エラにできたブツブツの原因と私がやった治し方。化粧品と生活習慣の改善で消えた

20代後半の女性です。パッと見の顔の肌はキレイな方だと思うのですが、ある日「エラにぶつぶつ(ぷつぷつ)したものがある!」ということに気が付きました。
その後、原因を自分なりに調べて、化粧品やスキンケア、生活習慣の改善でほぼわからないまでになったので、今回はエラのぶつぶつについて体験談をお話させてください。

エラに謎のぶつぶつがある!?どうにかして改善したい

私は乾燥肌よりな普通肌という感じで、普段からスキンケアは頑張っている方だと思います。
実際、ニキビなども少ないですし、毛穴トラブルもほとんどなくて…

しかし、ある時にスキンケアで顔をさわっていて、ちょうど「エラ」の部分にザラザラ?ぶつぶつしたものを感じるようになったんです。
頬とかはつるつるしているのに、なぜか急にそこだけザラザラぶつぶつ…

鏡で見にくかったので写真をとって確認してみると、ちょうど耳の下のフェイスラインに沿ったエラ部分が、ザラザラした質感になり、小さな白っぽいぶつぶつがところどころにあるような状態になっていました。
それも、なぜか両方のエラがそうなんです。

これだと横顔もキレイに見えないだろうし、なによりエラだけぶつぶつしているなんて困るし…
そこで私は、このエラのぶつぶつ・ザラザラの正体や原因を探り、スキンケアや化粧品、生活習慣の改善を試みました。
結果として、今はほとんど目立たないくらいまで治すことができました。

そこで、今回は体験談としてエラのブツブツ・ザラザラの治し方や使った化粧品を紹介します。同じように悩んでいる方の力になれたら嬉しいです!

エラのぶつぶつ・ザラザラの正体は?コメドや毛孔性苔癬?

エラのぶつぶつやザラザラの正体を探るうちに、2つの原因にいきつき、このどちらかではないかと思うようになりました。
それぞれ詳しく紹介してみます。

エラのぶつぶつの正体=コメド?

ぶつぶつの状態から見て一番近いものは、「コメド」なのではないかと思うようになりました。
コメドは、白ニキビとも呼ばれるもので、「小さいぷつぷつとして現れる」「色は白っぽい」という特徴があります。

白二キビ(コメド)ができるそもそもの原因はズバリ、ターンオーバーの乱れにあるそうです。ターンオーバーとはつまり、肌の生まれ変わりの周期のこと。

正常なターンオーバーがおこなわれていると、皮膚の生まれ変わりとともに、皮脂や古い角質などの老廃物は排出され、新しい皮膚ができます。
しかしターンオーバーが乱れると、このような角質や皮脂がうまく排出できなくなり、肌表面に溜まっていってしまいます。

ターンオーバーが乱れ、落とせなかった皮脂と古い角質が毛穴を詰まらせると、コメド(白ニキビ)が産まれてしまうのです。
コメドは本格的なニキビになる前の状態なので、炎症も起こらず、そのままニキビにもならず消えることもあれば、ブツブツのままで残り続けることも。

エラは乾燥しやすいパーツでもありますし、洗顔や保湿などのスキンケアが届いていないことでコメドができてしまっているのかもしれないと思いました。



エラのぶつぶつの正体=毛孔性苔癬?

毛孔性苔癬とは、皮膚の毛穴に、角化した粟粒ほどの大きさの発疹がたくさんできる皮膚疾患のことです。
毛包(毛根を包んでいる組織)に過度に角化した発疹が起こる「毛孔性角化症」の一種で、「さめ肌」と呼ばれることもあります。

毛孔性苔癬は皮膚疾患の1つであることに間違いはありませんが、10代の30~40%ほどに発生する一般的な疾患です。特に、思春期の女性にできやすいことで知られています。

発生する箇所は、主に二の腕なのですが、顎やエラの部分にもこれができることもあるんだとか。
私も中学生のころ、二の腕にぶつぶつがたくさんできて、悩んだことがあったのを思い出しました。
今はほとんど目立ちませんが…

毛孔性苔癬は毛穴の中にある毛包の角化が過度に進むことで起きます。
角化とは、表皮の最も奥にある「基底細胞」が、有棘細胞、さらに顆粒細胞へと形を変えながら、徐々に表面に押し上げられていく一連の流れのこと。
この角化のプロセスを経て、皮膚の奥で生まれた基底細胞は、最終的には皮膚の表面の硬い角質となりまます。

毛孔性苔癬は、見た目にこそ変化が出るのですが痛みなどもなく、基本的にはっきりとした治療方法や薬がありません。
これだったらどうすればいいのか…と悩みました。



エラのぶつぶつを治すためにやったこととその効果

コメドや、毛孔性苔癬がエラのぶつぶつの正体かもと思ったところで…
私エラのぶつぶつを治すためにやったことや使った化粧品と、その効果を紹介してみます。

エラのぶつぶつを治した方法1 生活習慣を変える

エラのブツブツ・ザラザラは、ターンオーバーの乱れによるコメドの発生なのかもしれない。
毛孔性苔癬も、いうなればターンオーバーの異常のようなものです。
皮膚も身体の外側ですし、身体の不調がエラのぶつぶつで現れているのかもと思い、まずは生活習慣を整えることにしました。

それから、毛孔性苔癬であった場合、太ることで目立ちやすくなるんだとか。
自分でも最近太ったと思っていたところだったので、ダイエットがてらこんな生活にしてみました。

