2角栓ケアにおすすめクレンジング:リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

ニョロニョロ角栓をケアするのにとにかくおすすめなのが「リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング」です。



毛穴悩みに特化したこちらのクレンジングは、極小のこんにゃくスクラブを配合しているのがポイント!
柔らかく肌に優しいこんにゃくスクラブが、肌にうるおいを与えながら毛穴の奥の汚れや古い角質を優しく吸着。頑固な角栓だって、するんと落としてくれる効果が期待できます。

ポイントメイクもするっと落ちるメイク落ちのよさや、美容液レベルの美肌成分にも期待大!
「毛穴が消える」「角栓が全く見えなくなった」というような口コミも多い人気のクレンジングですので、ニョロニョロ角栓が気になるならぜひ使用をおすすめします。

2-1ニョロニョロ角栓を取る正しい洗顔方法や取り方のポイント

ニョロニョロ角栓を、正しい洗顔でとっていきましょう。
まずは正しい毛穴ケア洗顔の方法を紹介してみます。

毛穴や角栓をケアするときの正しい洗顔方法
1 まずは手をきれいに洗う
→ 手についた雑菌などを落とし、清潔な状態で洗顔するため
2 蒸しタオルやスチームなどで毛穴を開かせる
→できればでOK。毛穴が完全に開くことでより汚れが落ちやすくなる
3 まず32度~34度くらいのお湯だけで顔を洗う
→これで余分な皮脂がとれ、その後の洗顔料が肌になじみやすくなる
4 洗顔料はネットなどで十分に泡立て、モコモコとした濃密な泡をつくる
→洗顔料は推奨量でOK。しっかり濃密な泡を手のひらいっぱいに作るのがいい
5 泡を顔にのせ、やさしくマッサージするように洗顔する
→肌に指が触れないように、指と肌の間に常に泡があるように意識する
6 小鼻や頬などの毛穴が気になる部分は指先でくるくるマッサージ
→特に毛穴の開きや角栓などが気になる部分は指先でやさしくくるくる洗う
7 ぬるま湯でしっかりすすぐ。20回以上!
→泡が残ってしまってはNG。回数多めですすぎ、指が肌に触れないように注意する

今の洗顔が雑だったりやり方を間違っているだけで、正しい洗顔を心がけることで劇的に角栓や毛穴・肌の調子が変わることもあります。
この洗顔方法だと、毛穴の奥まで洗えて角栓ケアもしやすいですので、基本のやり方として覚えておきましょう。

また、ニョロニョロ角栓が気になるときはこのような洗顔料を選ぶのがおすすめです。

ニョロニョロ角栓が気になるときの洗顔料の選び方
・濃密な泡がつくれる泡立ちのいいもの
・クレイなどの毛穴の奥の汚れを吸着する成分が入っているもの
・汚れ落ちは高いが肌に潤いを残すような美容成分が配合されたもの
・角栓が頑固な場合は酵素やピーリング成分が入っているもの

洗顔でニョロニョロ角栓をとりたいからと、例えば市販の男性用など洗浄力が強すぎるもの逆に乾燥が進み、皮脂の過剰分泌が進んでしまうことも。
普段遣いであれば口コミ評価が高く、毛穴や角栓への効果のあるバランスのとれた洗顔を選ぶのがおすすめです。

また、角栓は皮脂だけでなく角質でできており、この角質を構成するのはタンパク質です。
洗顔・クレンジング・オイルで取れない角栓には、タンパク質を分解する「酵素」や、角質を溶かす「ピーリング」の成分の入った洗顔もおすすめです。

★おすすめのピーリング洗顔を紹介した記事はこちら★

サンソリットスキンピールバートライアルを使って口コミ!毛穴や肌に変化はあった?

