UV対策の基礎知識を知る!夏に肌と毛穴を守るためのメイクテクニックや日焼け対策

真夏に近づくにつれ、気になってくるのは「UV対策」について。
肌や毛穴に重大なダメージを与える紫外線から汚肌を守るため、どんな対策をすればいいのか?
今回は絶対に知っていて欲しいUV対策の基礎知識をご紹介します。
紫外線の肌への影響や日焼け止めの選び方、夏にUV対策も美肌も叶えるメイク方法やオススメコスメまで…チェックしてみて下さいね!

紫外線で肌や毛穴に重大なダメージが!?紫外線の種類と影響を知ろう

春~夏に増える紫外線(UV)。UV対策や日焼け対策は大切!ということはすでにご存知かもしれませんが、
実際に紫外線が肌や毛穴、健康にどんな害があるのか?何が理由でどんなトラブルが起こるのか?を簡単に紹介してみます。

まず、私たちが影響を受ける紫外線には大きく2種類があるということを知っておきましょう。
それが、「UVA」と「UVB」。実はこの2つ、それぞれ肌や毛穴に与える影響が違うんです。

UVB…炎症や色素沈着を引き起こす。シミや日焼け・メラニン毛穴の原因に

大気層(オゾンなど)で吸収されますが、一部は地表に到達します。
UVBは太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、すぐに赤くなってしまう日やけによる炎症反応や、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応を引き起こします。
これがシミやそばかすの原因にもなります。
紫外線の中でも波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強く出ます。



UVA…真皮にまで到達し蓄積ダメージを与える。光老化・シワ・たるみ・乾燥の原因に

物質を透過しやすく、雲などの影響を受けにくい紫外線です。
UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。
肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて乾燥を進め、光老化を引き起こす原因になるのです。これにより、シワやたるみ、たるみ毛穴などが加速する可能性も。
また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。
年齢を重ねることでよりUVAによるダメージを実感することが増えるかも!



シミ・日焼け・メラニン毛穴などすぐにわかるものだけでなく、時間が経ってからのシワ・たるみ・老化などなど…UVA、UVBどちらにも対策が必要になってきます。
この夏のお肌を守る!というだけでなく、将来の美肌を守るためにもしっかり今からUV対策をしておきましょう。

外出時のUV対策!日焼け止めの選び方と焼けないためのポイント

特に外出時は直接紫外線を浴びることになるので、日焼け止めなどでのUV対策は必要になってきます。
外出時のUV対策で押さえておいていただきたいポイントと、日焼け止めの選び方・ちゃんと効果を出すための使い方について紹介します。

1 ちょっとの外出でもできればUV対策を。グッズを使うのもオススメ

ゴミを出す、通勤する、近くのコンビニまで行く…そんなちょっとした時間でも、紫外線は浴びてしまいますし肌トラブルの原因にもなります。
面倒かもしれませんが、肌や毛穴を守りたいならそんな短時間の外出でもUV対策をしましょう。
日焼け止めを塗る・UVカット効果のあるパウダーをつかうなどだけでなく、
日傘や帽子・サングラスを使ったり、UVカット効果のあるアームカバーやライトアウターなどを活用するのもオススメです。

2 日焼け止めは自分にあったものを選ぶ。表示の意味を知っておこう!

UV対策に欠かせないのが日焼け止め。テクスチャや使用感にも大きな違いがあるため、
自分の肌質やシーン、欲しい効果にあわせて選んだり使い分けたりするのがオススメです。
まずは、日焼け止めに必ず出ているSPF・PAの値の意味をそれぞれご紹介してみます。

日焼け止めやUVコスメの表示「SPF」の意味

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。
SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。
だいたい日焼けまで20分ほどかかると言われていますので、
20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。
SPF30の場合、20分×30=600分=10時間。10時間までは日焼けが抑制されるというイメージです。

日焼け止めやUVコスメの表示「PA」の意味

PAは、プロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略。
皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すものです。
強い方から++++、+++、++、+の4段階に別れています。
日常的な買い物程度ならPA++程度で大丈夫かもしれませんが、よりエイジングケアに力を入れる方や長時間外にいる場合などはPA値の高いものを選ぶのがオススメです。



3 日焼け止めの選び方。シーンにあわせて使うなら?