・食事の内容や栄養(特にビタミン・タンパク質)を見直す
・運動をしたりお風呂に浸かったりして汗をかく
・早めに眠りたっぷり睡眠時間をとる

食事に関しては、ダイエットも兼ねているのでカロリーは抑えましたが、肌や健康を損なわないように「バランサー」という栄養ドリンクを飲んでいました。



バランサーは、1杯で1日分のビタミン・ミネラル・タンパク質などの栄養が摂取できるというすぐれもので、ただの美容ドリンクや栄養ドリンクより効果があったかも。
数ヶ月これを意識した生活とスキンケアを続けて、エラのぶつぶつはほぼなくなりましたよ。

エラのぶつぶつを治した方法2 洗顔でピーリングを取り入れる

エラのぶつぶつを改善したいのであれば、毛穴を塞ぎ、肌のザラザラの原因にもなる角質をオフして、ターンオーバーを整えるケアが必要になってきます。
余計な角質をきちんと落とすことで、毛穴が詰まりにくくなりざらつきも落ち、そのあとしっかり保湿することで肌の乾燥やバリア機能の乱れを整えてターンオーバーの改善を目指そうと思いました。

でも、正直いってその時使用していたクレンジングや洗顔は気に入っていましたし、エラだけがぶつぶつしている状態だったので、エラをピンポイントでケアすることに。

そこで使用したのが、皮膚科でもおすすめされる「スキンピールバー」というピーリング石鹸です。



スキンピールバーは、AHAという角質を溶かしてオフする成分の入った石鹸で、肌質や効果にあわせて4種類があります。皮膚科のチラシで目にして、コメドも毛孔性苔癬の角質にもいいかもと思いました

私はエラには赤のティーツリーか青を使い、泡パックしてから優しく洗い、流していました。
他のパーツはいままでの洗顔のままで、くすみが気になる時などは全顔でも使いました。
スキンピールバーを使いだしてからまずザラつきがかなり少なくなり、ぶつぶつも減っていきました。化粧水の浸透もよくなります。

あくまでもピーリング石鹸なので、やりすぎは肌の刺激になってしまいそうですが、ぶつぶつしたエラにピンポイントで使う・全顔には1週間に1度くらいにしておくことで、肌トラブルを起こさずプラスの効果だけ引き出せました。

エラのぶつぶつを治した方法3 拭き取り化粧水を取り入れる

エラのぶつぶつ・ザラザラには「角質」が大きく関わっているようです。そこで、
いつもなら普段洗顔後すぐ保湿化粧水をつけるところを洗顔→拭き取り化粧水→保湿化粧水という流れにしてみました。
拭き取り化粧水は、洗顔で落としきれなかった角質や汚れをしっかりオフして毛穴にふたをする角質の除去にも役立ちます。

使用したのは、ニキビケア効果の高さで知られる「薬用アシィドローション」です。
古い角質を除去するAHAだけでなく、アクネ菌を抑制し角栓の発生を予防するサリチル酸もWで配合しているため、毛穴の詰まりや白ニキビも徹底ケアできると思います。
使い方は簡単で、洗顔後に薬用アシィドローションを含ませたコットンで顎や毛穴が気になる部分を優しくふきとるだけ。私はエラを重点的にふいていました。

ニキビのダメージに有効な7つの植物由来成分も配合していて肌に優しい仕様なので、肌荒れなどはなく白ニキビやコメドのぶつぶつは本当に減ってきましたよ。
これを使用してから、生理前のニキビもほとんどできなくなりましたし、エラのザラザラ・ブツブツが改善されたのを感じました。
エラのぶつぶつが気になる方だけでなく、ニキビやくすみにお悩みの方に薬用アシィドローションはおすすめです。もう切らせません!

エラのぶつぶつを治した方法4 しっかりエラまで保湿をする

乾燥も、ターンオーバーの乱れの原因に。
エラなどのフェイスラインは皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい部分であるそうなので、しっかりエラ→首にまで化粧水・美容液・乳液クリームなどを塗るようにして保湿しました。
毛孔性苔癬も、保湿や肌を柔らかく保つことで目立ちにくくなるそうです。



私が使用したのは、それまで使っていたのと同じ「KOSE 米肌」です。
米肌-MAIHADA-はKOSEの人気スキンケアラインで、シリーズを通して「ライスパワーNo.11」を配合していることが特徴。
ライスパワーNo.11は、セラミドを産生することができ、日本で唯一肌の水分保持能を改善できる成分として認められており、使うほどキメが整ってふっくらした肌を作り出します。
エラ意外のお肌はキレイ、いっていたのも米肌のおかげだと思ってます。

拭き取り化粧水をしたあとのお肌に、米肌の化粧水をなじませ、エラ部分は特に入念に。時間があるときは米肌化粧水をコットンに含ませてエラのぶつぶつ部分にコットンパックをしました。
美容液・乳液(クリーム)も、同じくエラ→首にかけてちゃんと塗ることに気をつけています。

角質ケアでエラのザラザラぶつぶつをケアしたところに、しっかり米肌で保湿してあげる。
これを数ヶ月、地道に続けたところ本当にエラのぶつぶつがきれいに治り、つるつるとしてくれましたよ。

エラのぶつぶつにお悩みならぜひ私がやった方法も試してください

私は、エラのぶつぶつの正体をコメドか毛孔性苔癬だとして、生活習慣の改善や洗顔・拭き取り化粧水での角質ケア、保湿を心がけエラのぶつぶつを治すことに成功しました。
エラがぶつぶつ・ザラザラするという方はぜひ試してみてくださいね。