CCクリームで毛穴や色ムラも自然にカバー!毛穴カバー力の高いオススメCCクリーム

毛穴をカバーするファンデや下地をお探しなら、一度「CCクリーム」を使用してみてはいかがでしょうか?
今回の記事では、CCクリームって?という基本的なところから、CCクリームの効果や魅力、毛穴や色ムラのカバー力の高いオススメCCクリームをご紹介していきます。
優秀なCCクリームで、毛穴が、肌が、メイクが…変わるかも!

CCクリームとは?色ムラや毛穴、肌の陰影をコントロールする!

プチプラコスメブランドから高級ブランドまで、さまざまなブランドがこぞって発売しているCCクリーム。
まず、CCクリームって何?というところからチェックしていきましょう。

諸説ありますが、CCクリームは基本的にCorection Cream(コンプリート コレクション クリーム)」の略だといわれています。
要するに「下地」+「コントロールカラー(肌色の補正)」がCCクリームの基本的な役割となります。
これはCCクリームの下地としての効果にも含まれてきますが、スキンケア効果や毛穴ケア効果・UVケア効果など、美容液やクリーム、日焼け止めのような役割を果たすものもある
ので、オールインワンメイクが可能であったり、多機能的な使い方ができるのもポイントです。



また、CCクリームの「色補正効果」では肌の欠点をカモフラージュ(=周囲の肌となじませる)しながら、全体的にトーンアップさせてくれます。
毛穴が気になる方では、肌の赤みや色ムラ、くすみなどのお悩みもあるかもしれませんが、そんなお肌も均一にトーンアップさせてくれるような効果が期待できるんです。

CCクリームもブランドによって様々で、上からファンデーションやフェイスパウダーを重ねるタイプのものや、一本でオールインワンファンデーションとして使ってナチュラルな肌に仕上げられるものも。
これは好みによると思いますので、自分がどのようにCCクリームを使いたいかで選ぶのがオススメです。

CCクリームとBBクリームの違いとは?仕上がりに違いがあります

CCクリームについて知らなければ、「BBクリームではなくて?」と思ってしまう方も多そう。
実際BBクリームもCCクリームも、最近有名になったコスメで似たようにベースメイクに使用するものですので、いまいち何が違うかわからないですよね。

BBクリームの「BB」とは、「Blemish Balm」の略称で、ブレミッシュ(欠点・傷)を補う・カバーするクリームという意味。
もともとBBクリームは、美容施術後の肌の炎症を抑えながら、肌を紫外線から守ったり、傷跡をカバーするために作られたものなんですよね。
1本でスキンケア~ファンデーションまで済んでしまうという多機能的な商品も多く、人気になったんです。



成り立ちからもわかるように、BBクリームは、肌の欠点をしっかり「カバー」するためのもので、ベースメイクコスメにしてはかなりカバー力が高く、いわばリキッド状のコンシーラともいえるアイテムなんですね。
前の項目で挙げたように、CCクリームは欠点を「カモフラージュ」をするものですので、「カバー」「カモフラージュ」という違いがBBクリームとCCクリームにはあります。

もちろん商品にもよりますが、仕上がりとしてBBクリームはカバー力は高いものの、比較的のっぺり感・厚塗り感が出てしまうことも。
また、油分の多いものが多いため、毛穴落ちや肌荒れなどのトラブルがある方も多いようです。
CCクリームは、BBクリームよりカバー力は低くなるものの、自然な美しい素肌を演出してくれるような効果があるそうです。

すべて、商品によるのではっきりとは言えませんが、

・スキンケア効果を重視してヌケ感のあるすっぴん風美肌を目指す→CCクリーム
・カバー力や簡単さを重視して華やかなツヤ肌を目指す→BBクリーム

という選び方をするのがいいかもしれません。

CCクリームの選び方。ほしい機能があるかどうかを重視して!

実際にCCクリームを選んでいくときの注意点や、選び方などをご紹介していきます。

まず注意点として、自分の肌と合った色を選ぶこと!
CCクリームは肌色補正効果がありますので、自分の肌の状態・悩みに合ったものを選びましょう。
赤みのあるお肌が気になる場合は、グリーン系・シミやくすみは、イエロー系でカバー。血色感がほしいならピンク系・透明感を出したい場合は、ブルー系がおすすめです。

また、ファンデーションやフェイスパウダーと併用する場合は、ファンデーションと相性の良い色味を選ぶことによって、よりナチュラルできれいな仕上がりになります。
ファンデーションやお粉でカバーはするから色補正を重視するであったり、お粉は薄めの色なしのものを使いたいからCCクリームだけで土台は完成させたいであったり、組み合わせるコスメのことも考えてCCクリームを選びましょう。