そんな日焼け止めの選び方ですが、使う場面に合わせてSPF・PAの数値を選ぶことをおすすめします。
SPF・PAの数値は高いほど紫外線の影響を受けにくくすると言われていますが、その分肌への負担は大きくなってしまうことも。
まずは目安として、シーンにあわせた日焼け止めの表示をご紹介します。



日常生活での日焼け止め…SPF・PA共に低めでもOK

散歩、ゴミ出し、通勤、短時間のお出かけなどのデイリー使いの場合、SPFは10~20代半ばまで、PA+でも十分かも。
ジェルやパウダーなど肌に負担が少ないものを選んでも。

屋外での軽いスポーツやレジャー…SPF・PA共に少し強めのもの

屋外での軽いスポーツや、観光・ショッピングなど。
SPFは20~40代までで、PA++を使用しておけば問題ないといわれています。
汗をかく量や日差しの強さ、紫外線に晒される時間などにあわせてタイプを選んで

屋外でのハードな運動やマリンスポーツ・リゾート地…SPF・PA共に高めのもの

日差しの強い真夏や、海や山に行く・リゾート地で一日外にいるなどの場合。
SPFは40~50代までで、PA+++を使用するようにしましょう。
特に真夏の炎天下に出る場合は、できるだけSPFが高いものがよいといわれています。
また、海やプールなどではウォータープルーフタイプなどを選んで。

日焼け止めもジェルタイプ・クリームタイプ・二層式・パウダーやスティックタイプ・スプレータイプなどさまざまな種類がありますので、自分にあったものを選んでみて下さいね。



日焼け止めは塗り直しが必要!パウダーやスプレータイプも便利です

紫外線から肌をきちんと保護するためには、日焼け止めの塗り直しが必要です。
特に夏は、汗をかいて流れてしまうこともありまし、衣類やバッグなどのこすれで落ちる場合も。
ウォータープルーフのものでも1日1~2回は塗り直し、通常の日焼け止めであれば2,3時間毎に塗り直しましょう。

顔の日焼け止めはメイクを落として塗り直すのが一番いいですが、外出先ではそうもいかないもの。
そんな時は、SPF・PAが表記されているUVカット効果のあるファンデーションやフェイスパウダーを重ねるのがオススメです。
また、最近はスティックタイプやスプレータイプなど塗り直しや重ね塗りに便利なグッズもありますので持ち歩くのがオススメです。

UV対策とメイクの関係。下地・ファンデなどコスメの選び方や使い方

UV対策の基礎知識については知ってきましたが、実際にメイクをする時にはどんなアイテムをどう使えばいいのでしょうか?
これもポイントを押さえながらご紹介してみます。

日焼け止めと化粧下地は重ねるべき?UV下地を活用して

日焼け止めと下地の大きな違いとして、日焼け止めは紫外線から肌を守るという目的で作られているのに対し、化粧下地は肌を美しく見せる・整えるという点に重きを置いています。
なので、本格的にUV対策をしたいなら日焼け止め→下地の重ね塗りが安心!
しかし、こうなるとメイク崩れや肌への負担が気になってくるとも思いますので、UVカット効果も兼ねた下地を使用するのもオススメです。
SPF50・PA++++でしっかり紫外線をカットしながら肌を美しく見せるような下地を使うことで、時短やコストカットにもなります。
UV下地を使用する場合、できればその上から重ねるファンデーションやパウダーにもUVカット効果があるものを選び、塗り直しはしっかり行いましょう。

UVカット効果のあるBB・CCクリームもオススメ。でも塗り直しはマスト

多機能型のコスメとして愛されるBBクリームやCCクリームで、SPF・PA値が高ければ数値分のUVカット効果を期待することはできます。
日焼け止め~下地~ファンデまで兼ねているような商品も多いので、ベースが1本で済むのも魅力的!
しかしタイプによっては落ちやすいので、BBクリーム・CCクリームも塗り直しやフェイスパウダーの重ね塗りがオススメです。



肌荒れしやすい!敏感肌や日焼け止めがあわない肌でもUV対策できる?

人気のウォータープルーフタイプや高SPF&PAの日焼け止めが合わない・肌荒れしてしまうという方も多いかも。
また、敏感肌の方だと特に使う日焼け止めは選びますよね。
そんな時は、最近多くなってきている敏感肌対応の高スペックUVアイテムを使用するのがオススメ!
高数値でも刺激が少ない敏感肌対応のものを選ぶことで、低刺激で肌に負担をかけないUV対策も可能です。
スキンケア効果がプラスされているもの多いので、欲しい効果にあわせて選んでも。



ヤーマンオンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションがオススメ

ヤーマン・オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションはつけたまま眠れるくらい肌に優しいのにSPF50+、PA+++の高数値。



ミネラル100%の薬用美白成分でできているから、つけているだけで紫外線カットしながら美白効果まで期待できます。

軽い仕上がりなのにカバー力も高く、ひとつでベースメイクが完成するので厚塗り感も出ずに崩れないメイクをキープ!
なのに洗顔料だけでメイクオフが可能で、つけたまま眠っても肌ストレスがかからないくらい優しいんです。

ヤーマン・オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションは敏感肌や日焼け止めがあわない方にはもちろん、UVメイクで時短や美肌ケアをしたい方にはオススメです。

UV対策とメイクで夏の日差しから肌や毛穴を守る。今日から始めよう!

今回は、紫外線に関する基礎知識から日焼け止めの選び方・UV対策メイクのポイントなどをご紹介しました。
この夏のお肌も、将来のお肌も守れるのは自分だけ!
自分にあった日焼け止めやUVコスメで、紫外線トラブルのない美肌をキープしましょう。