頬の毛穴を引き締めた20代女子の体験談。スキンケアや使った化粧品も紹介

頬の毛穴が開いてボコボコだった私。
数年がかりですが、悩みの頬の毛穴を引き締めて目立ちにくいツルッとした肌になることができたので、今回はその体験談を語ります。
基本のスキンケア方法や、頬の毛穴を引き締めるため使用した化粧品も、有名どころからマイナーなものまで紹介するので頬の毛穴に悩んでいるならぜひチェックしてみてください!

頬の毛穴がやばかった…ボコボコでファンデでも隠れない!

現在20代後半のアラサー女子です。
20代半ばくらいからだんだん頬の毛穴が目立ちはじめ、気づいたら特に頬の毛穴が目立つ肌になってしまいました。
イメージでいうと上の画像や、この画像に近い感じです…

すっぴんだと、みかんの皮の表面を拡大したときのようにボコボコ・ブツブツした感じで鼻横が特にひどく、頬全体に広がっていくように毛穴が見えてしまっていました。
しかも、頬の毛穴はボコボコするだけでなく、赤みが出て肌の色ムラがあり、たまに黒ずみになることも。

メイクしても光の加減によってはこの画像のような感じで毛穴のデコボコが見えてしまい、もうとにかく毛穴がコンプレックスで…
20代半ばから後半までの数年は、ほぼ頬の毛穴ケアに費やしたといっても過言ではないかも(笑)

そして、スキンケアと頬の毛穴に効く化粧品を見つけてからは頬の毛穴が引き締まり、今ではほとんど見えないくらいになりました。
毛穴のタイプには色々ありますが、もし私と同じような頬の毛穴の状態に悩んでいるなら、力になれるかもしれません。
ぜひ最後まで読んでみてください!



頬の毛穴はなぜ開いてボコボコになるのか?引き締めるため皮膚科へ

頬の毛穴がやばかった当時、それはもちろんいろんなケア方法や毛穴に効くという化粧品をがむしゃらに試しました。
それでも頬の毛穴が引き締まることはなく、なぜかどんどん開きは悪化…
悩みに悩んで、皮膚科に行ってみることにしたんです。

痛みや症状などはとくになく、ただただ頬の毛穴が開いているだけの私。
結果からいうと、皮膚科では「べつに病気ではないし…」と言われるだけで具体的な治療や薬はありませんでした。

専門店なところで頬の毛穴を引き締めたいなら、やはり美容外科かエステに行くしかないようです。
でもそんなお金も時間もないしですし…
しかし、皮膚科で頬の毛穴を見てもらったとき言われたのが、こちら。


顔の皮膚全体が乾燥しているようです。
毛穴は乾燥すると目立ってしまいますし、
赤みも皮膚が乾燥して薄いから出てきている可能性があります。
化粧水や乳液などで、乾燥しないようには気をつけて下さい。
え、テカリ?皮脂も乾燥すると余計に出ちゃいますよ。

これまで、毛穴の悩み=オイリーで汚れを落とす!みたいなイメージでケアしていたけど、私、乾燥肌だったんです。
お恥ずかしながら頬の毛穴が悪化した原因どころか、自分の肌質さえわかっていなかったんです…



頬の毛穴を引き締めるため「保湿」を最も重視するケアに変えた

それまでに私がやっていた頬の毛穴のケアは、
がっつり系オイルクレンジング+毛穴用のクレイ洗顔+さっぱりタイプの化粧水(収れん効果あり)+さっぱり系の乳液…という感じ。
毛穴悩みだからとにかくベタつかないやつ・オイリー肌用、というイメージでした。

しかし、皮膚科で乾燥を指摘されてから調べると、頬の毛穴の開きは乾燥や乾燥によるターンオーバーの乱れによって起こっていることが多いということを知り…
そこから、このような化粧品で頬の毛穴をケアすることにしました。

クレンジング…洗浄力が強すぎず潤いを残すクレンジング
洗顔…クレイ系で汚れは落としながら保湿成分も入っているもの
化粧水…保湿しながらハリ感を出し乾燥肌を改善するような化粧水
美容液…保湿をメインに毛穴の開きがヤバイ時だけ収れん美容液
乳液・クリーム保湿とハリ肌効果の高いもの。夜はクリームを使用
スペシャルケア週に2度のマスクパック。保湿・毛穴ケア効果の高いもの

はっきり言って、スキンケア化粧品をこれを基準に選ぶようになってから
頬の毛穴は半年ほどでどんどん引き締まり、肌がふっくらして赤みが消え、化粧のりもよくなりました。
頬の毛穴を引き締めたい方で、保湿が不十分かもと思うなら、まず保湿メインのケアに切り替えるのがオススメです!



頬の毛穴の引き締めに使用した化粧品8選と使い方のポイント

ここからは、完全に個人的な話にはなりますが、頬の毛穴の引き締め効果が高かったと思う化粧品と使い方のポイントを簡単に紹介していきます。
化粧品は、有名所からドラッグストアで購入できるプチプラ・実力派韓国コスメまでいろいろと紹介していきます。
すべて、私が頬の毛穴の引き締めに実際に使用したものですので参考にしてみて下さい!