CCクリームは、メーカーによって肌への効果が様々です。

保湿効果やUVカット効果などのスキンケア効果が欲しい、
コントロールカラーとして使用したい、
皮脂くずれを防止できる効果がほしい
エイジングケアや毛穴カバーを重視したい、
美容液の配合成分で選びたい……

などなど、下地やベースに自分が求める効果や用途を決めておいて、色々なCCクリームを比較してみましょう。

また、一本で何役も果たす多機能型が多いところもCCクリームの魅力。
ファンデーション・化粧下地・コントロールカラー・ニキビカバー・毛穴カバー・コンシーラー・色ムラカバー・日焼け止め・美容液・乳液…
全てをCCクリームで済ませるオールインワン時短メイクを目指すなら、そのCCクリームがどんな機能をもっているかも細かくチェックしておくのがオススメです。

オススメCCクリームは?口コミ評価の高いCCクリーム3選

以上のことをふまえて、口コミ評価の高いCCクリームを3つ選んでご紹介していきます。
それぞれのCCクリームの特徴や、機能性についてもチェックしてみて下さいね!

毛穴カバーや色ムラ補正にオススメCCクリーム:LANOA CCクリーム

ナチュラルメイク派に断然人気のCCクリームが、「LANOA(ラノア)ミネラルCCクリーム」です。



なんとこれ1本で、化粧下地はもちろん、乳液・美容液・日焼け止め・色補正・毛穴くすみカバーの6つの機能をもつ優れもの。
しかも、日焼け止め効果はノンケミカル処方(紫外線吸収剤フリー)なのに最高ランクのSPF50,PA++++!

さらに、BBクリームに劣らない毛穴カバー力に皮脂吸着パウダーによって1日中崩れ知らずと、LANOACCクリームには嬉しい機能がぎっしりなんです。
4種のミネラル成分と植物系美容成分の働きで、くすみを防止し透明感とツヤのある肌を演出してくれるので仕上がりは自然な美肌に見えますよ♪

LANOA CCクリームはノンケミカル処方で肌に優しいCCクリームなので敏感肌の方でもOK!満足度も高く、リピーターの多い高機能CCクリームです。

毛穴カバーや色ムラ補正にオススメCCクリーム:「米肌 澄肌CC」

米由来の美肌成分をメインに、美肌を作るスキンケアコスメを発売するブランド、「KOSE米肌」。
米肌シリーズのCCクリーム、「澄肌CC」が特に年齢肌にお悩みの女性に愛されています。
SPF50+/PA++++で紫外線を徹底的にカットし、乾燥・シミ・シワなどからお肌を守り、白肌を徹底的に守り抜きます♪



澄肌CCの特徴としてべたつかないサラッとした使用感があります。
その秘密は、配合された「さらさらエアインパウダー」。

リキッドタイプなのに驚くほどのさらさら感で、暑い日でも崩れや毛穴落ちを防止しパウダーを重ねなくても一日中さらさら素肌でいられます。
使用感のよさでも澄肌CCは支持されているんですね!

「高密封ラッピング処方」で、潤いとハリを密封し、長時間持続。
さらに、「肌色コントロールパウダー」配合で、くすみのない澄んだ肌を演出します。

毛穴悩みのある方にも安心の「毛穴ロックポリマー」「皮脂吸着パウダー」を配合し、毛穴の開きや毛穴崩れを防止し、テカリ知らずの肌に。
1本でさらさら透明美肌が続く高機能CCクリーム、「澄肌CC」がオススメです!

毛穴カバーや色ムラ補正にオススメCCクリーム:「ラウディ BB&CCクリーム」

CC機能とBB機能がひとつになったクリームが、ラウディのCC&CCクリーム。
ダレノガレ明美さんや元モーニング娘の高橋愛さんなどの芸能人にも愛されているベースメイクコスメです。



無酸化発想にこだわって作られたラウディのBB&CCクリームは、
乳液・美容液・クリーム・日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーの7役が1つに。
BBクリームのカバー力を備えながら、CCクリームのナチュラルなツヤ感を演出できる、まさにいいとこ取りのクリームなんですね!

セラミド、コラーゲン配合で、保湿効果やシワ・アンチエイジング対策も。
SPF35/PA+++でデイリー使いの紫外線カットまで実現しています。

つけていることを忘れそうなほど薄づきで、透明感があるのに肌のアラをしっかりカバーできるラウディ BB&CCクリームも、ファンの多いCCクリームです!

CCクリームで色ムラや毛穴をカバー!すっぴん美人風を目指しましょう

今回は、人気のCCクリームについて、基礎知識から選び方をご紹介した上でオススメの口コミ人気の高いCCクリームを3つ選んでみました。
それぞれのCCクリームの特徴や効果をしっかり見極めて、自分の理想の肌をつくるメイクをしちゃいませんか?