★おすすめの酵素系洗顔を紹介した記事はこちら★

コラージュ洗顔パウダーの毛穴への効果を実際に使って口コミ!毎日使える酵素系洗顔

2-2毛穴のニョロニョロ角栓におすすめの洗顔:然 よかせっけん

角栓や毛穴の黒ずみ、開きなどの毛穴悩みのある方に評価が高いのが「然(しかり)よかせっけん」
累計販売数2400万個を突破したこの洗顔は、@コスメのクチコミランキング1位に輝いたこともあるなど、多くの人に愛されています。



然 よかせっけんが角栓や毛穴悩に効く理由は、毛穴汚れへの吸着力の高いシリカ(火山灰成分)を配合しているから。

もこもこ濃密なクッション泡に含まれる超微細シリカが毛穴まで入り込み、角栓や角栓のもとをすみずみまで大掃除してくれるんです。これで洗顔後に角栓がニョロニョロ飛び出すこともなくなるかも!

ただ汚れを落とすだけでなく、コラーゲンやローヤルゼリーなどのハリ肌成分や潤い美容成分をたっぷり配合しているからつっぱらずに潤った洗い上がりなのもポイントが高い!
角栓、毛穴、くすみ、乾燥…すべての肌悩みを然 よかせっけんでケアしましょう。

洗顔後のニョロニョロ角栓を取る基礎化粧品でのスキンケア方法

毛穴が引き締まり、開いていない肌だとそもそも角栓はできづらいですし、目立ちにくいもの…
洗顔後にニョロニョロ角栓が出てくる、目立つ場合はそもそも毛穴が開き気味である可能性が高いです。
落とすケアで余計なものを取ったら、基礎化粧品の与えるケアで毛穴の目立たない肌作りをしていきましょう。

まず、毛穴の周りの肌をふっくらさせる「保湿・ハリUP」のケアを基本に、
皮脂分泌をコントロールする成分や毛穴を引き締める成分の入った基礎化粧品で丁寧に肌を育てていきましょう!
ニョロニョロ毛穴の目立ちにくい健康的な肌をつくるおすすめの基礎化粧品を紹介してみます。

1-1潤いとハリのある素肌を作る:「KOSE 米肌」

毛穴の目立ちにくい、潤いとハリのあふれる肌を作ってくれる基礎化粧品といえば、「KOSE 米肌」



潤い成分を補うというだけでなく、米肌独自の「潤いを(肌の中で)生み出す成分」が入っているというところに他の基礎化粧品との違いがあります。
肌の潤い・バリア成分であるセラミドを作り出す米肌を使い続けることで、肌自体がふっくらと潤いを保持できるようになり、自然と毛穴に角栓も詰まりづらくなる効果が期待できるんです。

もちろん毛穴だけでなく、乾燥やくすみ、小じわなどのお悩みにもアプローチ!
ニョロニョロと飛び出す角栓を顔から追い出したいなら…
つやつやふっくら肌をつくる「米肌」シリーズで、肌力を上げてみませんか?公式サイトには1389円でお試しできるお得なトライアルもありますよ♪

1-2角栓と毛穴の専用美容液:「パンベシュ アンベリール コントロールセラム」

繰り返す毛穴の詰まりや、何をやってもとれないニョロニョロ角栓にお悩みなら…
毛穴悩みに特化した美容液、「パンベシュ アンベリール コントロールセラム」がおすすめ!



この美容液には、植物性の毛穴引き締め成分や角栓ケア成分がたっぷり配合されています。
開いた毛穴を引き締めるエプリコエキスや、そもそも詰まりにくい毛穴を作るための美容成分を厳選!

パンベシュ アンベリール コントロールセラムを毛穴の気になる部分に部分使いするだけでも、洗顔後のニョロニョロ角栓が気にならなくなるかも…?
頑固な毛穴のニョロニョロに、毛穴専用美容液をぜひ試してみて下さいね♪

洗顔後に目立つニョロニョロ角栓は正しい方法で取れる

今回は、お風呂上がりや洗顔後に鼻や鼻の下、あごなどに目立つニョロニョロした物体の正体と、その正しい取り方などをご紹介しました。
ふやけて飛び出している角栓は、はやめの正しいケアで取ることができます。
無理やり引き抜く前に、ぜひここで紹介したニョロニョロ角栓の取り方を試してみて下さいね。