毛穴の黒ずみの原因は産毛?産毛によって毛穴の黒ずみが起こる原因と対処方法

なにをやっても顔の毛穴の黒ずみがなくならない…そんな方の毛穴、
実は角栓詰まりや毛穴開きではなく、顔の産毛によるものなのかも?
今回の記事では産毛によって毛穴が黒ずんでいる方の特徴や、産毛によって毛穴が黒ずむ原因、産毛による毛穴の黒ずみへの対処方法などをご紹介していきます。

毛穴の黒ずみが普通のケアでは解消できない!黒ずみ解消できない原因を探る

メイクでしっかり隠したつもりなのに、ふと気づくの毛穴の黒ずみが目立つ…
そんな毛穴の黒ずみのお悩みを抱えている女性も多いはず。

毛穴の黒ずみを解消したい!と思って調べたとき、挙げられる原因はといえばだいたいこのようなものではないでしょうか。

・過剰な皮脂分泌による毛穴の開き
・お手入れ不足によって毛穴に残った汚れ
・角栓、もしくは酸化した角栓
・メラニン(毛穴の日焼け)

つまり、大体は毛穴が開いて毛穴の汚れや皮脂、角栓が詰まって毛穴が黒ずんで見える…というもの。
この場合の対処方法としてオススメされるのが、洗顔やクレンジングやピーリングなどの落とすケアに力を入れることですよね。
もしかしたら、はがすタイプの毛穴パックで黒ずみを解消しようとしている方もいらっしゃるかもしれません。
あとは、収れん作用や毛穴用の化粧水などを使ってスキンケアをしてみるとか…

しかし、一般的にすすめられている毛穴の黒ずみケアをやってみても、なかなか毛穴の黒ずみを解消できない…という方!
実はその毛穴の黒ずみ、一般的に言われているものとは原因からして違うのかもしれません。

毛穴の黒ずみ=汚れではない!?逆に落としすぎにはご用心

実は、専門家の研究によると、一般的に黒ずみの原因とされる毛穴の中の汚れや皮脂に吸着した汚れは毎日普通に洗顔している女性ではあまり見られないのだそうです。
もちろん体質・肌質にはよりますが、特に乾燥肌の方や皮脂分泌はそこまで多くないという方であれば、なおさらこの汚れによる毛穴黒ずみである可能性は低いのです。
また、毛穴詰まりの原因として知られる「角栓」についても、角栓そのものは白に近い色なので、それだけでは黒ずみの原因にはならないんだそうです。

よく言われている「皮脂の酸化」は完全なる誤解で、酸化して黒ずみが起こることは少ないらしく、
「メラニンで毛穴が黒ずむ」という説については、皮脂に含まれる成分が毛穴に軽い炎症状態を起こすとわかっているものの、それが黒ずみの原因になるかは実証されていないのだとか…

特に皮脂については、肌を守るようなはたらきをしていたり、肌の水分の蒸発を防いだりという機能があるもの。
もともとそんなに皮脂の多くない人が毛穴の黒ずみ対策のために皮脂を落とすケアをやりすぎると、肌トラブルを招いたり毛穴の開きを悪化させることにもなりかねません。
なにごともそうですが、「原因にあったケア」が大切なんですよね。

解消できない毛穴の黒ずみの正体は「産毛」だった

では、この毛穴を黒く見せているのはいったい何なの!?と思われる方。
実は、鼻をはじめとする毛穴の黒ずみの正体としてもっとも有力なのが、「産毛」である可能性が高いんだとか。

そもそも黄色人種の日本人女性の場合、白っぽい肌に黒い毛が生えているので、毛穴が黒く見えがち。
色白の方なら、より目立ちやすくなってしまうでしょう。

毛穴をよく見ると、その黒ずみは毛そのものであるのかも…?
それだったら、一般的な皮脂や汚れへのケアで黒ずみが解消できないのにも納得いきますよね。
じゃあそんな産毛による毛穴の黒ずみはどのようなケアをすればいいのか?という対処方法が気になってきますが、その前にもうひとつ産毛が絡んだ毛穴の黒ずみトラブルについてご紹介します。



産毛が角栓に詰まると黒ずみが悪化して見える!?

