毛穴のたるみを自宅ケア。40代に効果のあった化粧水や美容液を紹介します

40代後半、毛穴の開きだけでなく毛穴のたるみが気になるようになってきました。
たるみ毛穴になるとより老けた印象になりますし、一度悪化するとなかなか戻りにくいというのもたるみ毛穴の特徴なんだとか。
私は化粧水や美容液を用いた早めの自宅ケアでたるみ毛穴を改善することができたので体験談を語ります。

たるみ毛穴は鼻の横から発生する!こまめにチェックして

私が自分のたるみ毛穴に気づいたのは40代前半の時でした。
今考えると、2,30代は毛穴の開きや黒ずみは気にしていても「たるみ毛穴」は気にしていなかったと思います。
鼻の毛穴また黒ずんでるな、嫌だなーと鏡を確認していたところ、鼻の横から頬にかけての毛穴が細い短い線状になっていることに気づいてしまいました。

そう、ちょうどこの画像のように…
毛穴が、「・」じゃなくて「\」みたいな感じというか、とにかくより肌が老けて見えてイヤでしたね。
最初はこの毛穴がどんな状態なのかわからず、「毛穴 斜め」「毛穴 線」など色々調べて「たるみ毛穴」にたどりつきました 笑

たるみ毛穴はやはり鼻の横のあたりに発生することが多いらしいので、こまめにチェックしておくのをおすすめします。



たるみ毛穴の原因や自宅ケアの方法について調べてみた

できれば自宅でのスキンケアでたるみ毛穴をどうにかしたい!と思ったので、まずはたるみ毛穴の原因や改善方法を共有してみます。

たるみ毛穴の原因:加齢による影響

たるみ毛穴は30代後半くらいからより目立ちはじめます。これは「加齢」とたるみ毛穴に深いかかわりがあるから。

肌の奥に存在し、ハリを出し潤いを保持する「コラーゲン」や「エラスチン」などの物質は加齢とともに自然と減少・変性してしまいます。
それに加え、日々の生活の中で受けるさまざまな影響によって蓄積された肌のダメージが、肌のハリを失わせ、たるみを引き起こします。

肌自体が弾力を失い、たるむことで肌表面にある毛穴も引っ張られるようになり、細長く伸びてたるみ毛穴として目立ってくるんだとか。

年齢だから…とは言いたくないですが、やはり肌の加齢がたるみ毛穴が起こる最大の原因と考えていいでしょう。
スキンケアではエイジングケアを意識することで肌の老化やたるみを食い止め、たるみ毛穴改善に繋げられます。

たるみ毛穴の原因:毛穴の開きを放置したから

たるみ毛穴と毛穴の開き・黒ずみなどのトラブルは全くの別物なのかというとそうではないようです。まず、皮脂の過剰分泌などにより毛穴が開きやすい・目立ちやすい肌質だと、たるみ毛穴もより目立ちやすくなります。
私の場合は30代からテカリや開き毛穴が起こりやすく一時はみかんの皮のようになっていました。

さらに、開き毛穴を放置しているとそのままたるみ毛穴に変化するので、ぽっかり開き毛穴と線のようなたるみ毛穴が混在した肌になることも多いんです。
開いた毛穴をケアしておくことでたるみ毛穴になるので気をつけていくのがいいかも。



たるみ毛穴の原因:乾燥はたるみを悪化させる

そもそも、毛穴のまわりの肌のキメが細かく、十分なうるおいをもってハリがあれば毛穴は自然とカバーされて目立ちません。
肌の表面が乾燥すると、肌のキメが粗くなり毛穴自体が目立ってくるようになりますし、たるみを加速させてしまいます。加齢が進むと乾燥もしやすくなりますので、余計ですね。

また、20代など比較的若くてもたるみ毛穴が目立つ場合、この乾燥が原因になっている可能性が高いようです。
乾燥はたるみ毛穴だけでなく、刺激や赤み・毛穴・シミ・シワ・ニキビなど様々な肌トラブルの原因になりますので、保湿ケアをして充分に気をつけなければなりません。

40代のたるみ毛穴を改善する有効成分や化粧品の選び方

実際に、40代のたるみ毛穴に特に効果のありそうな化粧品の成分を3つ厳選しました。
その効果や取り入れかたを紹介してみます。

40代のたるみ毛穴改善におすすめ成分:セラミド

セラミドは肌にもともと存在する天然保湿因子のひとつで、最高レベルの保湿成分であるというだけでなく、肌内の水分を保持するような役割をもち、肌のバリア機能を高め乾燥肌や敏感肌を改善します。
加齢によって減る成分ですし、保湿をしっかりしたい・乾燥や敏感の悩みもあるという場合はとりあえずセラミドを取り入れるのがおすすめです。

