鼻の化粧崩れを防ぐ方法|崩れにくいメイク法やオススメ下地、化粧直しの方法まで

朝キレイにメイクしたのに、ふと鏡を見ると特に鼻がドロドロに化粧崩れしている…ということ、ありますよね。
今回は、そんな鼻の化粧崩れの現在から、崩れにくいメイクの方法・オススメの下地やファンデーション・崩れた時の化粧直しの方法までご紹介してみます。
鼻の化粧崩れを克服して、いつでもメイクしたての肌をキープしましょう。

鼻の化粧崩れはなぜ起こる?2大原因をチェック

特に目立ちやすい鼻の化粧崩れはなぜ起こるのか?その原因を知ることが、鼻の化粧崩れを防止するヒントになります。

鼻の化粧崩れが起こる原因は大きくわけて2つ。
まずそこからチェックしていきましょう。

1 皮脂の過剰分泌や化粧品の油分による化粧崩れ

鼻の化粧崩れの大きな原因に、顔の皮脂腺から出る「皮脂」やメイク用品に含まれる「油分」があります。
どちらも「油」ですが、それぞれ過剰になると肌の上で混じり合い、化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。
オイルクレンジングの油分でメイクを溶かし、落とすことを考えれば納得していただけるかもしれません。

皮脂については、鼻を含むTゾーンは顔の中でも皮脂分泌がさかんなパーツですので、他のパーツに比べて化粧崩れが目立ちやすくなります。

また、化粧品にも少なからず油分は含まれます。
スキンケアで使う乳液には一般的に10~30パーセント程度の油分が配合されていることが多いですし、化粧下地やファンデーションなどのメイクコスメにも油分が多く含まれるものがあります。

たとえばファンデーションなら
スティックファンデ > クリームファンデ > リキッドファンデ > パウダーファンデ > ルースパウダー の順に油分が多いとされています。

オイリー肌で皮脂量が多い方が油分の多いコスメを使うことで、より鼻の化粧崩れが起きやすくなっている可能性も高いです。

この場合は、皮脂対策と一緒に使用するコスメやメイク方法を見直すことで鼻の化粧崩れが改善されるかもしれません。

2 乾燥と毛穴の開き

そもそもベースの肌が乾燥して鼻の毛穴が開いているような肌に、下地やファンデーションをどれだけ塗り込んでも、なかなか綺麗に仕上がりません。
いわゆるメイクのりが悪いという状態です。

これだとそもそものりが悪いので、ひび割れたように化粧崩れしたり毛穴が盛り上がったように見える場合も。
溶けてドロドロというよりまだらになったり、粉落ちしてしまっているような乾燥を疑いましょう。

また、乾燥して毛穴が開くタイプの肌だと、時間の経過とともに毛穴からは過剰な皮脂が浮き上がり、結果として1の油分が原因の化粧崩れと同じような状態を引き起こしてしまいます。

このタイプのお肌の場合、乾燥によって毛穴が開き、皮脂が増える…というような悪循環に陥っている可能性もあります。

乾燥による毛穴の開きが鼻の化粧崩れの原因になっている場合は、スキンケアを見直す必要もあります。

鼻の化粧崩れが起こりにくくなる肌をつくるスキンケア方法

鼻の化粧崩れの大きな原因となっている「皮脂の過剰分泌」「乾燥」
メイクそのものよりもベースの肌にこういった原因があるのであれば、鼻の化粧崩れが起こりにくいような土台をスキンケアで作っていくのも大切です。

鼻の化粧崩れの原因となる乾燥・毛穴の開き・皮脂の過剰分泌に対応するためには、
「肌の水分と油分のバランスを整える」ということが何より大切になってきます。

乾燥肌の方はしっかり水分を入れ込み、長時間うるおいをキープできるような保湿ケアを優先しましょう。
夜のケアではクリームも使うなど、水分だけでなく油分も補うのがポイントです。

オイリー肌の方は潤いを与える保湿ケアは大切にしつつも、基礎化粧品の油分を減らしたり、皮脂分泌をコントロールするような成分の入った基礎化粧品を使うのがオススメです。