クレンジング:リ・ダーマラボ&ファンケル
殿堂入りの高コスパ商品&美容液成分でできたクレンジング

洗顔:どろあわわ
毛穴の黒ずみまでがっつり落としながら潤いを残す洗顔

化粧水:米肌&アスタリフト
保水機能を改善する&ハリを高めるスキンケアライン

美容液:アンベリールコントロールセラム
…毛穴の収れん効果の高い名品コスメ

乳液:ミノン アミノモイストチャージミルク
ドラッグストアで購入できる高品質乳液

フェイスマスク:メディヒール
美容大国韓国で人気No1の保湿&毛穴改善パック

頬の毛穴の引き締めに使ったクレンジング:リ・ダーマラボ&ファンケル

頬の毛穴の引き締めに使ったクレンジングは、2つ。
重視したのは「こすらずメイクが落ちるか」「流した後に乾燥しないか」です。
どっちもそれを満たしていますが、それぞれの特徴を簡単に紹介してみます。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ブランド ファンケル
商品名 マイルドクレンジングオイル
内容量・通常価格 60ml/500円 120ml/1836円

ひとつはベストコスメも連続受賞した有名なクレンジング、「ファンケル マイルドクレンジングオイル」です。
オイルといいますが、洗浄力は強すぎずメイクや毛穴汚れはがっつり落ちるのにマツエクは落ちないし、潤いもあまり逃さないので安定した使い心地です。
どこでも買えて価格が安いので、金欠なときにも頼れました。



リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

ブランド リ・ダーマラボ
商品名 モイストゲルクレンジング
内容量・通常価格 150g×2本 2848円~

雑誌で見かけて気になって買ったら大正解だったクレンジングです。
保湿成分のみでメイクやお肌の汚れを落とし、こんにゃくスクラブで、毛穴の汚れや角栓・古い角質もスッキリ。
セラミド・アミノ酸、エイジングケア成分も贅沢に配合で、なんと成分の99.3%美容液成分!
クレンジング後も頬の毛穴が綺麗なのに開いてなくて感動しました。

冬でも急いでスキンケアしなくてもいいくらいの保湿感のあるクレンジングで、本当に凄いです。
これでメイクを落とすならW洗顔はしない方がいいですね。
後半はこればかり使っていたので、本気で頬の毛穴の引き締めを考えるならこっちがオススメです。



頬の毛穴の引き締めに使った洗顔:どろあわわ

朝の洗顔や、ノーメイクの日の洗顔は「どろあわわ」一択でした。
クレイ系で、しっかり毛穴の汚れや余計な角質はとってくれるのに、流してもしっっとりしています。
保湿成分もたくさん入っているようです。

頬の毛穴をきれいに引き締めるポイントとしては、たっぷり硬めに泡立てて、泡をクッションにして洗うこと!
頬の毛穴は、鼻のほうから耳のほうにくるくると円を描きながら優しく洗います。

どろあわわで洗顔したらくすみも抜け、ニキビもできづらくなります。
どろあわわは汚れは落ちるのに潤いを残す、という点についてはピカイチの洗顔だと思うので、ぜひ試していただきたいです。



頬の毛穴の引き締めに使った化粧水:米肌&アスタリフト

頬の毛穴の引き締めに、基本的にはラインで基礎化粧品を使用していました。
特に化粧水でオススメの2つを紹介してみます。

KOSE米肌 肌潤化粧水

商品名 米肌-MAIHADA- 肌潤化粧水
容量 120ml(1~1.5ヶ月)
通常価格 5000円+税(約111円/1日)
特徴 肌の水分保持能を改善するライスパワーNo11配合の化粧水

まずは乾燥肌をケアし、頬の毛穴というより肌自体を根本からケアしたい、という時選んだのが
「KOSE 米肌」の化粧水でした。

KOSE米肌の最大の特徴は、「ライスパワーNo.11」が入っていること。
ライスパワーNo.11は、セラミドを産生することができ、日本で唯一肌の水分保持能を改善できる成分として認められています。
セラミドを補給するではなく生み出すという効果に惹かれました。

実際使用していくと、たっぷりした保湿感で浸透力も高く使用感はとてもよかったです。
米肌の化粧水を使いだしてから、肌の水分と油分のバランスが整ったのかテカリがなくなってきて、
かわりに頬のしっとり感と、毛穴が小さくなったのがわかるようになりました。

頬の毛穴の開きがマックスでどうしようもない・乾燥肌の肌自体を改善したいという場合、
米肌の化粧品は肌を育てるような効果が期待できてオススメです!



