【毛穴体験談】メイクで毛穴レスになる方法。毛穴カバー力の高い下地やファンデも

20代後半になってから急に目立ち出した毛穴…これまでのメイクでは隠せないし、毛穴落ちや化粧崩れなどの問題も出てきました。
基礎化粧品での毛穴ケアをするのはもちろんですが、毛穴が改善するまではメイクでごまかすしかない!
ということで編み出した、自分なりの毛穴カバーメイクの方法を紹介します。
オススメの下地やファンデ、毛穴レスメイクのポイントもありますよ!

20代後半、毛穴が目立って一気に汚肌へ…メイクで毛穴を隠したい

現在30歳、接客関係の仕事をしています。
10代から20代前半まではニキビが多めの、オイリー肌寄りの普通肌という肌質でした。
ところが20代後半になってから、急激に毛穴が目立つように!
いわゆるいちご鼻で、毛穴が開きやすく詰まりや黒ずみを起こすことも多くなり、頬は毛穴の開きやたるみ毛穴が目立ちます。

とにかくすっぴんが毛穴のボコボコで汚い…
しかも、接客業で人と向き合うことも多いので、毛穴が目立つ汚い肌では自分に自信が持てず、辛い思いをしていました。

色々と調べ、クレンジング・洗顔から化粧水、美容液、クリームなどの基礎化粧品で毛穴ケアをはじめ、改善してはきているのですが、急にきれいな肌になるわけもなく。
毛穴の状態が改善するまでは、メイクでできるだけごまかすしかなかったんです。

今回は、毛穴と汚肌に悩んだ私が編み出した毛穴レスメイクの方法や、優秀な毛穴カバー下地&ファンデ毛穴落ちした時の対処方法毛穴レスに見えるメイクのポイントなどを紹介します。
この方法で毛穴カバーメイクをしておくと、本当に肌がきれいに見えますし、崩れにくく毛穴落ちもしないです。
同じように、毛穴をカバーするメイクに悩んだ人の役に立てたら幸いです。

毛穴を隠すメイクのポイント1:メイク前の保湿はしっかり念を入れて

まず、毛穴を隠すメイクのポイントとして、メイク前の保湿をしっかりするというもの。
メイクは肌のアラを隠す何かを塗るだけ、というのは大間違いで、ベースの肌を整えることからはじまります。

肌が乾燥した状態にあると、それだけで毛穴周りの肌がボリュームをなくし、毛穴が開いたように目立ってしまいます。
こうなると、メイクの毛穴落ちなどにも繋がります。
また、乾燥を感じることで肌は皮脂を分泌し、テカリや毛穴詰まり・化粧崩れの原因になってしまうんです。
乾燥は、肌にとっても毛穴にとってもメイクにとってもいいことなしです。

ここは肌質にもよりますが、乾燥しやすい人なら高保湿タイプの基礎化粧品を使用したり、
オイリー肌の方なら皮脂の過剰分泌を抑えるタイプの基礎化粧品をポイント使いしたりと、ベースの肌を基礎化粧品でちゃんと整えましょう。

肌に水分を入れ込み、保持できるような基礎化粧品でケアし、なじんでからメイクをスタートするのがオススメです。
毛穴レスメイクの前に保湿をしているかどうかで、メイクの仕上がりも持ちも変わってきますよ!



毛穴を隠すメイクのポイント2:毛穴の状態によって下地を使い分ける

毛穴をカバーするメイクの真髄は、下地にある!と私は思っています。
下地って、塗った直後は「そんなに隠れてないじゃん、ファンデの方がカバー力はあるじゃん」と思いがちなのですが、毛穴レスメイクにはかなり重要なものなんです。

まず、下地によってメイクの崩れにくさは変わってきます。
特に、テカリや毛穴落ちなどの悩みがある場合皮脂を吸着するような効果がある下地を使っていれば、メイクの崩れにくさが段違い。

また、毛穴カバー的にも、毛穴の凹みを埋めるようにしてフラットな肌に見せてくれたり、光を拡散して毛穴をぼかして見せてくれるような効果のある下地を使うことで、メイクした時毛穴がほとんど見えなくなるようなことも。
色で毛穴をカバーするというだけでなく、ぼかす・埋めるというカバーをすることでより自然に、きれいな仕上がりになります。

私のオススメの毛穴カバー下地は、こちら。

まず、「オルビス スムースマットベース」は、部分用の毛穴下地で、特に毛穴の詰まりや黒ずみが目立つ鼻に使用することが多かったです。

毛穴を埋めるタイプでなく、光を操るパウダーの働きで光を強力に乱反射させ、毛穴をふんわりぼかしてくれます。
テカリや化粧崩れ・乾燥もなく、頼れる部分用毛穴下地です。

次に紹介するのが、こちら。

「アテニア スキンレタッチャー」は、微細な粒子が肌に入り込んで細かい影を飛ばし、毛穴やシワなどを見せずなめらかな肌に見せてくれる下地。

VoCEの下地部門で1位をとっていただけあり、塗っておくことで本当に肌がきれいにみえます。
開き毛穴やメラニン毛穴などもとにかく目立たなくなり、「塗る美肌アプリ」の評判はホンモノかも。