鼻の化粧崩れを起こりにくくする基本のメイク方法

鼻の化粧崩れが起こりにくくなるようなメイクの方法を、ポイントごとに詳しく紹介していきます。

1 保湿重視のスキンケアを行う
2 鼻の毛穴の引き締めを行う
3 下地は皮脂吸着効果のあるものを使用
4 ファンデーションは肌にあわせて薄付きで

1 保湿重視のスキンケアを行う

まず、乾燥肌は毛穴の開きの原因となり、毛穴浮きが目立つ化粧崩れをしやすいため、保湿重視のスキンケアを行いましょう。

また、どちらかといえばオイリー肌であっても、鼻が化粧崩れしているのであれば、乾燥による毛穴開き→皮脂の過剰分泌が起きている証拠。

肌質にかかわらず、肌のハリを保ち毛穴が開きにくくなるような保湿ケアが必要です。

保湿といってもただ大量に化粧水を叩き込む、というわけではなく、セラミドやコラーゲンなど肌の水分量を上げハリをもたせるような成分の入った基礎化粧品を選ぶのがオススメです。



 

また、オイリー肌で鼻の化粧崩れが気になるのなら、鼻回りなど皮脂が多い部位には、油分の多い乳液を控えることも化粧崩れを防ぐポイント。

化粧崩れを防止するには、自分の皮脂量とメイク用品の油分を考えて、引き算のベース作りも大切です。

メイクの前にはオイルフリーの保湿美容液などを使用するなどするのもオススメです。

2 鼻の毛穴の引き締めを行う

鼻の毛穴が開いた状態だと化粧のりも悪くなりますし、毛穴を引き締めておくことで皮脂の過剰分泌もしにくくなります。

メイクをする前に鼻の毛穴を引き締めておくことが、鼻の化粧崩れを防止するひとつのポイントです。具体的な方法をいくつかご紹介してみます。

1 蓄積された角質や汚れをオフする

毛穴に入り込んだ汚れや余計な角質が肌に残っていると、それで毛穴が広がるだけでなく毛穴の詰まりなどのトラブルにも繋がります。

メイクの前に対策するのなら、角質除去効果のあるような拭き取り化粧水で引き締めることもオススメです。

角質をオフをオフすることで肌が柔らかく化粧水の浸透もよくなり、毛穴が目立ちにくくなります。

2 冷タオルや冷やしスプーンを使う

毛穴開きしている肌は、血流が悪く新陳代謝が低下しているので、冷たいタオルや冷蔵庫に入れていたスプーンで刺激を入れることで血行が良くなり、肌のターンオーバーを促すことができます。

また、メイクの前に行うことで開いた毛穴が引き締まるため鼻の化粧崩れを防ぐ効果が期待できます。

水でしぼったタオルや清潔なスプーンを冷蔵庫に入れておいたものを洗顔前に用意しておくと便利ですよ

3 毛穴の収れん効果のある化粧品を使う

化粧品の種類の中には、開いた毛穴や肌を引き締める「収れん効果」があるものがあります。
メイクの前に毛穴の収れん効果のある美容液などを使用しておくことで、毛穴を閉じて鼻の化粧崩れを防止できる可能性が高いです。