産毛自体は細くて目立たないという方でも要注意。
「産毛」が「角栓」に詰まると問題が発生してしまうんです。
実際に私たちの肌で、どんなことが起こるのか紹介してみると…

1 毛穴に角栓が誕生
毛穴の奥から出てきた皮脂と、肌の角層が剥がれ落ちたものが混ざって、角栓ができます
形成された角栓は毛穴の奥から蓄積していきます。

2 うぶ毛のターンオーバー
一定期間でターンオーバーした産毛が抜け落ちます。うぶ毛は毛穴の奥の方から生えてきます。
角栓が詰まっていない状況なら、抜けてもそのまま外に出ていくはずですが…

3 角栓に産毛が詰まってしまう
角栓が毛穴のフタになって行き場を失った産毛が、角栓の中に詰まってしまい、それが透けると黒ずみに見えてしまいます。
毛穴から複数のうぶ毛が同時に生えてくることもありますので、数本のうぶ毛が角栓に詰まってかなり目立つ黒ずみになってしまうことも…

4 角栓が成長して毛穴が開く

皮脂やはがれた角質、新たに生えてきたうぶ毛が詰まったりして、角栓が成長して毛穴が広がってきます。
こうなると、さらに黒ずみが目立ってくるのです。
つまり、産毛のせいで本来白っぽいはずの角栓が黒く見えるようになり、毛穴が黒ずんで見えてしまうのです。
とくに小鼻・眉毛の間・あごは、毛穴に産毛×角栓の黒ずみが発生しやすいので要注意です!

産毛による毛穴の黒ずみへの対処方法を知ろう

産毛によって毛穴が黒ずんでしまう原因や、角栓と産毛が毛穴を黒ずませるメカニズムなどをご紹介しましたが、
気になるのはその産毛による毛穴の黒ずみへの対処方法ですよね。それぞれ、簡単にご紹介していきます。

産毛×角栓による黒ずみへの対処方法

まずは、角栓をできるだけ作らないようにするためのケアが必要です。
ちなみに、角栓を作る皮脂の分泌は、基本的には冬より夏の方が多いと言われていますが、エアコンなど温度管理された部屋で一日の大半を過ごす時代、
季節に関わらず一年を通して角栓のケアをすることが必要になってきます。

毛穴の黒ずみの原因となる角栓のケアで必要なことは、以下です。

1.不要な角質が生み出される原因を排除する
2.毛穴を詰まらせる不要な角質を、肌に傷をつけずに取り除く

まず、角栓のもととなる不要な角質を生み出さないようにすることが大切です。
不要な角質が生み出される主な原因は、乾燥や角質層にダメージが加わること。
以下のことに気をつけることで、不要な角質の発生を予防できるといわれています。

・クレンジングや洗顔、スキンケアの際に肌をこすらない
・剥がす毛穴パックなどで刺激を与えない
・スクラブ洗顔や洗顔ブラシは使用しない
・クレンジングや洗顔は1分以内に終わらせる
・すすぎのときのお湯の温度を熱すぎないように設定する
・洗顔後しっかり保湿ケアを行う
・紫外線対策を正しく行う
・睡眠不足や食生活の乱れなどをただし、ターンオーバーを整える

次に、肌を傷つけずに角栓を取り除く方法ですが、
角栓のもとになっている角質はタンパク質ですので、油性の汚れを落とすために作られているクレンジングなどではうまく落としきれないことも。
ここでゴシゴシ洗ってしまっては、肌を傷める原因となりますのであくまでもやさしくケアするのが大切です。
穏やかに角栓を取り除くには、ピーリング効果のある石鹸や酵素洗顔料がオススメです。


角栓の原因となる角質のケア、角栓をしっかり取り除くケアをすることで、
毛穴が角栓と産毛で詰まって黒ずみに見えるということも少なくなってくるでしょう。

産毛そのものによる毛穴の黒ずみへの対処方法

産毛そのものが黒く見えてしまうのであれば、抜くか剃ればいいのでは?と思われるかもしれませんが、
安易な考えで顔の産毛を正しくないやり方で抜く・剃るなどすると肌や毛穴のトラブルを引き起こすことになってしまうので慎重になりましょう。



産毛が太い・早く伸びることで毛穴の黒ずみが目立つのであれば、抑毛ケアなどもオススメです。
顔の産毛そのものケアについては、他の記事でも詳しくご紹介しますのでぜひチェックしてみて下さいね。

あなたの毛穴の黒ずみは産毛によるものだったのかも。正しい対処を!

今回は、一般的なケアでは改善できない毛穴の黒ずみの原因かもしれない産毛についてや、産毛と角栓による毛穴の黒ずみのリスク、産毛による毛穴の黒ずみへの対処方法などをご紹介しました。
正しいケアで産毛による毛穴の黒ずみも改善できますので、ぜひ試してみて下さいね!