崩れにくく肌・ファンデとも密着してくれますし、使い心地もすごくいい!
たるみ毛穴・開き毛穴の悩みがある方にはとにかくオススメの下地です。

私がメインで使用していたのは、こちらの下地ですが…
下地は自分の肌と毛穴の状態や理想の仕上がりによって選び、場合によっては部分使いするように塗り分けるのがオススメです。

また、より毛穴カバーを重視したいのであれば下地、もしくはファンデのあとに部分的にコンシーラーを使うのもいいかもしれません。
コンシーラーは肌に優しく、なじみやすいものを選びましょう。
特にどうしても透ける毛穴の黒ずみカバーには、コンシーラーは頼れます。



毛穴を隠すメイクのポイント3:ファンデはとにかく崩れないものを!

毛穴カバーメイクでファンデーションを使用する場合、マット・ツヤ肌など仕上がりのイメージによって使用するものは変わってくると思いますが…
とにかく、崩れにくいものを選ぶのがオススメです。
毛穴落ちしたり、皮脂でズルズルになるとせっかくメイクでカバーしても汚いだけです。
また、ファンデによる乾燥にも気をつけて。カバー力は高くても乾燥しやすいものだと、メイクして時間がたつと毛穴の状態が悪くなります。
仕上がり別に、オススメの毛穴カバーファンデーションを2つ紹介してみます。

私が気に入って使い続けているのが、「スター★オブザカラー」というブランドのクリームファンデーション。



ハリウッドの映画の現場で採用されたりと、プロ仕様のとにかくカバー力が高く崩れないファンデーションです。アットコスメでの評価も、かなり高いですよ!

クリームファンデーションというと厚塗りになるイメージがあるかもしれませんが、スターオブザカラーのファンデーションは少量で薄付きなのに本当に毛穴隠れる!肌のアラも隠れる!
自然なツヤ感のある、まさに「キレイな肌」を作ってくれます。毛穴落ちや乾燥もせず、長時間崩れないのに肌も荒れない本当に優秀なファンデーションです。
公式サイトから300円でたっぷりお試しできるセットもありますので、気になるならぜひ使用してみて下さい。

ツヤ肌仕上げというより、どちらかというとふんわりした仕上がりのファンデーションでもオススメなものがあります。

CMでも話題で、ドラッグストアでも購入できる「マキアージュドラマティックパウダリー」です。
パウダーファンデーションは乾燥しやすいというイメージを払拭するムース生まれのパウダーは、つけた瞬間ふんわり軽く広がり、とけこむように肌にフィット。
毛穴・シミ・色ムラもカバーして、「きれいな肌」を演出してくれます。

美容液成分高配合で、つけていることでスキンケア効果も得られますし、崩れにくく化粧もちもかなりいいです。
毛穴落ちもしづらく、ふんわりした仕上がりが欲しい時にはいつもお世話になっている毛穴カバーファンデーションです。

毛穴を隠すメイクのポイント4:毛穴落ちしたときの化粧直しにもコツが

出かける前にしっかりベースメイクをしても、どうしても毛穴落ちしてしまうこともありますよね。毛穴落ちした時の、化粧直しのポイントを紹介します。
毛穴に落ちたファンデーションを取り除くのは至難の技なのですが、時間をかけてもいられないし出先で洗顔するわけにもいかない…
そんな時、「乳液」を使いましょう。
乳液の油分が、毛穴に落ちたファンデーションをある程度オフしてくれるのと同時に、保湿もしてくれるので、化粧直し後がすごくキレイに仕上がります。

毛穴落ちした時の化粧直しに使うもの

・テッシュかあぶらとり紙
・清潔なスポンジ
・コットン1枚
・乳液(パウチやミニボトルで持っておくと便利)
・化粧下地やファンデーション

毛穴落ちしたときの化粧直しのやり方

1ティッシュやあぶらとり紙紙で余分な皮脂をオフする
2清潔なスポンジで、毛穴落ちしたファンデーションをやさしく拭き取る
3コットンに少しの乳液を出して、毛穴落ちした部分になじませてからさっと優しくふきとる
4乳液の油分が残っているなら軽くティッシュオフ
5化粧下地・ファンデーションでメイクを重ねる

小分けにした乳液と、使い捨てのコットン・スポンジを持ち歩いているだけでかなり心強いです。
毛穴落ちした場合は、やみくもに重ねるよりこうやって一度オフしてメイク直しをすることで仕上がりがきれいになりますのでぜひ参考にして欲しいです!

私の毛穴カバーメイクが参考になれば幸いです!

今回は、私がやった毛穴レスに見えるカバーメイクの方法やオススメのコスメ、毛穴落ちへの対処法などをご紹介しました。
長く毛穴に悩んだからこそ編み出せた毛穴カバーメイク、誰かの役にたてばと思います。
紹介したコスメは、実際に私が使用して本当に毛穴レスに見えるものばかりなのでぜひ使ってみて下さいね!