毛穴の収れん効果のあるオススメ美容液

パンベシュ アンベリール コントロールセラム

植物性の毛穴収れん作用のある成分がたっぷりで、塗ったそばからきゅん!と毛穴が引き締まるオススメの美容液。

毛穴の詰まりや開きを防止する効果が期待でき、皮脂を除去する成分も入っているので、鼻の化粧崩れに悩む方にはとてもオススメな美容液です。



3 下地は皮脂吸着効果のあるものを

鼻の化粧崩れを防止する化粧下地を選ぶ際は、オイルフリーかつ皮脂を吸着する成分が配合されているタイプを使いましょう。

皮脂吸着効果のある下地なら、小鼻のテカりや鼻の化粧崩れを防ぎ1日を快適に過ごせるかもしれません。

化粧下地には、他にも美白や日焼け止め成分の入った商品があるので、自分の肌状態や目的、なりたい肌にあわせた化粧下地を選びましょう。

鼻の化粧崩れを防止するオススメの下地

ブランド アプロス 
商品名 シルキーカバーオイルブロック
価格 通常6995円

毛穴や小じわを目立たなくさせる化粧下地。

肌にハリと潤いを与えるキチンキトサンを含んだ下地が肌の凸凹を目立たなくさせ、その後のファンデーションのノリともちを良くします。

また、シルクセリシンパウダーが余分な皮脂を吸着してTゾーンのテカリを防ぎ、つるつる・さらさらのシルクのような手触りに導きます。

毛穴をケアするアーチチョーク葉エキスやヒアルロン酸など美容成分もたっぷり配合しているのでスキンケア効果も。
鼻の化粧崩れにお悩みの方にはオススメの化粧下地です。



4 ファンデーションは肌質にあわせて薄付きで

鼻の化粧崩れが気になる方がファンデーションを塗る際には、とにかく薄く塗るのが化粧崩れさせないコツ。
暑塗りになればなるほど、化粧崩れのリスクは高まります。

ファンデーションの種類で代表的なタイプには、パウダータイプとリキッドタイプがあります。
肌質や化粧崩れのタイプにあったものを選ぶのがオススメです。

鼻の化粧崩れを防ぐ肌質別オススメファンデーション

皮脂分泌の多い方・オイリー肌の方にオススメ:パウダータイプ

皮脂分泌が多い方は、それ自体油分が少なめのパウダータイプのファンデーションが向いています。

しかしこれを厚塗りしてしまうと化粧崩れを起こすばかりか、肌から必要以上に水分や皮脂を取り込んでしまいかねないので、ベースづくりには注意が必要です。

鼻の化粧崩れを防止するオススメのパウダーファンデーション

エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション

SPF30・PA++
毛穴の目立たないなめらかなセミマット肌に仕上がるミネラルファンデーション。
パウダーを保湿コーティングすることで、崩れにくく、乾燥からも肌を守ります。

化粧崩れしにくく、紫外線もブロック。クレンジングを使わず石鹸でメイクオフできます。オイリー肌の方の崩れにくいベースメイクにはオススメです。



乾燥・毛穴の開きのある方にオススメ:リキッドタイプ

肌が乾燥気味で皮脂分泌も少なめな方は、油分が多めのリキッドタイプが向いています。

ただし、ベースで使った化粧品に含まれる油分が多いと、リキッドファンデーションの油分と混じり合い、若干ムラになりやすいのがデメリットです。

リキッドファンデーションを崩れないようにするのなら、パフで叩き込むようにつけていくことでより崩れにくくなりますので試してみてください。

鼻の化粧崩れを防止するオススメのリキッドファンデーション

スターオブザカラー・クリームファンデーション
価格:4000円

少量で驚くほど伸び、うす塗りでも毛穴やシワをしっかりカバーするクリームタイプのベースファンデーション。

35年もの間、ハリウッドのメイクアップアーティストが使い続ける、まさに本物のプロ仕様。
撮影や舞台でも崩れない使用なので化粧崩れが気になるならとてもオススメなファンデーションです。

自分にぴったりの肌色が見つかる全18色。公式サイトにはいろいろなカラーが試せる300円サンプルもあるのでぜひ試してみてください。



鼻が化粧崩れしてしまった時の正しい化粧直しの方法

もし鼻の化粧崩れが気になって、出先で化粧直しをする場合…
慌ててそのままファンデーションやお粉を重ねるとまだらになったりさらに崩れる可能性があります。
ポイントは、一度崩れたメイクをオフしてからお直しすること。

もし鼻の化粧崩れが起こってしまったら、まずは軽くティッシュで余分な皮脂や油分を取り除きます。
小鼻脇の筋が取れにくいときは、美容液を含ませた綿棒を密閉袋に入れて用意しておくと便利です。筋の部分が柔らかくなり、優しく取り除くことができます。

また、開いた毛穴にファンデーションがたまっているときは、油分の入った乳液を活用するのもおすすめ。
乳液を含んだコットンで崩れたファンデーションを拭き取ってから、軽くティッシュで油分を除去してお直しに入ります。

このあとは、リキッドタイプ・パウダータイプどちらも薄く、周囲の肌となじませるようにしてつけていきます。
また、この時部分用下地を使うのもオススメ!

化粧直し用に、スポンジや乳液を含んだコットン・綿棒を持ち歩いておくことで化粧直しがうまくいきますよ。

鼻の化粧崩れを防止していつでも美しい肌をキープしよう

今回は鼻の化粧崩れが起こる原因から、鼻の化粧崩れが起こりにくくなるメイク方法やオススメのコスメをご紹介しました。
スキンケアやメイク方法、コスメを試すことで鼻の化粧崩れが起こりにくくなる可能性も。ぜひ試してみてくださいね♪