富士フイルム アスタリフト(赤) ジェリーアクアリスタ&モイストローション

アスタリフトは有名な基礎化粧品シリーズなので、よく知られていると思いますが
頬の毛穴を引き締めたいならとにかく赤のシリーズがオススメ!
米肌で乾燥肌が改善されたと感じたあと、さらにハリが欲しくてこちらに乗り換えました。

浸透力の高さと、ハリ感が違います。
肌が内側からふっくらしてくるので、頬の毛穴は引き締まって目立ちにくくなりますし肌が元気になる感覚です。

有名な先行美容液「ジェリーアクアリスタ」は、セラミドが数種類入っていて、
ぷるぷるしたジェルがすーっとなじんでもっちもちの肌になってくれます!

そこにアスタリフトのモイストローションを重ねると、これまたぐんぐん入ってぷりっとした肌に。
使って数週間で明らかに肌のキメが整い、毛穴が小さくなるのを感じています。



20代も後半になってきて、エイジングケアの必要性も感じているので、しばらくはアスタリフトに頼ろうと思います。
頬の毛穴を引き締めたい方で特に乾燥肌・しぼみ肌が気になる方や、年齢肌のケアをしたい方にはアスタリフトをオススメします。

頬の毛穴の引き締めに使った美容液:アンベリールコントロールセラム

美容液は、アスタリフトか米肌のものを基本的に使用していたのですが、
夏の毛穴の開きや、鼻の毛穴の黒ずみなどがどうしても改善しないとき、収れん効果のある美容液を利用しました。

パンベシュ アンベリールコントロールセラム

マイナーな美容液なのですが、毛穴を引き締める収れん効果はとにかく高いです!
すーっとしたつけ心地で、ぱっくりした毛穴も引き締めて黒ずみも起こりにくくなります。
皮脂を抑える成分をはじめ、さまざまな毛穴有効成分も入っているので、オイリー肌の方にもオススメです。

私の場合は、冬や乾燥している時に使うと乾燥を感じてしまったので、
夏場やどうしても鼻の毛穴が汚いときポイント使いするなど、お守りのように使っていました。
収れん効果のある美容液としては刺激も少なく、毛穴全般に効いてくれる優秀な美容液だと思います。しかも安いです。



頬の毛穴の引き締めに使った乳液:ミノン アミノモイストチャージミルク

乳液とクリームは、基本的にアスタリフトか米肌を使用していましたが、一時期金欠だったときにドラッグストアで購入し、いいと感じたのがこちら。

ミノン アミノモイストチャージミルク

ドラッグストアで購入できる低価格帯の乳液としてはかなりパフォーマンスが高いです。
ベストコスメを受賞したりもしているので、その実力は確かだと思います。

ミノン アミノモイストシリーズは、アミノ酸に着目した保湿化粧品ブランドで、
特にこの乳液は肌に優しく保湿効果が高いことで知られているようです。
コクのある濃厚なテクスチャーなのにべたつかず、肌ふっくらし頬の毛穴も目立ちにくくなってくれます。

米肌やアスタリフトのクリームは保湿だけでなくハリ肌成分や水分保持機能改善成分が入っているのでできればそっちを使いたいですが、
ミノンのミルクは比較的手軽で、ハズレることがないのでプチプラで頬の毛穴を引き締める乳液を選びたいならオススメです。

頬の毛穴の引き締めに使ったフェイスマスク:メディヒール

最後に、週に2回のスペシャルケアに使用した特別なフェイスマスクを紹介します。
はっきり言ってこれ、凄いです!

メディヒール N.M.F アクアリング アンプル マスク

メディヒールは、美容大国韓国でトップクラスの人気を誇るフェイスマスク専門ブランド。
とにかく韓国の女子からの人気が高く、最近はお土産でも人気なんだとか。
私も実際お土産でメディヒールのパックをもらって、なんの気なしに使用してその効果に心底驚き、リピートしています。

メディヒールにはさまざまな種類がありますが、一番人気なのがこちらのN.M.F アクアリング アンプル マスク。
乾燥をケアしながら皮脂をコントロールし毛穴を引き締めるマスクシートで、まさに保湿しながら頬の毛穴を引き締めたい方にはピッタリな商品なんです。

たっぷりの美容液でが含まれたシートがピッタリ張り付く独特な使い心地と、外したあとの肌のパーンとしたハリ・引き締まった毛穴には絶対感動するはず。
メディヒールを使ってから他のマスクは使えなくなってしまいました。



日本でも↑のサイトなどでネットで購入できるそうなので…
韓国でNo1の人気を誇る頬の毛穴を引き締めるパックが使いたいならぜひ!
N.M.F アクアリング アンプル マスクを選んで下さい。

私はこれで頬の毛穴を引き締めました。試してみませんか?

私は、ぱっくりボコボコの頬の毛穴を引き締めるため、数年を費やしてここで紹介したケアや化粧品にたどり着きました。
紹介した化粧品は、個人的に間違いない!と思うベストコスメですので、同じく頬の毛穴に悩む方には本気で試して欲しいです。
頬の毛穴を引き締め、なめらかな美肌を目指して一緒にがんばりましょう!