40代のたるみ毛穴改善におすすめ成分:ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定化して肌に浸透させやすくしたものです。ビタミンC誘導体は穏やかな皮脂の分泌コントロール作用があり、毛穴を引き締める効果があることがわかっています。開き毛穴やテカリ・皮脂・毛穴黒ずみに悩んでいるならマスト。

他にもビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成をして肌のハリを出すような効果が期待できるのでたるみの予防もできますし、毛穴や美白など肌にマルチに働きかける美容成分成分ですのでたるみ毛穴の改善にはもってこいです。
肌の奥深くまで浸透することでより効果を発揮してくれるので、ビタミンC誘導体はスキ
ンケアの最初に使う化粧水に配合されているのが理想的です。



40代のたるみ毛穴改善におすすめ成分:エイジングケア成分

ざっくりとした紹介になってしまいましたが、たるみ毛穴の最大の原因である加齢に抗うためのエイジングケア・抗酸化作用のある成分を取り入れていくのがいいでしょう。
代表的な抗酸化作用の高い美容成分には「アスタキサンチン」「プラセンタ」「フラーレン」などがあります。肌の老化を早める活性酸素を除去し、ピンとした若々しい肌を保つ効果が期待できます。

また、失われたコラーゲン・プラセンタなどの栄養を補ったり、再生医療分野でも注目されている幹細胞コスメを取り入れるのもおすすめ。
まだたるみ毛穴のケアやエイジングケアを本気でしていないなら、ぜひこの機会にはじめてみて下さい。

40代の私が試してたるみ毛穴を改善した化粧水・美容液

ここからは、私が実際に使用してたるみ毛穴への効果を感じた化粧水2つと美容液をそれぞれ紹介してみます。

ドクターケイ・ケイカクテルVローション

容量 150ml(約1.5ヶ月分)
通常価格 7000円+税(約152円/1日))
特徴 MAQUIAベストコスメ毛穴部門賞受賞のドクターズコスメ


ドクターケイはビタミンC療法の第一人者青山ヒフ科クリニックの亀山医師と共同開発したスキンケアシリーズ。中でも一番人気のケイカクテルVローションは12種類ものビタミン(カクテルビタミン)をぎゅぎゅっと配合しています。
美容雑誌の毛穴ケア部門では何度もランクイン、殿堂入りしているので知名度も高いはず。

100倍浸透型ビタミンC誘導体「APPS」をはじめとした数種類のビタミンC誘導体と、ビタミンA・E・H・P・B群を採用!
まるで肌のマルチビタミン、サプリメントのような化粧水です。

私は、夏場のテカリや毛穴の開きがひどいときに使ってかなりの効果を感じることができました。また、シミも薄くなるという嬉しい効果も。

皮脂のコントロール・コラーゲンの生成・毛穴の引き締め・美白など様々な効果が期待できるビタミン類をたっぷり配合しているだけあり、毛穴への効果は確かなもので2011年にはMAQUIAベストコスメ毛穴部門賞を受賞しています。
たるみ毛穴はもちろん、毛穴全般に効果があると感じているので開いた毛穴や毛穴の黒ずみ、詰まり毛穴にお悩みの方にもおすすめです。

KOSE 米肌-MAIHADA- 肌潤化粧水

容量 120ml(1~1.5ヶ月)
通常価格 5000円+税(約111円/1日)
特徴 肌の水分保持能を改善するライスパワーNo11配合の化粧水


米肌-MAIHADA-はKOSEの人気スキンケアラインで、特に乾燥・たるみ・エイジングケアに効果あることで知られています。
シリーズを通して国産100%のお米から抽出したエキスを、90日間もかけて発酵させてできる「ライスパワーNo.11」を配合していることが特徴です。

ライスパワーNo.11は、セラミドを産生することができ、日本で唯一肌の水分保持能を改善できる成分として認められており、使うほどキメが整ってふっくらした肌を作り出します。セラミドを与えるのでなく作り出すってすごいですよね。

米肌-MAIHADA- 肌潤化粧水は、ライスパワーNo.11をはじめとする潤いを取り込む贅沢な保湿成分をたっぷり配合。角質をゆるめすみずみまですばやく潤す「モイストリレー効果」を採用し、より美容成分が浸透しやすい処方の化粧水です。ぐんぐん入っていって冬場や乾燥のひどい季節でもふっくらしっとりした毛穴の目立たない肌をつくってくれます。

たるみ毛穴や小じわなどの肌トラブルはもちろん、年齢肌や乾燥肌、くすみなどのお悩みにも高い効果を発揮してくれるので、継続して使用しています。

40代のたるみ毛穴、自宅ケアが未来の肌を変えるかも

自分のたるみ毛穴に気がついたとき、化粧品を厳選してすぐ自宅でのケアを徹底したおかげか、今はたるみ毛穴も目立ちませんし年齢のわりに肌もキレイだと自負しています。
紹介した化粧品はどれも本当に効果を感じたものなのでたるみ毛穴に悩んだらぜひ使用してみて下さいね!